« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

妊娠後期の出血を乗り越えて無事出産の報告をいただきました。

831 台風の過ぎた朝

 こちらでは台風10号の雨も風も強くならず、夕方には晴れ間がのぞいていました。

 四葉のクローバーについた朝露を照らす台風一過の強い陽射しで、8月最後の今日は暑くなりそうです。

 昨日の夕方、8月の初めに指圧をした御客様から無事に女の子を出産したとの電話をいただきました。

 妊娠後期に出血し、一ケ月ほどの安静の後に指圧をしてから一週間後の出産で、助産院で15分で産まれたそうです。

 希望通り助産院で出産できたのは、出血が治まって、検査でも異常がなかったからで、指圧後にお渡ししたクラリセージの香りを嗅ぐ暇もなかったほどの陣痛が起きてからのスピード安産だったそうです。

 結婚前から指圧をしていますが、今回の妊娠で体質が虚証から実証に大きく変わったようです。

 指圧を通して人生の節々にかかわることができて、嬉いお知らせがを聞くこともでき、ありがたいことです。

 母乳の出が良いそうで、妊娠中のおなかに触れた時におとなしくいい子にしていたお子さんは順調に育っているということでした。

 会える日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

60代男性、肩こり、腰痛。

8306 今朝6時半の空

 今朝は雨も風も激しいというほどではなく、台風が予想よりも海寄りのコースを進んでいるので昼頃には天気が回復しそうです。

 昨日は肩こりと腰痛がある60代男性に2回目の指圧をしました。

 首が左に少し側屈し、脊柱は全体的に左側弯し、腰椎は大きく後弯しています。

 左肩上部、左腰部、左中殿筋の浪越圧点(上前腸骨棘から尾骨に向かって5cm)のこりをゆるめ、伏臥位左股関節伸展+回旋の腸腰筋のストレッチでは左腰椎下部でポキッという音がしました。

 左第3趾の指圧+牽引でもポキッと音がしました。

 左に詰まりやすい体です。

 仰臥位の指圧ではよく眠り、座位の仕上げの指圧では脊柱左側屈と腰椎の後弯は改善されていました。

 年齢と姿勢から脊柱管狭窄症と坐骨神経痛があってもおかしくない状態です。

 台風の前にということで、仕事を早目に終えて指圧に来てくださいました。

 前回の初めての指圧後に「今後体のメンテナンスをしていただきたい」と言われてから2週間後の指圧でした。

 最近どなたかの紹介ではなく、自分で探してここにたどりついたという方が増えています。

 ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

Uターンした台風10号が近づく朝、秋の虫の声が聴こえて蝉の声がしない。

829 今朝の空

 今朝は雨が降ったりやんだりで、台風から遠い北東の空でわずかに朝の光を見ることができました。

 秋の虫の声に消されて、蝉の声は遠くでかすかに聴こえるだけです。

 土曜日には台風前に調子が悪くなるという方に3回目の指圧をしましたが、以前と比べると嘘のように体は楽だということでした。

 指圧でどこかの詰まりがスポッと取れたのでしょう。

 今夜から明日にかけて大荒れの予報です。

 ラジオ体操、背伸び、スクワット、手をブラブラするなど、血行促進をはかっておきましょう。

 どうか無理をなさらず、怪我や事故などないように、不用の外出は控えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

転倒後リハビリ中の男性43回目の指圧。

828 ローズマリーに蜘蛛の巣

 大きな台風が近づいていることがわかるのか、蜘蛛が軒下のローズマリーに巣を作っていました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で43回目の指圧でした。

 一週間ぶりなので打撲した側の左膝の曲がりと脊柱の左側弯がやや大きくなっていました。

 麻痺側の右大腿前側と外側の筋肉は硬くなっていましたが、右ふくらはぎ内側の硬さはほとんどありませんでした。

 腹部の指圧で下肢に伸展の緊張は起こらず、麻痺側右前腕外側の指伸筋の指圧で中指がしっかりと伸展するので橈骨神経は指先まで伝達されています。

 右小指は付け根から曲がり、肘から小指まで尺骨神経に沿った触圧覚はまだ指圧をしても感覚が鈍い状態です。

 右の第3趾の爪の先端内側が欠けて出血した後が残っていて、右足の甲はカサカサしていました。

 ラベンダー+スイートアーモンドオイルで右の前腕から手と下腿から足に速いテンポのオイルマッサージをし、神経を刺激して施術を終えました。

 指圧後に脊柱の左側弯はほぼ改善し、左膝も伸びて下肢長の左右差がほとんどなくなりました。

 腰からおなかと下肢へ行く腰神経の神経症状が緩和されてきています。

 少しずつですが手足が使いやすくなっていくだろうという変化があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

70代女性、乳癌で抗癌剤治療中、肩こり、食欲不振、不眠。

827 天気が荒れそうな朝

 早朝に短いにわか雨があって、今日は大雨の予報もあります。台風10号の影響でしばらく荒れた天気が続きそうです。

 70代女性、左の乳癌で抗癌剤治療中、抗癌剤治療の後期になって抗癌剤が変わってから調子が悪く、一週間ほど食事をあまり食べられず、不眠と肩こり、目の疲れもあって指圧にいらっしゃいました。

 帽子をとると、髪が抜けていて頭にはまばらに髪の毛が残っています。

 椅子に座ると、猫背で内臓が下がっています。心窩部の胃は臍のほうに垂れ下がって下腹部に腸が集まっています。

 脈は1分間に78、座位の触診では後頸部だけが冷えていました。

 電話をしてから自分で久しぶりに車を運転して急いで来て、場所を探しながらですから緊張の冷や汗で露出した後頸部が冷えていたのかもしれません。

 左の肩は上がりにくく、屈曲120°くらいで抵抗があります。

 左側頸部から肩上部のこりはそれほど硬いものではなく、抗癌剤の副作用の胃腸症状とその反応点としての左肩のこりという診方ができます。

 伏臥位から指圧を始め、猫背で硬くなった首、肩、背中をゆるめていきます。

 定年退職して家にいる旦那との会話が乏しく、自宅での抗癌剤治療なので辛い副作用もあって、気がまぎれることがないようです。

 趣味の読書も目が疲れてできないとのこと、夜考え事をして眠れない、胃腸もさらに荒れるという自律神経の乱れる生活パターンにはまっています。

 以前にはマッサージを受けたこともあったが、こういうやさしいタッチの指圧は初めてとのこと、顔の指圧で眼球掌圧をした時は「温かい…」という言葉が出て、その後ウトウトとし始めました。

 おなかの指圧で胃腸の位置を上げ、仕上げのストレッチ後、座位で胸鎖乳突筋の指圧をするとグーッとおなかが鳴って「何か食べられそうな気がする」とのことでした。

 指圧中、ずーっとお話をしていました。

 不安、不満、痛み、吐き気、いろいろなことがあったはずですが、指圧中気持ちが悪くなった様子は全くなく、ウトウトした以外はずっとしゃべり続けました。

 癌が小さいので、いきなりの抗癌剤治療となったようです。

 末期の癌患者さんと比べてむくみや筋肉の弱さがありませんでした。

 傾聴、適切な言葉かけ、もちろん理論的な触圧刺激、抗癌剤治療の副作用に苦しむ方にタッチセラピストができることはいろいろあります。

 お守りになるような、頑張らせ過ぎない励ましと、人間の命を尊重する敬意が、苦しみから解放する薬になることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

左肩、左大腿後側にいつもと違うこり。

826 秋の雲と夏の陽射し

 明け方は涼しく見上げた空は秋を感じましたが、朝のウオーキング中は背中を焦がす夏の陽射しで冷や汗のような嫌な汗をかきました。

 昨日指圧した40代女性、主訴は左の首から肩にかけてのこりです。

 座位の触診で首の付け根を圧すと、左指先まで走る神経症状があります。

 頭痛持ちでいつもは右の肩がこる方ですが、この日は頭痛を感じていませんでした。

 10日ほど前のお盆の期間に頭痛があったということで、いつもは2週間に一回の指圧のペースですが今回は3週間ほど間が空いています。

 左後頸部、側頸部から肩上部のこりは癒着した感じなので表層から薄紙をはがすように皮膚、筋膜、僧帽筋、肩甲挙筋、斜角筋群というように徐々にゆるめていきます。

 このケースは母指で軽く圧してから「指紋部で吸い上げるように離す」ことをイメージして指圧を繰り返し、少しずつ圧を深く入れていきます。

 背部のこり、腰のこり、左大腿後側下3分の1の殷門と委中の間くらいにこりがあり、ここはいつもはないこりです。

 後で左足先に痛みが走ることがあったということをうかがったので、本人の自覚していない坐骨神経痛、腰痛と言ってもいいと思います。

 伏臥位から仰臥位になる時と指圧終わりでトイレに行ったのでむくみもあり、痛み物質を溜めていたようです。

 お盆、オリンピック観戦、台風、暑さのぶり返しなど、自律神経の乱れている方はいつもよりも強いこりや痛みを抱えています。

 こりとぶつかる指力の施術では逆効果です。こりには丁寧な気持ちの良い刺激をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

高齢者には会話をして声を出させ、運動をさせる指圧。

825 ムラサキシキブ

 庭のムラサキシキブが色づいてきました。そろそろブルーベリーが終わり、庭の夏は終わっていきます。

 昨日指圧をした80代女性、前日は坐骨神経痛で歩けなかったのでタクシーで病院へ行ったとのことです。

 しかし、この日は歩けます。

 声がかすれて元気がなかったのですが、指圧をし、会話をしていくと老夫婦では会話の少ない生活で元気のなかった声にも張りが生まれていきます。

 忘れている時に痛みは治っていきます。

 痛みに注目していると痛みは増幅します。

 気が病んで病気、病気の人は痛みを探します。

 全身指圧をしながら会話をしていくと、風邪を引いたのかと思ったほどの声が元気になって、坐骨神経痛の痛みが和らいでいました。

 笑って口角が上がっただけでも見た目だけでなく気持ちも若返るのです。

 もちろん坐骨神経に沿った神経の圧迫を取り除く施術ができることが必要ですが、それ以外にも運動不足になっている上肢下肢の関節を曲げ伸ばしすればそれが運動になります。

 溜息を吐かせ切れば、不安や不満も減っているものです。

 御客様を気持ち良くさせるエンターテイメントをどれだけ提供できるか、それは鏡を見て最高の笑顔を作る練習や、穏やかな言葉を使えるということでもいいのです。

 指圧後に御家族から「見違えるほど元気になった」と言われた時、施術以外の「面白い人であるということ」が薬になっていくことを強く感じます。

 豊かな人間になるために常日頃努力をして、体を万全に整えて施術に備えてください。体から薬が出るようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

オリンピックのテレビ観戦で自律神経の乱れ。

823 家守

 台風が去って窓の簾にヤモリがしっぽを巻きつけてじっとしていました。

 周りの街の台風被害からすると雨もさほどではなく、きっと家を守ってくれたのでしょう。

 昨日の朝の涼しさが昼からは蒸し暑さに変わっていました。

 西に向かった台風10号がまた北上してくるという予報もあります。

 天気の急な変化とお盆の疲れで夏バテになる頃でもあり、地球の反対側で開催されたオリンピックの深夜や早朝のテレビ観戦で自律神経が乱れて、主訴の症状が悪化している方もいらっしゃいました。

 同じ姿勢でいつもより長時間テレビを見ていれば、使わな過ぎの血行不良と同じ姿勢のこりが生まれ、どこかに痛みがある方は主訴の症状が悪化しています。

 こりが上半身にあれば蒸し暑さでのぼせて熱がこもり、下半身に痛みがあっても血行不良で痛みが強くなります。

 慢性症状は運動で治し、急性症状は安静で治すのが基本です。

 適量刺激とは物足りないくらい、夏バテの体のメンテナンスには物足りないくらいの刺激で血行促進する全身指圧が適しています。

 夏で熱のこもった体を強く揉みほぐすのはやり過ぎですから、丁寧な施術のできるセラピストの施術を受けてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

台風の後、秋の気配。

823 今朝 南の空

 台風が去った日の出の頃、ヒグラシの合唱が勢いよく鳴り響いて、8時前の今は秋の虫も鳴いている涼しい朝です。

 こちらではニュースで報道された入間市ほどの記録的な大雨ではなかったようです。

 今朝の南の空は雲が多く、午後から天気が荒れる予報です。

 各地で被害が出た大雨のわりには利根川上流のダムの付近での降水量は少なかったようです。

 雨や気温の変化のストレスで体調を崩さないように、これから朝晩は秋の服が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

台風の近づく朝。

822 今朝6時

 昨夜は蒸し暑かったものの今朝はまだ大雨というほどでもなく、台風の荒れた天気にはなっていません。

 これから午後にかけて風雨が強くなる予報です。

 できれば外出を控えて、指圧にいらっしゃる方は雨風に注意して、予約をした方でもキャンセルしていただいてけっこうですので、無理をなさらず台風が過ぎてから起こしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

転倒後リハビリ中の男性42回目の指圧、12日ぶり。

821 台風に挟まれた朝

 台風が一つ北上していき、次の台風が近づいて夜には大雨の予報ですが、今朝はフェーン現象のような強い陽射しで、西の空には十八夜の月が見えていました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で42回目の指圧、お盆休みで帰省していた娘さん一家がちょうど帰ったタイミングでうかがいました。

 前回の指圧から12日たって、麻痺側の右大腿前側は筋肉が硬くなっています。右膝の近くが硬くなっていたのはいつもにないことです。

 脊柱も左側弯が少し戻っていました。

 御本人からは「スクワットをしたから」とうかがいましたが、後で奥様からベッドから落ちたことを知らされました。

 麻痺側の右下肢の動きの硬さで、寝返りの時に体の傾きを制御できないことがあるのでしょう。

 週に2回指圧をしている時にはそんなことはありませんでした。

 全身指圧、右前腕から右手と両下腿から足のラベンダーを使ったオイルマッサージ、ストレッチ、エクササイズなどをして施術を終えました。

 この時間は大雨、御本人はエアコンがいらなかったようなので、こちらはいい汗をかきました。

 この体にはまだ指圧が必要だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

40代女性、急性胃炎(外食で食中毒?)。

820 朝突然にわか雨

 今朝ラジオから山下達郎さんの「さよなら夏の日」が流れた時の天気は曇りで、ブルーベリーを採りながら立秋を過ぎて2週間近くたったのだという思いにしみじみとしていましたが、ウォーキングの途中で突然強い雨が降ってきました。

 台風が日本の近くに3つもあるそうで大荒れの天気に注意が必要です。

 3日前に外食をした後に胃の痛みと吐き気がしてその後調子が悪いという40代女性、病院には行っておらず市販の胃薬を飲んで吐き気は治まっていますが胃の痛みで前日の午後から食事をしていません。

 両肩上部のこり、背部の胃の反射区のこり、両大腿前側膝上2寸の急性胃炎のツボ「梁丘」を圧して激痛があります。

 伏臥位で肩から背部のこりをゆるめ、足では第2趾爪根部外側の胃経のツボ「厲兌」と第2趾を曲げて先端が足底につくところのツボ「裏内庭」と、その足背側の「内庭」の指圧で強い痛みがありました。

 裏内庭が表す症状は胃炎と食あたりです。

 仰臥位腹部の9点の手掌圧では、始めは右外側の上行結腸に強い痛みがありましたが、腹部の持続的手掌圧を続けていくと心窩部左側の胃の大弯に沿った痛みと動悸が浮きあがってきました。

 上行結腸にあった痛みは胃腸の位置のずれによるものと関連痛、手掌圧を続けることによって胃腸が上がって位置の偏りが正されたようです。

 慢性胃炎のツボ下腿前側の足三里の指圧で左右ともに痛みがなかったこともこの指圧の特徴的なことです。

 全身指圧後、肩から背部のこりがゆるんでずいぶんすっきりしたそうです。

 お盆休みの最終日で体が疲れていたうえ、最近あまりしていなかった外食だったそうなので、何か合わないものを食べたか、多少傷んだものが食材に入っていたのかもしれません。

 おなかの動きはいつもの指圧の時のように活発ではありませんでしたが、小さいながらおなかに動きがあったので胃の痛みは治っていくでしょう。

 自分の胃酸で胃の炎症部位にダメージを与えないために胃が空なのはよくないことをお話して、スープでもヨーグルトでも帰ったら食べてくださいとアドバイスをさせていただきました。

 胃炎の食事は、一回の量を少なくして食事の回数を増やすことが胃に負担をかけずに回復を助けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

50代女性、右肩痛、広背筋が収縮してウエストが締まっている。

819 時々小雨の朝

 昨日は所沢より南では激しいにわか雨になったようですが、こちらでは里芋の葉に水滴がいくつか残る程度の雨でした。

 50代女性、九州まで車で帰省する前日の久しぶりの指圧です。

 右肩が痛くて右腕を120°ほど前方に上げると痛みが出ます。

 前回の指圧は2ヶ月前で、その頃と比べて悪くなっているようではありません。

 座位で背中を診るとウエストが締まっています。

 これは痩せたというよりも、広背筋を緊張させて右肩を大きく動かさないようにしていたことによると思われます。

 荷物を左に持つことにしているので左の脊柱起立筋がこっています。

 大腿後側から足底までの坐骨神経に沿った圧痛もあり、足がつったそうで、足首が細く診えるのは運動不足で筋力が衰えたということもあるようです。

 仰臥位の指圧では、左大腿四頭筋がこっていたので左足体重になることが多かったようです。
 
 また、右鎖骨下外側の小胸筋に強い痛みがあり、右斜角筋隙を圧して右上肢に響く痛みもありました。

 右の首から上肢へ延びる腕神経叢に沿った神経の圧迫が右肩痛を強めているようです。

 全身指圧後、肩周りと背部の緊張がゆるんで締まっていたウエストがゆるみました。

 ウエストが締まる、足首が細いということが体調の不良による場合もあるという症例です。

 九州までの車の長旅ですから、去年と同じく、帰ってきてからも指圧でメンテナンスをさせていただく予定です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

昨日のアロマ指圧講座「夏バテ解消のリフレッシュタッチ」。

818 雨になりそう

 昨日の台風一過の猛暑から比べて今朝は蒸し暑くて雨なりそうな空です。

 昨日の原宿生活の木のアロマ指圧講座では「夏バテ解消のリフレッシュユタッチ」がテーマでした。

 むくみ、だるさ、起きてから日中に眠たい、スポーツの前などに、癒し系のゆったりとしたタッチをするのは間違いです。

 副交感神経が過剰に優位になっていたり、スポーツの前にパフォーマンスの向上を目的にタッチをする時は、テンポの速い軽擦や叩打法で体を興奮させて起こしていきます。

 実技では速い軽擦と、切打、指頭叩打、空気打などで筋肉に運動をさせる刺激をし、ブラックペッパーを使った速いテンポのアロマオイルトリートメントで筋肉に血液を集めパフォーマンスの向上を目指した刺激を行いました。

 また汗をかく夏にはタルクを使ったパウダーマッサージも覚ておくと便利なので、ラベンダー入りのタルクで前腕と下腿のマッサージをしました。

 いつも言いますが「タン」と叩きにいくのは殴っているのと同じ、セラピーの叩打は頭に休符を入れて「ンタ」と接触時間をできるだけ短くします。

 濃厚な密着で体を温める冬のタッチと、接触をできるだけ短くする夏のタッチがあるということを深く考えてみてください。

 環境や病状に応じて無限に刺激を調節できるように感性を磨いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

台風の過ぎた朝。

817 午前5時西の空

 朝の5時前には雨が上がって、西の空には晴れ間が見えてきました。

 こちらでは雨風ともに時折強くなるくらいで、道路に枝が落ちるほどの台風の影響はありませんでした。

 昨日はリハビリ中の男性のお宅で指圧の予定でしたが、調子が良いこともあるのでしょう、娘さん一家とお盆の送り火をするということで指圧は中止になりました。

 午前中には高齢の女性がやって来て「鍼をやってくれるところを知らないか?」と尋ねられました。

 安心して紹介できる鍼の先生を知らないので教えることはできませんでした。

 思い詰めた顔だったので、どなかたかに鍼がいいと薦められたのでしょう。

 私は鍼が効いて指圧が効かない症状はないと考えています。

 指圧の押し売りをするつもりはないのでそれでお帰りいただきましたが、たとえ難病であったとしても是非一度指圧を受けていただきたいと思います。

 今日は原宿で「夏のリフレッシュタッチ」の講座です。雨が上がって助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

午後から台風の大雨。

816 台風前の朝の空

 今日の午後には台風の影響で雨が強くなる予報で、明日の明け方には台風が最も関東地方に近づきそうです。

 朝の空は晴れ間が出たり、太陽が雲に隠れたりを繰り返しています。

 午後の往診の時に大雨にならず、明日は原宿で講座なので交通機関に影響がないと助かります。

 血管ストレスがかかる日なので、こまめにストレッチをしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

台風近づく、頭痛、関節痛が起きる日。

815 道端のオシロイバナ

 台風が水曜日には東京に上陸するかもしれないという予報が出ています。
 ウォーキングでオシロイバナを眺めていた朝の6時から2時間たって、気温が下がってきました。

 少し蒸すような感じがしたり涼しい風が吹いたり、大気がうねっています。

 今朝は血管ストレスを感じやすい環境です。

 頭痛持ちの方、関節痛の方は、真夏の服装で体を冷やさないようにお気をつけください。

 水曜日は原宿で講座のある日なので台風の東京直撃は困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

カミソリ負けにサンダルウッド+ティートゥリー+ホホバ油。

814 筑波山の麓だけ見える

 今朝は曇り、筑波山の麓だけ雲が切れていました。

 顎から首の周りが真っ赤になって、ブルーベリーの実を採る時に何度も刺された毛虫のアレルギーかと思ったらどうやらカミソリ負けの細菌感染のようです。

 往診の後に喉の奥に口内炎もできたので皮膚や粘膜の免疫のバリアが弱くなっていたようです。

 アレルギーと思って始めはヒスタミン入りの軟膏やアレルギー性皮膚炎の軟膏を塗って効果はなく、カモマイル・ジャーマン+スイートアーモンドオイル、ラベンダー+スイートアーモンドオイル、アルガンオイル単独などいろいろ試して効果はありませんでした。

 髭剃りをやめることが大事なのですが、御客様と会う時に髭は気になるので髭を剃っていたことはなかなか治らない原因でした。

 昨日はお盆でいつもの指圧の予約がなかったので髭を剃らずに、サンダルウッド+ティートゥリー+ホホバオイル(ゴールデン)の抗菌オイルを塗ってみたところ赤みがだいぶ治まってきたようです。

 ホホバはスイートアーモンドと比べて表面の乾燥した角質を剥がし過ぎることがないようです。

 乾燥肌向きのキャリアオイルよりも皮膚の炎症にはホホバのようなやや脂性肌向きのキャリアオイルのほうが、炎症のある治りかけの角質を柔らかくしてごっそり剥がして炎症を繰り返してしまうことは少ないようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

ホルモン療法で太る、30代女性、頭痛。

813 虫の集まる木

  
 朝のウォーキング中に前を歩く人が立ち止って覗きこんだ木は小さい虫や蝶が樹液を吸いに来ていました。このまわりを4、5匹の蝶が飛んでいます。

 妊娠を望んでホルモン治療を続けている女性、最近仕事を辞めて妊活中で、主訴は後頭部の頭痛です。

 前回指圧をした時よりもふたわまりほど太りました。

 長年続けてきたハードな仕事からの解放は太った原因の一つです。

 後頭部の頭痛は、ワンダーコアで背中を倒す運動が腹筋に効かずに背筋を鍛えてしまったことに原因がありそうです。

 もう少しゆっくりと背中を倒していくと腹筋に効くはずですが、背中は逆三角形に締まっていますが、おなかはポッコリと膨らんでいます。

 指圧前にトイレに行き、伏臥位から仰臥位になる時と指圧後にもトイレに行ったのでむくんでいたのはあきらかです。

 二の腕、殿部、大腿、ふくらはぎとたるんでいたので、壁を使った腕立て伏せや股関節の屈曲伸展内転外転となる下肢の運動、かかとの上げ下げは妊活としても必要です。

 ズボンが指圧の引き締めでブカブカになったので、太ったのは仕事のストレスからの解放と運動不足が半分、ホルモン療法によるものが半分といったところです。

 指圧中はよく眠りました。

 妊娠をすると太り過ぎはいけないので、立位の引き締め運動を覚ていただいて指圧を終えました。

 良い卵子が採れたそうなので、近いうちに妊娠ということになるかもしれません。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

40代女性、重い物を持ち上げようとして典型的なぎっくり腰。

812 椿の実

 今朝は曇りで蒸し暑さもやわらいでいます。

 ウォーキングから帰って庭の椿を見るとたくさんの実をつけていました。搾れば椿油がとれるので、飯能生活の木の精油蒸留のところに持っていったら圧搾して椿油にしてくれたらいいのにななどと思いました。

 昨日は体操の内村航平選手が鉄棒の競技中にぎっくり腰になりながら見事金メダルを獲りました。

 そして指圧にもぎっくり腰の女性がやってきました。

 重い物を持ち上げようとしたらぎっくり腰になったということで、左腰に痛みがあります。

 座位では脊柱が左に側弯していて両肩から脊柱両側の筋肉は緊張しています。

 下肢やおなかに強い筋緊張はなく、脊柱棘突起を軽く圧して痛みはないので椎間板ヘルニアではなさそうです。

 あまり躊躇せずに伏臥位になれたのでぎっくり腰でも重症ではなさそうです。

 左背部の指圧で第2~第3腰椎の外側の奥に痛みがあります。

 殿部から下肢後側に響くような坐骨神経症状はありませんが、伏臥位股関節伸展(下肢挙上)では左右ともに足が5cm浮いた程度で強い痛みがありました。

 仰臥位の股関節屈曲でも左右ともに強い痛みがありました。

 指圧中、体から熱が発散していました。

 指圧後、起き上がる時に痛みはありましたが、歩くのには問題はないということでした。

 おそらく腰椎の中心部に近い左大腰筋に傷ができたということだろうと思います。
 
 この強い痛みは明後日くらいにはずいぶん軽くなっているでしょう。

 暑さでの脱水や筋疲労、また冷房の環境での長時間の座位・車での移動など、夏もぎっくり腰には要注意です。

 内村航平選手は左薬指が何度も脱臼を繰り返していたそうです。左手が使いづらくて鉄棒で右にバランスが傾けば右腰の負担が大きくなります。

 オリンピック選手ではなくても、どちらかにバランスが傾けばぎっくり腰になる危険性は高まります。

 毎日鏡を見て体のバランスに御注意ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

適量のお酒で夜トイレに行く回数が減ったという90才。

811 曇りで蒸し暑い朝

 昨日は多摩地域では大雨だったそうですが、こちらは雨雲からはずれていて雨になりませんでした。蒸し暑い朝です。

 昨日坐骨神経痛で指圧をした80代女性の旦那様は90才になります。

 お宅にうかがって指圧をしている間は昼寝をしていることが多いのですが、昨日はずっと起きて片付けなどをしていました。

 指圧後にお茶をいただいてお話をするのが常になっていて、その時間を旦那様も楽しみにしているようです。

 突然質問があるとのことで「会合でお酒を久しぶりに飲んだ夜はトイレに何度も起きずに眠れた」という話になりました。

 要するに「何年か前に深酒をした後に軽い顔面麻痺になったのでお酒をやめていたがまた飲んでもいいか?」ということのようです。

 お酒は利尿作用があるので夜中にトイレに何度も起きる人だとトイレの回数が減ることはなさそうですが、リラックス効果がそれを上回っていたのでよく眠れたのでしょう。

 狭心症もあるので適量のナイトキャップなら血管拡張作用というメリットがあります。

 老夫婦の刺激の少ない生活ですから、会合に出かけて旧友と話しをしたり歩いたことが刺激や運動になって良く眠れたということもありそうです。

 90才くらいになると気持ち良く暮らすということが体の働きを助けるのだろうと思います。

 気持ち良い時間を作るのがセラピストの仕事ですから、指圧を受けていない家族にまで受け入れられるということはセラピストとして嬉しいことです。

 お茶と梨とすあまとかりんとうとマドレーヌが次々と出てきて、帰りに山椒の佃煮とさつま揚げをお土産にいただきました。

 いろいろとほめたり、興味のありそうな話題をふったり、たぶんそういうことの中に免疫力を上げていくセラピーの本質があるのだろうと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

転倒後リハビリ中の男性41回目の指圧、右足底「涌泉」、右下腿内側「三陰交」の感覚わかる。

810 朝陽を浴びる蝶

 昨日はフェーン現象の熱風が吹いて、往療指圧に行く車は午後の外気を38℃と示していました。

 今日も早朝から暑くなりそうな気配、蝶はしばらく飛び回ってから翅を拡げてじっと朝陽を浴びていました。

 転倒後リハビリ中の男性のお宅での指圧41回目、全身指圧後のラベンダーのオイルマッサージでは麻痺のある右足底「涌泉」と右下腿内側「三陰交」を圧されている感覚がわかるとのことでした。

 この日は暑かったからかいつもは1分間に60くらいの脈が84でした。

 私が来る直前に車椅子からベッドへ自力で移った時に大変な力を使ったので脈拍が上がったのでしょう。

 私が来る前はエアコンを使っていなかったのかもしれません。

 指圧中はウトウトと何度か眠りました。

 左足趾の屈曲伸展に合わせて右足趾も動かせるようにはなっています。

 暑さの血行促進で麻痺側の神経が通りやすいということもありそうです。

 少しずつですが指圧とアロマオイルマッサージの効果は体を回復させています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

40代男性、炎天下のフリーマーケットで熱中症からぎっくり腰。

88 昨夕 Wレインボー

 昨夕5時半、東の空に大きなダブルレインボーが架かっていました。

 台風の影響で今朝も蒸し暑く、昨日は日曜日のフリーマーケットの後に尿の色が濃くなり、悪寒がして右の腰が痛くなった40代男性に指圧をしました。

 前回は10日前に左腰痛で指圧をしていますが、その2日後には腰が楽になっていたそうです。

 尿が濃くなったのは炎天下のフリーマーケットで汗が蒸発して体液量が減って尿が濃縮されたということでしょう。

 悪寒がして鎮痛解熱剤を飲んだということなので熱がこもって熱中症の状態になっていたようです。

 左腰痛をかばってきた右腰がとうとう悲鳴をあげたということです。

 伏臥位股関節伸展では左右ともに痛みがあり、右下肢後側の坐骨神経に沿って指圧をすると痛みがありました。

 また右下肢内側の腎経、脾経の指圧でも痛みがあり、腎機能の低下、免疫の低下もあるようです。

 腎経の反応と腰痛は直接結びついていて、下肢後側の坐骨神経と膀胱経も走行が一致しています。
 
 全身指圧後に残念ながら魔法のように治ることはありませんでした。ぎっくり腰で右の腰には傷があるようです。

 痛みが出ない範囲で動かせる部分は動かして、水分と塩分と栄養を摂ることも早期回復のためには必要です。

 炎天下での作業は水分が汗で奪われますから、喉が乾く前に水分と塩分の補給をして、無理をなさらず頭がクラクラする前に日陰で休憩をとってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

60代女性、2年前の悪性リンパ腫から回復。

88 今朝の空

 今朝は空気は涼しいと感じましたが陽射しは強く、東の空以外に雲はありませんでした。

 60代女性、リウマチの薬が合わずに、おそらく薬が強過ぎたことが原因で2年前に悪性リンパ腫になりました。

 しかし抗癌剤治療などで現在は仕事もし、家事も介護もこなしています。

 主訴は疲れです。

 リウマチにしては指に関節の変形はなく、どの関節の可動域も正常です。

 本当にリウマチだったのかと疑いたくなります。

 リウマトイド因子陽性でCRPも陽性だったそうなので炎症反応はあったようですが、リウマトイド因子陽性でもリウマチではないケースがあるようです。

 少なくともリウマチの人でこんなに綺麗な指を見たことはありません。

 悪性リンパ腫の治療では髪が抜けたそうですが、もうすっかり髪は戻っています。
 
 全身指圧をし、指圧中はよく眠りました。

 大病を経験されましたが、今は仕事も介護もしているので疲れて動けないくらいの日もあるでしょう。

 しかし今は体に大きな異常はないようです。

 毎日頑張るしかない人ばかりですから、指圧の時間は頑張らなくていい時間にしなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

転倒後リハビリ中の男性40回目の指圧。

87 雲多くても陽射し厳しい

 今朝はストレッチポールに背中を乗せたら朝の陽射しで熱くなってなっていました。写真は青い実をつけたミカンの木、その右側から強い朝陽が射しています。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で40回目の指圧、背中の痛みもなくなり指圧中はよく眠りました。

 ラベンダーを使った左右同時のオイルマッサージでは麻痺側の右足の感覚は鈍いままですが、足底の屈筋を圧した時に足趾の屈曲をしていただくと左右同時に同じ動きができます。

 足の甲の足趾の伸筋を圧した時に足趾の伸展も左右同時にできるので、右足の感覚神経の伝達は鈍いものの、運動神経はほぼ正常に近づいています。

 杖や歩行器を使えば歩くことは今でもできるでしょう。

 脊柱の左側弯が改善され、右脇腹痛も克服し、あとは右手右足の感覚神経がもう少しはっきりしてくれば行動範囲が広がって日常生活が楽になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

60代女性、乳癌手術後のボディスーツが胃腸の働きをさまたげていました。

86 今朝も暑い

 今朝のウォーキングは日陰が蒸し暑いくらいでしたから午後の猛暑を覚悟しなければなりません。

 60代女性、主訴は胃腸の働きが悪いこと、背中がむくみで盛り上がっています。

 乳癌の手術後に体型が気になってボディスーツを着ていますが、体型の補正にはなっておらず血流の悪さの原因となっているようでした。

 伏臥位の指圧を終え、仰臥位で下肢の指圧をしていくと膝の周りがむくんでいます。

 問診で膝の痛みはあがっておらず、膝の関節運動でも可動域は正常だったのであまり気にもとめずに軽い指圧をしたつもりでした。

 指圧後「足の指圧が痛くて我慢していた」とのこと、相当痛み物質が溜まっていて足底や下腿の血行は悪くなっていたようです。

 私の感覚では触れる程度の軽い指圧をしたつもりでしたが、初めて指圧をする方では想像を超えて痛みを溜めていることがあります。

 乳癌で乳房の摘出をした体を補正するために使っていたボディスーツは血行を悪くして痛み物質を末梢に溜めるだけで、体の補正には全く役にたっていませんでした。

 ボディスーツを着用していても内臓が下がっていたので百害あって一利なしです。

 そこまではわかっても、自分の感覚を超えて痛みを溜めていたことまでは思いを巡らすことができませんでした。

 タッチの強弱の調整はこれでいいと思っても合わせられていないことがあるので、ゼロに近い刺激のギアをたくさん作っておく必要があるとあらためて思い知らされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「頭痛とストレートネック」。

84 昨日の薬香草園

 昨日は飯能も暑くて、生活の木のハーブガーデンは草も木も生い茂っていました。

 アロマ指圧講座のテーマは「頭痛とストレートネック」でした。

 壁に後頭部・肩甲骨・お尻・踵をつける姿勢がとれているかを確認した後、仰臥位で後頸部を持ち上げる指圧で頭の重さを利用して頸の矯正をした後、首から前胸部の指圧と、上肢・顔面・後頭部下縁の頭痛のツボ指圧、ローズマリー・ベルべノンローションを使った髪を櫛けずる頭皮の軽擦を行いました。

 頸椎前弯の正常範囲は30°~40°ですから、猫背で頸椎前弯が減弱してストレートネックになっていても顎を上げて首を後ろに反らせる施術をすればストレートネックの矯正になります。

 施術後にもう一度壁に背中をつけて、良姿勢が前より楽にできているかの効果判定をしました。

 猫背解消で頭部への血流を促進したので、顔が引き締まり、目の疲れがとれ、指圧前よりも楽に背中を壁につけることができるようになったという感想をいただきました。

 夕方には短い雷雨がありました。ハーブガーデンは乾燥していたので良いおしめりになったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

妊娠38週の指圧、1ヶ月前の切迫早産は安静で乗り切れました。

85 朝からブドウ棚の下で暑い

 明け方は涼しいくらいでしたが、6時を過ぎた頃にはブドウの日陰でも暑さを感じました。

 むくみと腰痛で指圧の予約をしていた妊婦さんに出血があって切迫早産で安静を言い渡され、実家で1ヶ月安静にした後の妊娠38週での指圧です。

 前回の妊娠の時よりも体が一周り大きく、健康そうに診えます。

 2度目の妊娠なので、上の子の保育園の活動など忙しく過ごしているうちに疲れが溜まって切迫早産の徴候が現れたのでしょう。

 検査の結果、特に異常は認められなかったそうです。

 仰臥位下肢から指圧を始めます。

 殿部以下はかなりむくんでいました。

 おなかの大きさは前回以上で、腹部に軽い手掌圧をしていくと、赤ちゃんは左下腹部のほうに体を丸めてじっとしているようです。

 上のお子さんの時は動きがあったのですが、指圧中は気持ち良く眠っているようでした。

 横臥位の指圧で背部はこっていましたが、仙腸関節などの痛みはありませんでした。

 指圧を終えて立ち上がる時に腰に痛みを感じたようですが、もう生まれてもよさそうなおなかの大きさからするとそれくらいのことはありそうです。

 むくみがあれば自分の手では触れない方向から丁寧に軽く圧してもらうと妊婦さんは気持ちが良いものです。

 有名なツボは強く圧さないでください。特に子宮の刺激になる下肢内側には軽くつまんでパッと放すようなイメージの刺激で十分です。

 前回の出産の前の指圧の時と同じように、クラリセージの精油の小瓶を分娩の手助けとなるようにお渡しして指圧を終えました。

 前回の出産ではまだ虚証の体でしたが、今は実証の体に変わっています。

 もうすでに力強い母の体になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

転倒後リハビリ中の男性39回目の指圧、左右の足趾で同じ動きができる。

83 今朝のカボチャ

 今朝は少し雨が降りました。やっと実がついた畑のカボチャはまだ野球のボールくらいの大きさです。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で39回目の指圧、左下腹部の指圧で両下肢に伸展の緊張が走り、右股関節屈曲のストレッチから戻す時に右脇腹に痛みが走りました。

 痛みが走ったのはこの2回だけです。

 右背柱起立筋の指圧では圧痛点が前よりも少し上がって第12胸椎付近になっていました。圧痛点が移動するのは、患部が治っていく時によくあることです。

 左右の足の同じ部位に同時にラベンダーでアロマオイルマッサージをしながら、母指外転筋の時は母趾を外転させる、長母趾伸筋の時は母趾を伸展させる、という動きをしていただきました。

 感覚のある左足に合わせて、麻痺側の右足でも同じ動きがほとんどできました。

 後は神経の促通です。血行促進で神経線維が再生されて感覚がはっきりしてくるように丁寧に指圧を続けたいと思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

頭痛が増える日。

82 今朝はにわか雨も

 3日連続で雲の多い朝です。今朝は急に雨が強く降りました。

 台風が近づく2日前から体調が悪くなるという方が御客様の中に何人かいて、今日は頭痛持ちの方の予約が入っています。

 気圧が徐々に低くなっていくことを体が感じて関節痛や頭痛を起こす方は、天候不順の3日目の今日は要注意です。

 天気が悪いと平衡感覚を混乱させるだけでなく、「見るべきものがなくて、うつむきがちの姿勢」が多くなります。

 顔を30°下に向けると5kgの頭の重さは3倍強の18kgの負担になります。

 うつむくことで首から上の血流が悪くなれば頭痛や首のこり、肩のこりになります。

 首・肩のストレッチや視線を上げることは天気の悪い日には怠りがちです。

 首の左右の側屈・回旋、顎を引く・顎を上げる、肩の上げ下げ、胸を拡げる。肩甲骨を寄せる、体幹の屈曲・伸展・回旋、椅子に座っていてもできるストレッチですから、長時間うつむき姿勢で固まらないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

クルーゾン症候群で気管切開、足のむくみの指圧。

81 今朝も荒れそうな空

 
 昨日の午後4時過ぎ、にわか雨が降り出す直前の東の空に大きな虹がかかっていました。

 往診を終えて庭の草を刈っていた時に今までに見たことのないような大きな虹を見て、難病でも指圧が救いになったのではないかと思えました。

 その病気はクルーゾン症候群で、頭蓋骨早期癒合、眼球突出、上顎発育不全を主徴とする難病です。

 気管切開をしていて、ベッドの背中を起こした姿勢を好むので足の甲が瘤のようにむくんでいます。

 くつろいでいる時間に知らない人が入ってきて体を触られること自体嫌だったのでしょう、精神的な要因に加えて痛み物質が溜まっていたこともあって、最初は触れるくらいのタッチでも嫌がりました。

 股関節外旋+膝軽度屈曲+足底屈位が常なので、当然足の甲はむくみます。

 包帯で圧迫していましたが、巻き方がゆるくて全く効いていないようでした。

 ラベンダーを使ったオイルマッサージでも痛かったらしく、嗅覚が働いていないそうでアロマテラピーの嗅覚からの効果は期待できないようです。

 しかし、皮膚から体内に吸収するアロマの効果はあるはずです。

 筋力はとても弱く、おなかが肥満で膨らんでいます。

 それでも上肢の指圧とオイルマッサージの頃から呼吸がおだやかになり、途中で痰の吸引をしたことからも、血行促進によって気道の粘液の分泌が活発になったようです。

 その後、首の裏側や腰に手を差し込んで触れても嫌がらず、足の施術に戻ると今度は嫌がらずに受け入れてくれました。

 一時間ほどで指圧を終えるとトイレに行きたくなったようで、お母様が体を抱えて車椅子移乗させる時にずいぶん軽く感じたそうです。

 ステロイドを使っていることもむくみの原因となり、呼吸にも問題があるので心心肺機能を助けるためにも、弾性ストッキングを使うか足底板で足背屈位にしたり、下肢外側を丸めたタオルケットで圧すなどして股関節を外旋させない工夫は必要です。

 足の甲のむくみを還すのは簡単でした。

 しかし、筋力がないのでしばらくするとまたむくみが溜まるという状態でした。

 それでも指圧とアロマオイルマッサージによる効果はあったと思います。

 今まで見たことのないような東の空の大きな虹は何かの啓示のように思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »