« 『AEAJ(日本アロマ環境協会機関誌)』アロマとハーブで新春・早春のおもてなし。 | トップページ | 『ストレッチの科学』長畑芳仁監修 洋泉社 1200円+税。 »

2017年1月 4日 (水)

40代男性、胃炎・腰痛、今年最初の指圧。

13 又野先生の干支扇子

 毎年玄関に飾る『まんが日本昔話』の又野龍也先生の干支扇子です。年があらたまって、これから一年、御客様を出迎えてくれます。

 昨日は今年初めての指圧、年末に急性胃炎の症状で指圧をした40代男性から電話が来て、箱根駅伝の山下りのテレビ観戦モードから指圧モードに切り換えです。

 前回の指圧の時は強い口臭があって、心窩部痛があり、急性胃炎・逆流性食道炎が疑われました。

 いつもは指圧によく反応する方なのですが、胃腸が全く動かなかったことが御本人にはとても心配だったようです。

 年末年始に体を休められたことで、強い口臭はなくなっています。

 前回は肩から腰、下肢前側の胃経など、強い痛みを伴うこりが体中にありましたが、今回は首・肩・肩甲間部はゆるんでいます。

 腰椎は後弯していて腰の筋肉はこっていました。

 伏臥位の指圧からおなかが動き始めました。

 体に冷えはなく、仰臥位下肢の指圧では下腿前側の「足三里(慢性胃炎のツボ)」、足底の「裏内庭(急性胃腸炎のツボ)」に強い痛みがありました。

 おなかの指圧では季肋部、特に右の肝臓付近に痛みがあり、右の上行結腸では水の溜まっている振水音がしました。急性の症状から病気の治りかけた時に季肋部痛が生じることがあります。

 全身指圧後、前回から比べると7割程度は回復しているように感じましたが、三が日のうちに指圧に来た御本人には不安が溜まっていたのでしょう、その後もしばらくストレッチのことをいくつか聞いたりしました。

 抗生物質で体の具合が悪くなったことがあって、私の指圧で腰痛が楽になったので指圧を信頼してくれています。

 前回の急性胃炎の症状の指圧では胃腸が動かなかったことで不安になったようですが、薬も飲まずにここまで回復できていれば指圧がけっこう効いたのではないかと思います。

 痛みをあえて探さないようにといくつかの暗示をかけ、帰った頃には駅伝は戸塚中継所を過ぎていました。

|

« 『AEAJ(日本アロマ環境協会機関誌)』アロマとハーブで新春・早春のおもてなし。 | トップページ | 『ストレッチの科学』長畑芳仁監修 洋泉社 1200円+税。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64717699

この記事へのトラックバック一覧です: 40代男性、胃炎・腰痛、今年最初の指圧。:

« 『AEAJ(日本アロマ環境協会機関誌)』アロマとハーブで新春・早春のおもてなし。 | トップページ | 『ストレッチの科学』長畑芳仁監修 洋泉社 1200円+税。 »