« たべるマスク シールド乳酸菌タブレット。 | トップページ | 50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、先週よりさらに症状改善。 »

2017年1月20日 (金)

40代女性、右首から肩のこり、患者さんを抱き起す時に顎が上がる。

119 紅梅やっと一輪

 昨日庭の紅梅がやっと一輪開きました。大寒の今朝はくもりで雪がちらつくかもしれないという予報です。

 40代女性看護師、右首から肩にかけてこっていて、気持ちが悪いということで指圧にいらっしゃいました。

 座位では脊柱が右に回旋し顎が上がっています。右の首から肩上部にかけてこっていて、座面の体重は右殿部にかかっていて右殿部もこっていました。

 患者さんをベッドから抱き起す時に、かがんで右手を差し入れて顎を上げて引き上げていて、この動作の繰り返しが寝違えの時のようなこりと、むち打ちの後遺症のような気持ちの悪さとなったようです。

 伏臥位の指圧では右の首、肩、背中、殿部、大腿後側とこっていました。

 スクワットのような動きが首肩だけでなく股関節伸展の負担にもなったようです。

 御自分でもヨガなどをされている方ですが、自分ではメンテナンスしにくい筋肉もあるので久々の指圧がよく効きました。

 指圧後は上がっていた顎が引けて、脊柱回旋で後ろにきていた右肩も骨盤と平行になり、どうやら気持ちの悪さも治まっているようです。

 患者さんの中には重たい人や体を密着させにくい人がいて、重量挙げのような力が右半身にかかることもあるのだろうと思います。

 それでも腰を痛めていなかったのは腰痛にならないような注意はしていたのでしょう。

 看護や介護の仕事はベテランが気をつけていても体を痛めることがあって本当に大変です。

 寒い日が続くので不調を感じたら早目にメンテナンスにお越しくださいと申し上げました。
 

|

« たべるマスク シールド乳酸菌タブレット。 | トップページ | 50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、先週よりさらに症状改善。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64785696

この記事へのトラックバック一覧です: 40代女性、右首から肩のこり、患者さんを抱き起す時に顎が上がる。:

« たべるマスク シールド乳酸菌タブレット。 | トップページ | 50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、先週よりさらに症状改善。 »