« 映画「ブラインド・マッサージ」。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性60回目の指圧。 »

2017年1月14日 (土)

50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、3週間ぶりの指圧、症状改善を維持。

113 今朝6時半筑波山

 各地で大雪の予報ですが、今朝は月明かりで日の出前から筑波山がくっきりと見えました。

 昨日は年末年始の仕事の関係で3週間ぶりの指圧となった50代男性の指圧でした。

 指圧を始めた2ヶ月前は右足を引きずって歩くのが大変なほどの腰痛でしたが、指圧に来れない3週間の間にストレッチやエクササイズを続けていたそうで背中を伸ばすこともでき、症状は悪化していません。

 椎間板ヘルニアの診断がありましたが、おそらく今は椎間板による強い神経の圧迫はなく、右殿部以下の坐骨神経痛が残っている状態のようです。

 というのは、右下肢伸展挙上足背屈のストレッチと右中殿筋と右梨状筋の指圧以外では強い痛みは消えているからです。

 冷えもなく、頭ののぼせも、おなかの指圧での硬さもありません。

 こまめにストレッチやエクササイズを行うことで痛み物質や老廃物の排出が進み、傷ついた神経や筋肉の修復も進んでいるようです。

 全身指圧後、仰臥位と伏臥位の腰と殿筋のストレッチと、右膝の伸展で引っかかりがあったので右大腿四頭筋のエクササイズをして指圧を終えました。

 仕事が車の整備なので厳寒の今でこれくらいの画期的な改善があれば、暖かくなれば坐骨神経痛に沿った傷の痛みも消えているのではないかと思います。

 悪化していることを予想していましたが、想像以上に回復していて驚きました。

|

« 映画「ブラインド・マッサージ」。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性60回目の指圧。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64760708

この記事へのトラックバック一覧です: 50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、3週間ぶりの指圧、症状改善を維持。:

« 映画「ブラインド・マッサージ」。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性60回目の指圧。 »