« 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 | トップページ | 70代男性、腰痛は治る、肩から上腕のこり、右母趾付け根の痛み。 »

2016年12月29日 (木)

サザンの野沢さんが書いた腰痛本『毛ガ二の腰伝説』、「ゴッドハンド(なのかどうか)はあなた次第」の文章、セラピストが謙虚であるために読んでほしい腰痛に悩む方の本音。

1229 今朝 東南の空

 今朝は薄氷、霜、きれいな朝焼け、肌が引き締まる冬の朝です。

 昨日は往診前に書店に寄って、サザンオールスターズのパーカッションを担当する野沢秀行さんが書いた『腰痛に負けない体を無理せずつくる! 毛ガニの腰伝説』(KADOKAWA 1726円)という本を見つけました。

 野沢さんは31才で椎間板ヘルニアを発症して1986年に手術し、その後も体操やストレッチなどの腰痛対策を続けて「腰痛は治すものではなく、いかに付き合っていくかが大切」という心境で音楽活動を続けているようです。

 私の目が止まったのは「第5章 腰痛に大丈夫なんてない」の中の「ゴッドハンドはあなた次第」という文章です。

 野沢さんは知人の紹介で数々の" ゴッドハンド "の治療を受けたそうで、時には遠方まで出かけ、時には電話で遠隔治療をされたりもしたそうですが、どれも心からの納得は得られなかったようです。

 たまたま昨日の往診でも検査のデータからの科学的な分析にもとづく治療の正解が、必ずしも患者さんの望む治療ではないという切実な声を聴いてきました。

 自分の手技のテクニックが一般のセラピストの技術水準を超えていたとしても、患者さんに(特に心に)響かなければ、それは新人セラピストの手技と大差ないのです。

 私がたびたびお話する「セラピストは受け手の感受性に助けられている」というのもそれです。

 受け手に響く手技であってこその" ゴッドハンド "で、多くの人がそれを認めていたとしても、その日その時の受け手に認められなかったとすれば、それは素人の手技と変わらないのです。

 セラピストが思い上がらないために、読んでいただきたいお薦めの本です。

|

« 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 | トップページ | 70代男性、腰痛は治る、肩から上腕のこり、右母趾付け根の痛み。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64689605

この記事へのトラックバック一覧です: サザンの野沢さんが書いた腰痛本『毛ガ二の腰伝説』、「ゴッドハンド(なのかどうか)はあなた次第」の文章、セラピストが謙虚であるために読んでほしい腰痛に悩む方の本音。:

« 50代女性、右のすねがつりそう、右殿部から走る痛み、左足底の炎症。 | トップページ | 70代男性、腰痛は治る、肩から上腕のこり、右母趾付け根の痛み。 »