« 「腰痛が悪化しないうちに…」の指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性2週間ぶり53回目の指圧。 »

2016年11月12日 (土)

右肩こり、高速道路渋滞1時間で足のしびれ。

1112 ブルーベリーの紅葉

 今朝の気温は10℃以上で暖かく、日の出からだんだんと靄が広がっていきました。ブルーベリーの葉は紅く色づきましたが、紅葉が里に広がるのはもう少し先のようです。

 昨日11時の予約をいただいた40代女性、関越高速道路の事故渋滞で、到着したのは12時を回っていました。

 月に2回ほど関越を使って指圧に来ていただいています。

 主訴は右肩こりだったのですが、渋滞中トイレを我慢しているうちに足がしびれてきたそうです。

 排尿を我慢し続けると痛みが生まれ、尿管から腎臓まで痛みが上行していきます。

 腎臓、膀胱の反射で筋肉が緊張して腰痛となり、坐骨神経症状の足のしびれとなったようです。

 着いてすぐにトイレに行き、伏臥位の指圧が終わったところでもトイレに行きました。

 坐骨神経に沿った下肢後側に強い筋緊張や痛みはなく、肩から腰までの筋肉に大きな異常はありませんでした。

 昼食前の指圧なのでいつもは仰臥位大腿前側「胃経」の指圧でおなかがグーッと動き始めるのですが、今回は強いストレスが直前にあったため上肢「大腸経」の指圧までおなかに動きはありませんでした。

 指圧後に、おなかの動きがいつもほど活発にならなかったことを心配されていましたが、「肩はゆるんでいるし、トイレの我慢が主訴を忘れさせるくらいのことだったので、一時間くらいしたら体の緊張がゆるんでおなかが減ったなぁーと思うはずです」と申し上げました。

 指圧の終わりが結果の全てではなく、老廃物が流れ、緊張がゆるむのに時間がかかることもあります。

 予期せぬことが起こるのが世の常です。何事もあわてず、余裕を持って。

 セラピストは結果がその場ででなくても、できる限りのことをしたのなら、タッチの効果と人間の体の回復力を信じてください。小手先でこねまわすような付け足しはいりません。
 
 

|

« 「腰痛が悪化しないうちに…」の指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性2週間ぶり53回目の指圧。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64477680

この記事へのトラックバック一覧です: 右肩こり、高速道路渋滞1時間で足のしびれ。:

« 「腰痛が悪化しないうちに…」の指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性2週間ぶり53回目の指圧。 »