« 気をつけをして中指の先端が当たる位置のツボ「風市(ふうし)」が脳血管障害後遺症のツボとされる理由。 | トップページ | 正確なツボの取り方を知った上でツボをはずすということ。 »

2016年12月14日 (水)

雑誌「毎日が発見」1月号、立っているだけダイエット。

1214 雨上がり濡れ落ち葉

 今朝は6時半を過ぎて雨が上がり、やっと明るくなってきました。風はなく、濡れ落ち葉の吹き溜まりが道の端に続いています。

 今朝の新聞広告で、雑誌「毎日が発見」1月号のトップ記事が「立っているだけ」ダイエットでした。

 いずれはどこかの健康雑誌で取り上げるだろうとは思っていましたが、旬のうちにということなのでしょう。

 座っている時間が他の国民と比べても長いとされている日本人ですから、立っているだけで健康になりダイエットになるなら記事の内容が気になる人が多いと思います。

 おそらく「しっかりと立つ」という条件がついて、踵をつけて爪先を開きお尻とおなかを締めて背中を伸ばし肩甲骨を寄せ、顎を軽く引き、頭頂部で天をつく、くらいの注釈がついているのではないかと思います。

 今日は往診の日なので書店で確かめてみます。

|

« 気をつけをして中指の先端が当たる位置のツボ「風市(ふうし)」が脳血管障害後遺症のツボとされる理由。 | トップページ | 正確なツボの取り方を知った上でツボをはずすということ。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64623313

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「毎日が発見」1月号、立っているだけダイエット。:

« 気をつけをして中指の先端が当たる位置のツボ「風市(ふうし)」が脳血管障害後遺症のツボとされる理由。 | トップページ | 正確なツボの取り方を知った上でツボをはずすということ。 »