« 転倒後リハビリ中の男性48回目の指圧、介護申請が要支援になっても困るということ。 | トップページ | ノーベル賞の「オートファジー(細胞の自食作用)」、指圧マッサージで活発になるのでは。 »

2016年10月 3日 (月)

「自由度を増すために関節を作る。その関節が弱い」松本人志。

103 カボチャ

 畑を越えて庭に3メートルも伸びてきたカボチャです。今日の午後は雨になる予報です。

 昨日フジテレビの「ワイドナショー」で事件や事故の続いた福山雅治さんのことを松本人志さんが関節にたとえたコメントが秀逸でした。

 「一筋の道を進み続けるのはしんどいので自由度を増すために関節を作る。しかしその関節が弱い」

 人気スターの結婚を関節にたとえたコメントです。

 確かにミミズのような生き物から進化して触手が伸びるようになり、さらに骨ができれば関節もあったほうが動きに自由度が増します。

 体を鍛えている松本さんだから関節を痛めたりして実感していることもあるのでしょう。

 自由度を増すために関節を作るという神の高さからの発想に非凡さを感じました。

 現状を打破して、関節を作り、その関節の弱さにも注意をはらっておくということは、カウンセリングなどでも応用できそうです。

|

« 転倒後リハビリ中の男性48回目の指圧、介護申請が要支援になっても困るということ。 | トップページ | ノーベル賞の「オートファジー(細胞の自食作用)」、指圧マッサージで活発になるのでは。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64292139

この記事へのトラックバック一覧です: 「自由度を増すために関節を作る。その関節が弱い」松本人志。:

« 転倒後リハビリ中の男性48回目の指圧、介護申請が要支援になっても困るということ。 | トップページ | ノーベル賞の「オートファジー(細胞の自食作用)」、指圧マッサージで活発になるのでは。 »