« 昨日のアロマ指圧講座「片頭痛と胆経」。 | トップページ | カレンデュラ。 »

2016年12月23日 (金)

60代女性、左手に走るピリピリとした痛み、脳血管障害が心配で指圧に、中枢性か末梢性か。

1223 暖かくて朝靄が

 今朝は暖かくて朝靄が畑から湧き上がっていました。

 60代女性、左手に走るピリピリとした痛みが1ヶ月前からあって、脳の病気が心配で指圧にいらっしゃいました。

 頭痛や吐き気の訴えはなく、顔の歪みや会話の異常もありませんでしたし、1ヶ月たっても重篤な症状にはなっていないので、中枢性(脳)の問題ではなさそうです。

 座位では脊柱が右に側弯し、右腰のこりと、左の頸部から肩、鎖骨下部外側の小胸筋、左上腕へと続くこりがありました。

 左手に走るピリピリとした痛みは首から延びた末梢神経(腕神経叢)を首・肩・前胸部のこりが圧迫して起こった神経症状と考えるのが妥当です。

 右手の使い過ぎ、左半身の使わな過ぎ、上半身を使い、下半身を使わないというアンバランスが明らかです。

 全身指圧、脊柱のストレッチに加えて、便秘にも悩んでいるとのことなので、便秘にも腰痛にも効く全身のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

 左小胸筋のこりからは、猫背で左肩が内転内旋で固定されて体の前で左肘を曲げて動かさない姿勢が診えてきます。

 肘を後ろに伸ばして大股で胸を張って歩くことをしていないのがわかります。

 指圧後には神経症状は消えていますから、正面を向いて姿勢良く大股で歩くことを続けていけば、姿勢の悪さから起こる神経症状にも便秘にも効果があります。

|

« 昨日のアロマ指圧講座「片頭痛と胆経」。 | トップページ | カレンデュラ。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64661950

この記事へのトラックバック一覧です: 60代女性、左手に走るピリピリとした痛み、脳血管障害が心配で指圧に、中枢性か末梢性か。:

« 昨日のアロマ指圧講座「片頭痛と胆経」。 | トップページ | カレンデュラ。 »