« 70代男性、布団を上げようとして軽いぎっくり腰、指圧で治ったケース。 | トップページ | 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 »

2016年12月27日 (火)

出産後10ヶ月、左殿部仙腸関節周囲の痛み、右手指の腱鞘炎、泣きっぱなしの赤ちゃんもいて…。

1227 強い南風の予報

 今朝の雲はゆっくりと南から北へ動いていました。強い南風が吹く予報です。

 昨日は年末で帰省した20代女性の指圧、出産後10ヶ月たちましたが、左殿部の中殿筋や仙腸関節付近の痛みは続いていて、起きた時には右手の握力が出せない腱鞘炎の症状も続いています。

 一緒に来た赤ちゃんは人見知りが激しく泣きっぱなしで、先に寝かせてしまおうと思って触ると、触られることを嫌がってずり上がって逃げていきます。

 アレルギーはないとのことですが、かなり疳が強く、触られるのが嫌いな傾向というとアスペルガー症候群を思い浮かべましたが、目から強い意志が感じられるので、「嫌なことは絶対にいや、ごまかされないぞ」という気持ちがとても強いのでしょう。

 それでも一瞬は指圧中のにらめっこ対決で小さく笑わすところまでいけたのですが、結局強い意志のもと、後半は涙も流さずにイヤイヤ宣言を続けました。

 ラベンダーとオレンジの芳香浴にしていたので眠くなるはずですが全く効果なく、電気を消して部屋を暗くすることは少しお気に召したようです。

 赤ちゃんは便秘だそうで、あれだけ泣き続けて脚がやや冷たいのは便秘が原因なのかもしれません。

 腸に通過しにくいポイントがあるかもしれないので、仰臥位で腰の上部を持ち上げる指圧で背中側から上行結腸と下行結腸の上部を刺激することをお薦めしました。

 左殿部と右手の指圧は赤ちゃんが泣き続けていても支障なく順調に終わり、いくつかのストレッチを終えると、こっていた首・肩・腰はゆるんでいました。

 体は妊娠前と同じ状態に戻っていますが、抱っこなど手や腰にかかる負担は赤ちゃんの体重が増えたこともあって減ることはありません。

 もう少しお母さんから離れていられるようになるといいのですが、今はお母さんとくっついていたいようです。

 今まで赤ちゃんやペットがいる環境で指圧をしてきて、それを物ともせずに指圧をし、コミュニケーションをとってきたという記憶しかないのですが、強敵が現れました。

 次回はいろいろ仕込んでおいて、何とか友好関係を築きたいと思っています。

 「道場の試合では勝てても、野原の果たし合いでは勝てない」と言われるような条件の整わない環境でも成果を出せるセラピストでありたいと思っています。

|

« 70代男性、布団を上げようとして軽いぎっくり腰、指圧で治ったケース。 | トップページ | 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64681591

この記事へのトラックバック一覧です: 出産後10ヶ月、左殿部仙腸関節周囲の痛み、右手指の腱鞘炎、泣きっぱなしの赤ちゃんもいて…。:

« 70代男性、布団を上げようとして軽いぎっくり腰、指圧で治ったケース。 | トップページ | 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 »