« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月30日 (金)

80代女性、腰椎後弯、左肩下がる、左大腿外側の痛み。

930 今朝の筑波山

 天気予報ほど今朝は晴れず、東に筑波山がうっすらと見えています。

 涼しい空気の中に漂うキンモクセイの香りは、昨日までのリラックス感とは違って少しシャープなリフレッシュ感を感じます。

 80代女性、訴えは多彩で、肩こり、膝痛、腰痛、左大腿外側の痛み、足のむくみなどがあります。

 お住まいが遠いので5ヶ月ぶりの指圧です。

 座位では右肩が上がって左肩が下がり、腰椎の後弯があって、右腰が後ろに突き出ているので腰椎の右回旋もあります。

 仰臥位から指圧をしていくと、膝裏に高さ10cmのクッションでは左大腿外側に痛みが走ったので、高さ15cmのクッションに換えました。

 座位の形からもわかるように、右肩が上がるのは右手を使う右利きだからで、左肩が下がっために左腰椎では神経の圧迫が起こりやすくなっています。

 腰椎後弯は加齢によるもので骨粗鬆症もあります。

 腰の右回旋は右手を使いやすい姿勢なのでしょう。

 左大腿外側の大腿筋膜張筋から腸脛靭帯の支配神経はL4・5(第4・5腰神経)ですから、この神経の痛みの緩和を中心に指圧を考えていきます。

 伏臥位では両手を下げました。これは猫背で脊柱の後弯があるために手を肩より上に持っていくと脊柱の後弯を容赦なく矯正することになるので、後弯に固まった猫背の人はほとんど手を下げます。

 アキレス腱の太さは2cm以上あり、これは動脈硬化もあるということです。

 年齢的な心臓の働きの低下もあって足はむくみやすくなっています。

 膝痛は膝関節の変形によるもの、しかしゆっくり丁寧に曲げれば両膝とも120°くらい曲げることができます。

 伏臥位の指圧後、最後にもう一度仰臥位で左大腿外側を指圧していると、左大腿直筋の起始の下前腸骨棘の外側にあたる部分と外側広筋にこりのポイントが浮かび上がってきていました。

 汗も声も出るほどとても痛かったようですが、股関節のストレッチから変形性股関節症はないと判断できるので、「動かさな過ぎポイント」ととして、この大腿の付け根のこりを集中的にゆるめました。

 指圧後、背中が伸びて、背中を後ろに反らすことができました。

 肩こりもゆるみ、帰りに網目のカーディガンに難なく腕を通すことができました。

 右利きの左の固定は肩にも腰にも痛みをもたらします。

 この指圧は最初の視診、望診に答えがありました。

 最後に浮かび上がってくる真犯人のようなこりを導き出すには施術構成のセンスを磨く必要があります。

 どう触っても痛いこりというのものは、できるだけ痛みを出さないようにゆるめていくのですが、今回は住まいが遠いので次はなかなか来れないだろうということもあって、私にしては珍しく多少痛くてもという覚悟で指圧をさせていただきました。

 結果が伴って良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

80代女性、坐骨神経痛の訴えがなくなる。

929_2 キンモクセイ濃淡

 早く香り始めたキンモクセイと並んでまだ色の薄いキンモクセイ、ほとんど変わらない環境でも個性の違いがあるようです。

 80代女性、お宅にうかがって2週間ぶりの指圧、群馬のお墓参りを無事にすませたようですが朝から会話をあまりしていなかったためか声が枯れています。

 いつもは横になるのに四つん這いから時間がかかりますが、この日はすんなりと横になることができました。

 指圧中に訴えがあったのは左上腕外側の痛みだけでした。

 左肩は肩関節周囲炎で上がりにくいのですが、これも135°くらいまでの屈曲はできています。

 指圧中にはお墓参りでの出来事などを話し続けて、声も滑らかになりました。

 指圧後は起き上がるのにためらいがなく、坐骨神経痛は忘れているようです。

 指圧後、和三盆の干菓子と抹茶をいただきました。

 昨日「ためしてガッテン」でマインドフルネスを取り上げていましたが、瞑想と同じくらい、楽しく会話をすることに健康効果があると感じています。

 カンバセーションフルネスとでも言いましょうか、安心して話をすることができる、許されている、ということに、大きなデトックス効果と鎮痛効果があります。

 干菓子を用意することも、抹茶を立てようと茶碗や茶せんを用意することも、鎮痛効果につながる「お楽しみ」のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

40代女性、仕事中トイレに行きたくなる。

928 庭のキンモクセイ

 3日前からほのかに香りだした庭のキンモクセイの香りが、今朝ははっきりと感じられます。秋は深まっているのに、今日は30℃近くなる予報です。

 40代女性、パートの仕事を始めて1ヶ月がたちましたが、仕事中にトイレに行きたくなるのが悩みです。

 検品の立ち仕事で大腿前側の大腿四頭筋が鍛えられて硬くなり、猫背で肩甲間部がこっています。

 ただ、いつもよりもこっているというわけではなく、冷えはなく、むくみもほとんどありません。

 仰臥位腹部の指圧で、内臓が下がっていることは明らかで、左腹部の下行結腸に詰まりと動悸があります。

 腹筋が弱いので腸が膀胱の上に乗って刺激となっているということがあり、ベルトコンベアの流れ作業の検品でその場を離れられないというプレッシャーや職場環境のストレスによる心因性膀胱でもあるようです。

 全身指圧後、猫背は解消し、内臓も上がっています。

 家に帰るとトイレは近くないということなので、仕事中は緊張し続けているようです。

 「1ヶ月続けられたし、体は自分で感じているほどはバテていないので、もう少し続けてみると仕事中の緊張感もやわらいでくるでしょう。腹筋運動をおすすめしますが、骨盤ベルトで腹部に圧をかけて内臓を上げるようにすると膀胱の刺激が減るはずです」とアドバイスさせていただきました。

 ずっと指圧をしてきた方で、神経の細かいタイプなのでプレッシャーを大きく感じてしまうことはありますが、体は仕事のプレッシャーを克服していると言っていいでしょう。

 目の疲れもほとんど手に伝わってきませんでした。

 大丈夫、この体は少しストレスをかけているくらいがスパイスになって強くなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月27日 (火)

20代女性、肩こり、便秘、むくみ→猫背と左仙腸関節のずれ、運動不足。

927gif 今朝の空

 今朝は久々の青空、午後には最高気温が30℃になる予報です。

 20代女性、4才のお子さんがいます。主訴は肩こり、便秘、ふくらはぎのむくみです。

 猫背で背中の上のほうは硬くなっていますが、腰の筋肉は硬くありません。

 最近急に調子が悪くなったということなので、不安定な天気の影響があると思います。

 上腕もむくんでいて、日常生活で肘を伸ばす運動がないことがわかります。

  家事や育児の猫背、子どもに合わせた小股歩行で爪先立たないことでのふくらはぎのむくみ、交感神経支配領域の緊張による便秘など、典型的な症例です。

 左背部の指圧の後、脊柱と左背部に軽い手掌圧をしていくと左仙腸関節でポキッという音がしました。

 仙腸関節のずれも不調の原因だったようです。

 全身指圧後、こって熱のこもっていた肩や背中から熱が発散されて猫背が解消しました。

 伏臥位の指圧の後にトイレに行ったのでふくらはぎや二の腕のむくみも流れました。

 関節の際の曲池や合谷、下腿内側の三陰交などの指圧で痛みを訴えることはなかったのでかなり詰まりの少ない体です。

 お得意様からの紹介ということで、未病のうちにメンテナンスができてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

『an・an』からだにいいもの大賞2016。

926 待合室におすすめ

 『an・an』の最新号は健康グッズや健康フードの今年のトレンドを紹介していて待合室雑誌としてお薦めです。

 従来からあるものをリニューアルしたり微調整した商品がほとんどですが、最新の健康グッズカタログとしての価値があります。

 ツボ圧しグッズの変化形がある一方、蒸し大豆、ゆであずき、ハト麦エキスなど従来から体に良いとされている食品が選ばれていますから、ここに載っている食品の健康効果は高いということなのでしょう。

 日頃健康雑誌をチェックしている私が昨日書店で見つけて迷わず買ったことからも、買って損はない雑誌だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

転倒後リハビリ中の男性47回目の指圧。

925 靄の朝

 今朝は陽が昇るにつれて靄が濃くなりましたが、7時を過ぎて久々に青空が広がっています。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で47回目の指圧、いつもは仰臥位で膝に隙間ができる打撲した側の左膝がよく伸びていました。

 脈は1分間に90、いつもは60くらいで落ち着いていることからすると、小雨で気温が低いことの影響があるのかなと思いました。

 指圧中はよく眠り、指圧後には脈が78になりました。

 足のむくみはほとんどなく、麻痺側の右膝上の大腿直筋はよく鍛えられていました。

 足がかさかさしていたこともあって気持ち良かったからなのか最後のラベンダーのオイルマッサージの時にもう一度眠りました。

 いつもは最後に顔を見せる奥様が部屋に来なかったので、帰りの挨拶のため声をかけてリビングのドアを開けるとソファで眠っていらっしゃいました。

 お疲れだったのでしょう。

 介護をする家族に安心して昼寝をしてもらう時間を作ることも訪問マッサージでは大切なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

20代男性、農作業中マダニに刺された。

924 高尾山山門

 今朝も霧のような小雨でしたが、8時を過ぎて陽が射してきました。

 高尾山の清涼な気がまだ体に残っていることを感じながら、今日もそろそろ指圧が始まります。

 スピリチュアルに傾き過ぎると施術を怪しげなものと思われることがあるので、そこは常識と科学の範囲を逸脱しないようにしていくべきだと思っているのですが、細やかな気配りとしての「気」や元気の気は施術の効果を高めるものです。

 気を使った施術の後は、気の補充、気分を変えること、これは必要です。

 休みの日、休憩時間、気を更新してください。

 20代男性、今年から農業の会社で働いていて、先日腰痛で指圧をしました。

 身長が高いので中腰の作業は腰に負担がかかります。

 それでも少し慣れてきたようで、ストレッチをしながら作業をしていて重症の腰痛ではありません。

 この御客様が8月にマダニに刺されたそうです。

 マダニに刺されるとSFTS(重症熱性血小板減少症)で高熱、嘔吐、下痢などの症状が出ることがあります。

 マダニを無理やり引き剥がすと頭部が皮膚に残って厄介なことになるのを知っていたのでそのまま病院で治療を受けて重篤な症状は出なかったそうです。

 マダニは一週間も血を吸い続けることがあるそうです。

 野生の動物が里に現れるようになって、ヤマビルをばらまいていくようなこともあるようです。

 他人事だとは思わずに、マダニの対処法も知っておいたほうが安心です。

 マダニに刺されたら、ワセリンや殺虫剤を塗りつけるとマダニがはがれることがあるようですが、必ず病院(皮膚科)へ行ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

苦抜け門、身・心・口(言葉)三業を三密に。

923 高尾山 苦抜け門

 今朝も雨、雨が続きます。

 高尾山参道の男坂を上りきったところにある苦抜け門は、女坂を通ると見逃すことになります。

 身(身体)・意(心)・口(言葉)が世俗の煩悩で汚れると三業となります。

 三業を、仏様の身・意・口の三密にまで高めようとして続けるのが密教の修行です。

 苦抜け門をくぐるという行為がデトックスになります。私も苦抜け門をくぐらせていただきました。

 心身一如の施術、丁寧な言葉かけ、それが痛みを緩和する「苦抜け門」になります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

高尾山、一号路下りの足ツボ効果。

921 高尾山の足ツボ道

 昨日は予約がなかったので、思うところあって高尾山に登ってきました。

 台風後の連休前の小雨まじりのくもり、高尾山は人で混雑しておらず、行きはケーブルカーと徒歩で御参りをしながら山頂へ、帰りはよく整備された一号路を下山しました。

 濡れていても砕いた石が埋め込んであるので滑ることなく、足ツボ効果もあってか疲れて休むこともなく約4kmほどの行程を森林浴をしながらほど良い運動になりました。

 静涼な空気と清潔感のある整備された環境の中、所々にある天狗の像には思っていたような邪悪な感覚は全く感じませんでした。

 皆様の病気の平癒と災害のないことをお祈りし、麓では混んでいて入れないと噂のある高尾山温泉に入ることもできました。

 PH9.9のアルカリ温泉で、山の湧水を使ったとしてもミネラルがたっぷり含まれていそうな場所なので肌が滑々になる温泉でした。

 ココナッツの実が浮かんだココナッツ風呂は初体験で、細かく刻んだ実を入れた袋も浮かんでいて、ココナッツオイルを使った時の香りがする肌に滑らかな乳白色のお湯でした。

 麓のケーブルカー駅近くの高橋屋のとろろそばはお薦めです。

 かけ蕎麦に、味が濃厚なとろろ芋とトンブリとウズラの卵が入った小鉢がついてきます。

 缶に入った刻み海苔がテーブルに置いてあるのも都会の蕎麦屋にはないサービスです。

 混んでいない時に高尾山に行くことができればその良さを堪能できます。

 修行者が吹く法螺貝の音を聴くこともできました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

40代女性、冷えの消化不良、大腸に水の停滞。

921 北の空

 今朝の空は、探せばいくらか青空や陽の光があります。北の空の端の明るさは群馬、新潟方面です。

 40代女性、右側頸部から肩上部の嫌な痛みと、胃腸の調子が悪くて指圧にいらっしゃいました。猫背気味です。

 夜にアイスクリームを食べたのが原因かもしれないということで、下痢ほどではないけれども軟便で、昨夜から夏の間シャワーですませていたのを湯舟につかるようにしたということなので、夏の習慣と秋以降への切り換えを体が欲していたようです。

 肩上部の筋肉は前回の指圧の時よりも薄くなっていて、こっています。筋力が弱くなれば今までよりも肩はこりやすくなります。

 右側頸部からの嫌な痛みは斜角筋隙を指圧した時の神経症状と一致しました。

 左背部のこり、下肢のむくみはほとんどなく足の冷えはありません。

 手は少し冷えていました。

 伏臥位の指圧後、手は温かくなっていました。

 おなかの指圧では大腸に沿ってチャポチャポと水の停滞している音がしました。

 全身指圧後、右側頸部から肩、背部のこりはゆるんで背中が伸びました。

 昨日から気温が20℃前後に下がり、一層秋が深まった感じがします。

 台風はこちらでは時々強い雨が降ったくらいで深夜には雨もやみました。

 夏の習慣を切り換える時です。

 関節痛がある方や肩こり腰痛がある方は、寒いと感じたら早目に対処しましょう。
 
 周りがどうであろうと、セーターを着ても、暖房を入れても、痛みがやわらぐならそれが正解です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月20日 (火)

40代男性、右背部のこり、秋の花粉症は治まる。

920 彼岸花増える

 今朝は5時頃から台風の影響で雨になりました。
 
 気温は20℃くらいまで下がって、外はトレーナーにジャージでも少し寒いくらいでした。

 庭の彼岸花の数が昨日よりも急に増えたように見えます。

 40代男性、前回の指圧では季節の変わり目で秋の花粉症症状が出ていましたが、今回はのどや鼻の症状が治まっています。

 秋の気候に慣れてきた時期でもあり、雨が多いことは花粉症の方には良いのでしょう。

 座位ではお尻のズボンの中心線が右にずれていて、右肋骨下部の高さで右に突出した形で脊柱が側弯しています。

 いつもは右肩がこっているのですが、脊柱側弯に引っ張られて右肩が下がっているので右肩のこりはさほどでもありません。

 右肩甲下部に注目して指圧をしていきます。

 硬くなった右脊柱起立筋を繰り返し軽い刺激の1秒圧の指圧でゆるめていきます。

 この場合、硬さと力でぶつからないことが大切で最長筋の一番硬い中心のラインを少しはずして指圧をしていったほうがゆるみが早くなります。

 肩甲骨から骨盤に向かう遠心性の指圧を最長筋のやや内側、やや外側、中央という具合にラインを分け、さらに当たりが強いと感じたらわずかにずらして繰り返します。

 途中で手掌圧を入れ、遠心性の指圧の最後に中央のラインに3秒圧の指圧をします。

 私はさらに頭部に母指先端を向ける指圧の後に、足のほうを向いて当たりを変えた遠心性の指圧をしています。

 足のほうを向く意味は当たりを変えるだけでなく骨盤の際に深く圧を入れるという目的もあります。

 全身指圧後、脊柱の側弯が改善され右背部のこりはゆるみました。

 雨が続くと運動不足になりがちですが、体をねじったり、肩を回したり、基本的な関節運動は椅子に座っていてもできます。

 気温が下がってきたので意識して体を動かしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

70代女性、うつ病、背中がだるい。

919 彼岸の入り

 今日は彼岸の入り、今週は台風もやって来るので雨の日が続きます。

 70代女性、うつ病の診断があり、背中がだるくて指圧にいらっしゃいました。

 抗うつ薬と降圧薬を服用中で、食欲はあり睡眠も十分にとれているようですが、散歩や体操などで体を動かす気にはなれないようです。

 座位の触診で両肩を挙上させるのにギシギシと抵抗がありました。

 猫背で胸椎の後弯が増強しているので骨粗鬆症も考えて強い刺激はしないようにします。

 第7頸椎から棘突起をたどっていくと第5・第6胸椎で主訴と一致する違和感があるということでした。

 伏臥位から指圧していくと、ストレッチをしていないので肩から背中の筋肉は硬くなっています。

 仰臥位上肢の指圧で、肘関節の硬さは際立っていました。

 肘屈曲で椅子に座って過ごす時間が長いのでしょう。

 何もやる気が起きない、手仕事をしない、ストレッチをしないという生活なので、鳥の翼の付け根にあたる第5・第6胸椎のあたりの詰まりが主訴のだるさとなっているようです。

 全身指圧後、肩や上肢の動きが軽くなり、背中のだるさが楽になったとのことでした。

 うつ病を気持ちに訴えかけて治そうとするのは難しいことですが、具体的な体の症状を緩和できれば、気の滞りを血と水の循環の促進によって減らすことができます。

 うつの御客様に施術をする時、体全体を広く診て、主訴の緩和をはかってください。

 このケースは上肢の使わな過ぎが私の手の記憶として残りました。

 御客様の心の苦しさをタッチにこめた気持ちで減らせるよう、丁寧な施術をしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

転倒後リハビリ中の男性46回目の指圧。

918 セージに小雨

 朝6時を過ぎてから小雨が降り出しました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で46回目の指圧、仰臥位で左膝が軽く曲がっていたので左膝裏にだけクッションを当てて指圧を始めました。

 脈は1分間に66、先週よりも落ち着いています。

 足のむくみはほとんど気にしなくていいレベルで、左足甲にあったサンダル擦れのカサブタは、もう少しで自然にはがれそうです。

 指圧中はよく眠り、ベッドが窓際にくっついているので、仰臥位では右半身の指圧をしてから、頭の向きを変えて左半身の指圧をします。

 横臥位は麻痺側の右を下にした横臥位でしか施術ができないので、仰臥位左半身の指圧の後に体を右に向けて起こして横臥位の指圧をします。

 この日は初めて「体が遠くないですか?」と気を使っていただきました。

 少し余裕ができたのか、この一週間は指圧を待っていてくださったのかもしれません。

 右を下にした横臥位での右の肩や殿部の指圧は、手をつっこんで中指と薬指で圧すことになります。

 体重を利用して指で圧し上げるテクニックは麻痺の臨床では必要です。

 全身指圧後、両足と左の前腕から手に、ラベンダーを使ったアロマオイルマッサージを神経を興奮させる速い軽擦で行いました。

 曲がっていた左膝が伸びて、転倒後に伸び切らない左の下肢も右と1cmほどしか違わないくらいには伸びました。

 また来週うかがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

心労による肩から背部のこり。

917 道端にキノコ

 夜明けは空が雲に覆われていましたが、8時をまわって陽が射してきました。

 道端の日陰には急にいろいろなキノコが増えて、このところの天気の悪さの恩恵にあずかっている生き物もいるのですね。

 60代女性、心配事があって肩から背中がこっています。

 脈は1分間に90、昼食後に急いできたからかもしれませんが、いつもより速い脈です。

 いつもは問題のある右の股関節痛を感じていないようなので、それを超える心労のようです。

 伏臥位で肩から背部をゆるめ、仰臥位に移った時の脈が84、その後眠って、指圧を終えた時の脈が66でした。

 心配事が御自分や御家族のことではないようなので、解決はなかなか難しそうです。

 それでも他人を心から思った時間は、体を疲れさせましたが右股関節痛を忘れさせたようです。

 心労が股関節の痛みを増幅させるサイクルを断ち切ったのでしょう。

 優しい心使いには御褒美もあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

肝経が母趾爪根部外側から肝臓につながることの意味。

916 半開から一日で全開

 昨日は半開だった彼岸花が彼岸を待たずに今朝は開いていました。秋が加速しています。

 東洋医学で経脈が臓腑の反応点となっているのは、先人がツボの一点ずつのつながりをたどって特定の内臓との関係を研究してきた結果です。

 肝臓は休むことなく働いています。

 肝経は母趾の爪の付け根の外側「大敦」に始まり、足の甲から下肢内側をたどって第9肋軟骨付着部下際の「期門」に終わります。

 経絡は四足歩行の姿勢で考えますから、陽の当たる背中や四肢の外側は中空臓器の腑の経脈が通ります。

 腑は管であったり袋ですから、手術で切除しても致命的なダメージにならないことが多い部分です。

 臓は実質臓器ですからダメージを受ければ命の危険があるので四足歩行で陽の当たらない体幹の深い部分にあり骨で守られています。

 母趾外側から足の甲のラインの肝経が意味することは、母趾の先端をやや外側に向けた足背屈、あるいは母趾先端をやや外側に向けた踵着地です。

 これはごく一般的に意識せずに歩く時の姿勢で、椅子に座っていても母趾先端の内側に力を入れようとすれば意識をしなければできません。

 肝臓は沈黙の臓器なので、普通は意識にのぼることなく働き続けています。

 肝硬変や肝臓癌の患者さんの下肢のむくみ、腹部血管の怒張、これも肝経の流れを決定するのに観察されていたことでしょう。

 肝細胞の多くが機能しなくなると門脈から静脈血を回収できなくなって下肢がむくみます。

 普段当たり前に使っていた足の使い方ができなくなった時の足から肝臓までのラインを反応点として結んだ先人がいたのだろうと私は考えています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

80代女性、坐骨神経痛、かなりよくなっています。

915 半分開いた彼岸花

 今朝は少し雨が降りました。彼岸よりだいぶ前に蕾ができた彼岸花は、時間調節をするように半分だけ開きました。

 昨日は80代の坐骨神経痛の女性のお宅で3週間ぶりの指圧でした。

 前日に日本橋まで華道の個展を見に行ってきたそうで、調子は良さそうです。

 左の首から上肢外側に痛みがあり、腰も左がこっていて殿部に坐骨神経痛の圧痛点がありました。

 横臥位で左殿部を指圧するうちにウトウトし、全身指圧後には時間をかけずにスーッと立ち上がることができました。

 指圧後はおなかもよく動いて、お茶をいただいている時におなかの鳴る音が3回ほど聴こえてきました。

 御本人は椅子から立ち上がる時に大腿後側に痛みを感じることがあるようですが、背中も伸びていますし、外を歩いていて立ち止ったり座ったりすることはないようです。

 お彼岸に群馬までお墓参りに行くそうですが、車で連れて行ってもらうということなので大丈夫そうです。

 大腸癌の手術もしていて80代ですから思うようにいかないことはあると思いますが、体も気持ちも強く、会話にも老いを感じません。

 前回の指圧の時よりも良くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月14日 (水)

循環血液量を調節する肝臓と使い過ぎで充血する目の関係。

914 イヌタデ(アカマンマ)

 今朝は道端でイヌタデを見つけました。明日は中秋の名月ですがしばらく天気は悪そうです。

 10月に原宿生活の木で「眼精疲労と肝経」のアロマ指圧講座があるので昨日はその内容を考えていました。

 東洋医学では「肝は血を蔵す」とし、「肝は目に開竅する」として、肝臓は目を通して外部と交流しているとされています。

 現代医学でも肝臓は血液を貯蔵し、体内の循環血液量を調節する働きがわかっています。

 肝臓には体内の血液量の20~30%があって脳が15%であることからも、代謝の工場であり血液の貯蔵庫である肝臓が重要な臓器であることがわかります。

 肝臓には門脈から腸で吸収された栄養と脾臓でヘモグロビンが分解されたビリルビンが静脈血として流入し、それは肝臓の血液全体の75%になります。

 肝動脈から肝臓に流入する動脈血は25%ですから、東洋医学の五行分類で肝臓を象徴ずる「青」は静脈血の多さを表すものでもあります。

 視覚は感覚の8割を占め、現代の生活ではパソコンやスマホの普及で目を酷使します。

 目を使い過ぎれば眼精疲労となり、目を使うために貯蔵していた血液を供給するのは肝臓です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

60代女性、右側頸部から肩の痛み、筋肉が弱い。

913 紫蘇蝶(鳥の祖先ではない)

 今朝は雨、外は半袖では寒い気温です。紫蘇にとまっていた蝶もどこかで雨宿りをしていることでしょう。

 昨日は前回胃の調子が悪くて指圧にいらっしゃた60代女性が右の首から肩の痛みで指圧にいらっしゃいました。

 座位では脊柱が左に軽く側弯し、右肩が上がっています。

 40代で乳癌を患い左乳房を切除していて、左肩は脱臼をしたことがあります。

 全体的に筋力が弱く、左上肢はほとんど使わない日常のようです。

 私は今までにも乳癌や肺癌の患者さんで肩の筋力が弱くて脱臼をした方という方に指圧をしています。

 右の首や肩のこりはそれほど硬いというわけではなく、筋肉が細くて弱いのでちょっと使っただけですぐにこります。

 右手を使うことがほとんどなので、使いやすい姿勢が脊柱の左側弯なのでしょう。

 伏臥位の指圧から眠り、前回は動きのなかったおなかもよく動きました。

 前回指摘しておいたボディスーツをやめたので、指圧の効きがよくなりました。

 前回のように痛がることがなかったのは前回の指圧で大きな詰まりがとれていたからなのでしょう。タッチもごく弱くしておきました。

 強く圧さなくても肩こりは楽にできます。

 喘息もあるので、少しずつでいいからといくつかの上肢下肢のエクササイズを覚えていただいて指圧を終えました。

 横紋筋のエクササイズで平滑筋の筋力もつけて、免疫力を強くしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

配布Tシャツで30人に皮膚炎、マラソン大会で115人がスズメバチに刺される、予想できないことが起こるのが常。

 

912 今朝の日の出

 今朝は雲が多く、写真は田んぼの間の小道をウォーキング中の5時半くらいの太陽です。

 今朝は「スタンドアップパドルボードの大会で主催者から配布されたTシャツを着た30人が皮膚炎を起こし一人は入院した」というニュースと、「飛騨のマラソン大会で115人がキイロスズメバチに刺された」というニュースをテレビで知りました。

 予想外のことが起きるのが世の常なのですね。

 大会の雰囲気の中ではゼッケン替わりに配布されたTシャツを疑うことなく着るのが普通です。

 マラソン大会では係の人が前日にコースの下見をしたそうですが、橋の下にできたスズメバチの巣を見つけることはできませんでした。

 大勢のランナーが橋の上を通過した時にスズメバチが振動で興奮して襲ってきたようです。

 普通は予想しないことが起きたら、それは今後自分にも起きるかもしれないと思っていたほうがいざという時の対応に間違いが少ないはずです。

 いろいろな会場で配られるTシャツの検査はこれをふまえて厳しくなり、飛騨のマラソン大会の下見は今後は橋の下もチェックするでしょう。

 事故に遭った後の苦しさよりは、気苦労が一つ二つ増えたほうがましです。

 河童や天狗の言い伝えは、川や山を甘く見てはいけないという戒めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

転倒後リハビリ中の男性45回目の指圧、無事に旅行ができました。  

911 曼珠沙華のつぼみ

 今朝は雨が降ったりやんだり、家で2本目の曼珠沙華を見つけた後、ウォーキング中は雨に降られました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で45回目の指圧、温泉旅行へは無事に行ってこられたということで、ベッドの仰向けの姿勢は歪みが少なく、左膝の屈曲もごくわずかでしたから膝裏にサポートクッションをせずに指圧を始めました。

 特に麻痺側の右下肢の状態が良く、横臥位の指圧で腰に痛みもありませんでした。

 左足の甲には車椅子に乗った時に履くサンダルとの擦れでかさぶたができていて、左足の甲はむくんでいました。

 おなかの指圧では下肢に過伸展の緊張が走りました。

 左肩上部の指圧ではガスが出ました。胃腸の働きは良くなっています。

 ラベンダーのオイルマッサージでは、麻痺側の右手尺側で感覚がまだ鈍いようです。

 むくんでいた左足の甲はオイルマッサージの頃にはむくみが解消されていました。

 旅行に出かけられたことが自信になってくれるといいのですが、温泉では部屋のシャワーですませたとのことでした。

 バリアフリーを考えて車椅子の方も利用しやすい温泉施設は少ないですし、泊まっている部屋のお風呂に入るにしても家族の介助は大変です。

 私は旅行が体にプラスに働いたと感じたのですが、御本人の実感としては手放しで喜べるまでではなかったのかなと思いました。

 筋肉や体の様々な部位は良くなってきているので、転地療養というチャレンジも続けていただきたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

妊活の大詰め前日の指圧。

910 雲の上には青空
 今朝は黒い雲の向こう側に 太陽が少しだけ顔をのぞかせました。

 黒い雲を見つめるのではなく、雲の上にはいつも青空があることを忘れないことで気持ちの落ち込みを盛り返すことができます。

 昨日は「明日受精卵をおなかに戻す」という妊活中の御客様に指圧をしました。

 ホルモン治療と妊活のための退職(ストレスからの解放)で太りました。

 そして前回の指圧の時よりも太って見えました。

 運動のためウォーキングをした後だったので熱がこもっていて、主訴は頭痛です。

 右肩から右腰のこりがあって、比べると右半身の使い過ぎのこり、左半身の使わな過ぎのむくみという状態です。

 指圧前、伏臥位から仰臥位に移る時、指圧後とトイレに行ったので、むくみを溜めていたことは明らかです。

 しかし、前回指摘しておいたワンダーコアの腹筋運動が背筋に効いているので動きをもっとゆっくりさせる7秒トレーニングアドバイスしたところ、それを守って腹筋がついていました。

 仕上げに股関節のストレッチと骨盤矯正をして指圧を終えると、ズボンがゆるゆるになっていました。

 血液検査の結果によっては先に延びることがあるそうで、成功率は30~40%と言われていますが、私は良い状態に体が仕上がったと感じています。

 成功をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

運はガムシャラの味方 君にできるすべてのことをやれ…秋元康。

99 今朝の群馬の山

 今日9月9日は縁起の良い陽の数字奇数の中で最も大きい9が重なる重陽の節句です。

 重陽は不老長寿を祝う日とされています。

 縁起の良い日というのは反転して悪いことが起こらないように注意が必要です。

 秋元康さんが作詞した『チャンスの順番』という歌に、「運はガムシャラの味方 君にできるすべてのことをやれ」というフレーズがあります。

 自分からあきらめて運を手放してしまわないように、やれるだけのことを精一杯やりましょう。

 きれいな空です。皆様に良い事がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

本日休診のお知らせ。

98 今朝のジャガイモ

 本日は都合によりお休みとさせていただきます。

 明日は通常通り朝9時から指圧をさせていただきます。

 今朝6時、庭のジャガイモの葉っぱが小雨に濡れています。このまま大雨被害のないことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

50代女性、グリーフケア(悲しみのケア)研修後の肩から背中のこり。

Photo 白露の朝は雨

 今日は二十四節気の白露、台風の影響で雨が降っています。

 昨日は5年ぶりに50代女性の看護師さんが肩から背中のこりで指圧にいらっしゃいました。

 一週間の「グリーフケア」の研修合宿をしてきた翌日だということで、気が張っていたこともあるのでしょう、肩から背中は確かにこっていて、座っている時間が長かったため下半身はむくんでいました。

 グリーフケアは、大切な人を亡くした人が「悲嘆とともに生きる」ための支えとなる心のケアです。

 傾聴の中からセラピストに浮かびあがった「悲しみを抱えた人が生きやすくなるためのヒント」をお伝えすることもあるようです。

 最後にこの御客様に指圧をした5年前には東日本大震災がありました。

 様々な種類のケアやセラピーには、お話を聴くことで体と心のストレスを解放するということが含まれています。

 2年のコースで大学で勉強中ということで、病院での傾聴の実習や合宿の集団生活でお疲れです。

 全身指圧後、体はゆるみ、ずいぶん疲れた顔に笑顔の余裕ができました。

 5年の間が空きましたが、名前を毎朝思い出すことにしている100人くらいの人の中に入っている大切な御客様です。

 「忘れない」ということがセラピーに大切なように、それはグリーフケアにも共通することだと思います。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

出産後4週の指圧、右胸の痛み、片頭痛、寒気、赤ちゃんを一緒に寝かせて。

96 庭に彼岸花が

 例年より早く庭に彼岸花が咲きました。台風続きの不安定な気候で、彼岸花は秋が深まってきたと感じたようです。

 昨日は8月に出産した御客様が今週末に生後1ヶ月となる4kgの赤ちゃんを連れて、御母様の運転で指圧にいらっしゃいました。

 主訴は右胸の痛み、乳腺炎かもしれないということですが、寒気と右の片頭痛もあって風邪の引き始めのようでもあります。

 セミダブルの指圧マットに仰臥位で体を伸ばしたママの右横に赤ちゃんを寝かせて、仰臥位左下肢からの指圧です。

 左下肢は全体的にむくんでいて、足趾の指圧では足趾関節がポキポキと音を立てました。

 右の大腿前側と下腿前側は硬くなっていて、右足底の指圧でも硬さがありました。

 授乳姿勢や抱き上げる時の右半身の使い過ぎ、左半身の使わな過ぎがあります。

 右胸の痛みは乳腺炎ではなく小胸筋のこりのようです。

 伏臥位の指圧、横臥位の指圧で肩甲間部の血行を促進し、乳房の詰まりを流します。

 赤ちゃんは指圧中一時間ほどぐっすりと眠り、帰るので抱き上げる時にもまだ眠たそうでした。

 BGMは、まだお腹にいる時の指圧でかけていた『calm the mind』にしました。

 指圧前は芳香浴のアロマミストでローズマリー・シネオールを使っていましたが、赤ちゃんをマットに寝かせたタイミングでアロマミストを止めました。クールな香りは目が覚めやすくなります。

 母子ともによく眠り、出番を待っていた御母様には手持無沙汰だったことと思います。

 分娩体勢に入ってから15分で産まれたという赤ちゃんに、こんなに早く会えるとは思っていませんでした。

 命は希望の光です。

 生まれてきた命に心の中で頭を下げながら、おなかと背中に触れさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

台風の影響、今朝は湿度が高く蒸し暑い。

95 蒸し暑い朝

 台風12号の影響で蒸し暑い朝です。

 午後には真夏並みの気温になる予報です。

 涼しさで一息ついた体にはつらい一日になるので、無理なさらぬよう体調の変化にはくれぐれもお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

転倒後リハビリ中の男性44回目の指圧、おなかの動きがよくなりました。

94 庭の柿

 庭の柿が色付いてきました。今朝の西の空には厚い雲、ウオーキングの帰りにはにわか雨が降ってきました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で44回目の指圧、指圧は一週間に一回になりました。

 仰臥位の姿勢は脊柱の左側弯や左下肢長の短縮がほとんど気にならないレベルになっています。

 最初の右大腿前側「胃経」の指圧で、いきなり胃腸が大きな音を立てて動きました。

 昨日の指圧では今までにないくらいおなかが鳴る音が聞こえました。

 一週間間を空けることで体が指圧を欲して、交感神経の緊張がゆるみやすくなったということもあるかもしれません。

 腹部の指圧で下肢伸展の過緊張もなく、腰神経にあった詰まりがとれて、胃腸が働きやすくなったように思います。

 月・火と息子さんが車で旅行に連れていってくれるそうで、最良の状態で旅行に出かけられそうです。

 お盆前には旅行に出かけるのが心配だったようですが、涼しくなり、リハビリに真面目に取り組んでいらっしゃることもあって、体にも心にも良い変化があったようです。

 旅行をきっかけに右手、右足の感覚がもっとはっきりしてくるかもしれません。

 ラベンダーのオイルマッサージで右手、右足を刺激して指圧を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

秋の体に変わる頃。

93 今朝 雲間の太陽

 九州に台風12号が近づいていて、関東地方でもこの先一週間は雨や曇りの天気になりそうです。今朝は日の出から蒸し暑くなってきました。

 9月に入って深夜や早朝の気温は涼しく快適で、日の出の時刻が5時過ぎになったこともあって体内時計が秋時間になってきたのでしょう、目覚める時間が遅くなってきました。

 ここで気候の変化に順応できる人は体の不調を感じなくてすみます。

 気候の変化を感じていない人は、ストレスや疲れが溜まっていたり、思わぬ怪我や病気になってしまうことがあります。

 デスクワーク中心で仕事をしている方が熱中症予防で塩分と水分を真夏並みにそのまま取り続ければ、むくみが生じたり、血圧が高くなることもあります。

 台風が秋を連れて来るので、夏から秋への体の変化に注目してください。

 秋にはイネ科の花粉症だけではなく、季節を間違えたようにスギの花粉が飛ぶこともあるようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「便秘解消の腹部以外のツボ」。

92 清々しい朝

 今朝は清々しい朝の空気を一杯に吸ってウォーキングをしてきました。

 昨日は飯能生活の木で「便秘解消の体幹と四肢のツボ指圧」をテーマにアロマ指圧講座をしてきました。

 示指から上肢外側を上行する大腸経の筋肉の働きは、上肢を斜め上に広げて座位の猫背手仕事姿勢をストレッチすることにあります。

 大腸経のツボ「合谷」は母指と示指の間の背側骨間筋上にありますから、合谷のツボ指圧は示指を外転させる背側骨間筋を他動的にエクササイズしたことになります。

 また、前腕外側から肘関節の橈側手根伸筋上にある「手三里」「曲池」の指圧は手関節の背屈+撓屈をする刺激となっていきます。

 上腕三頭筋上では肘伸展、小鼻の横の「迎香」では上唇鼻翼挙筋のエクササイズとなり、大腸経の指圧は猫背を矯正し、たるんだ二の腕や顔を引き上げることになります。

 猫背で下腹部に垂れて重なった胃腸を引き上げることにもつながっていくのが大腸経の指圧です。

 背中では交感神経の興奮を鎮め内臓反射も期待して膀胱経の脊柱外側1寸5分の10点と、脊柱外側3寸で背中側にもぐりこんだ上行結腸上部と下行結腸上部を刺激できる「肓門」「志室」の指圧をしました。

 また腹部の基本指圧も行い、最後に下腿前側の胃経「足三里」と下腿内側の脾経「三陰交」、手関節掌側で尺側の「神門」にマジョラム+フェンネル+スイートアーモンドオイルを使った便秘のアロマ指圧を行いました。

 便秘の原因には、加齢的な胃腸の平滑筋の働きの衰え、自律神経の乱れ、排便反射が脳に伝わらない(直腸性)、薬の副作用、大腸癌や腸閉塞などの腸の病気などがあります。

 おなかを強く揉むだけでは便秘の解消にならないことは多くの症例を経験していれば明らかなことです。

 大事なことは体の解剖学的+生理学的理論にのっとったタッチをすることです。

 力ではなく、体の様々な方向から、気持ちのいい刺激のタッチをして詰まりや歪みを取り除いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

防災の日、体を動かせるように整えるという備え。

91 9月1日朝の空

 今日から9月、空気は涼しく蒸し暑さもない気持ちのいい朝です。

 台風10号は北海道と東北に大きな被害をもたらしました。

 今日は防災の日、避難勧告の指示がなくても自分で判断をして早いうちに安全な場所へ避難するということが必要なのだと今回の台風ではニュース映像で見せつけられました。

 万が一の事態に備える食料などの備蓄だけではなく、動ける体に整えておくことも命を守るのに重要です。

 岩手のグループホームで9人もの方が避難できずに亡くなられたことは、高齢者や寝たきりの方の避難が遅れてはいけないという罪のない犠牲者から得た今後の災害時に忘れてはいけない教訓です。

 今日の午後は飯能生活の木でアロマ指圧講座をしてきます。

 今回のテーマは秋に向けて体調を整える便秘解消のアロマ指圧です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »