« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

50代女性、右膝痛。

131 紅梅

 昨日の暖かさで紅梅の花が増えました。今朝は風がありますが氷が張る寒さではありませんでした。

 50代女性、主訴は右膝痛です。

 介護の仕事で抱き起す時などに、右手右足に体重がかかって、猫背で右肩は内旋しています。

 整形外科で右膝にはヒアルロン酸の注射を5回したということですが、運動法を教えてもらったことはなかったそうです。

 触診では右膝に水は溜まっておらず、膝の関節運動で強い痛みは出ませんでした。

 足は冷えていて、上半身がのぼせてこっていて、下半身がむくんでいます。

 伏臥位の指圧では内巻きになっている右肩よりも、使わな過ぎの左肩から左上腕のほうがこっていて、猫背の背中は硬くなっていました。

 右大腿後側がこっていたので、右膝軽度屈曲が常になっているようです。

 仰臥位の指圧では両大腿四頭筋の衰えが明らかで、猫背によるO脚は大腿外側の緊張を生み、膝関節内側の負担になっています。

 全身指圧後、仰臥位下肢伸展挙上足背屈の大腿四頭筋のエクササイズを覚えていただき、8秒で挙げて8秒で戻す×10回を朝晩やっていただくことにしました。

 また座位で右大腿後側遠位を両手で持ちあげて右下腿をブラブラさせる運動を覚えていただき、起きた時や歩き出す前にやっていただくことにしました。

 膝の軟骨は多少擦り減っているかもしれませんが、大腿の筋力増強で痛みは減ってくるでしょう。

 本当に症状の重い方はもっと痛いので、こんなに指圧をさせてはもらえません。

 毎日のエクササイズで症状は改善できるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

今日の日中は4月の気温、夜は冬に逆戻り、血管ストレス。

130_2 庭の草

 朝日が当たる東側の庭草、物置が風よけになっているので春を感じて茂ってきました。

 今朝は暖房なしでも室内の温度計が10℃近くをさしていました。日中は4月並の気温が予想されています。

 しかし夜になると冬の気温に戻るそうで、これは大きな血管ストレスです。

 今日の日中の気温が気持ちのいい刺激の指圧を受けた時の血管の状態、今日の夜の気温が強過ぎる圧迫を受けた時の血管の状態です。

 こっている筋肉が強過ぎる刺激を受ければ「寒さに震えているのと同じ」ということがわかれば、手当て(触圧刺激)の本質がわかります。

 風が当たり霜が降りる日陰のミントはまだ青々としてきていません。

 血管がゆるまない寒さに体をさらしたくない人間と日陰のミントは同じです。

 気持ちがいいから体はゆるみ、人間が暖かい日に血管がゆるむように、暖かい場所では草が育っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

転倒後リハビリ中の男性62回目の指圧、合谷の圧し方。

129 庭の紅梅

 庭の紅梅が開いてきました。昨日の暖かさが今朝も続いています。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で62回目の指圧、指圧中は奥様がウォーキングに出かけられて、束の間の解放感を得られたようです。

 全身指圧、ラベンダーの手足のオイルマッサージ後、打撲側の左膝がよく伸びていました。

 麻痺側の右足は冷えていましたが、オイルマッサージで温かくなりました。

 おなかの指圧で下肢に緊張が走ることなく、脈は1分間に60くらい、指圧中は眠り、今までで一番体調が良かったと感じました。

 話は変わって、今朝の「健康カプセル!ゲンキの時間」では血圧は合谷の指圧で下がるということを紹介していましたが、指の股を圧していました。

 合谷は背側骨間筋に取りますから、母指と示指の間の水かきの部分を圧すのは間違いです。

 ずれた部位を圧すので、効いたと感じるには無駄な指力で圧すことになります。

 握手をする形で示指側面の延長を圧せば力はいらないのです。

 また話の流れからは手掌と足底の動静脈吻合を指圧することで血圧を下げるということになるかと思っていました。

 ずれた合谷を圧して血圧が下がるのであれば、正確にとらえれば指力で圧すことによる筋緊張もなく、背側中手動脈をとらえてもっと血圧が下がるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

50代男性、右殿部下肢痛残る、ヘルニアや脊柱管狭窄症は考えなくていい。

128 はなかんざし開く

 “冬の妖精”はなかんざしの花がやっと開いてきました。昨日の暖かさが影響して今朝は霜が降りず、氷もはっていませんでした。

 右殿部下肢痛の50代男性、一週間ぶりの指圧です。

 午前中の仕事の後なので、座位の触診では右腰と両肩がこっていました。

 右殿部中殿筋を中心として神経の傷がある時の痛みなので、今回は初めて横臥位から指圧を始めました。目的は中殿筋に体重移動の垂直圧を今までよりもしっかりと入れてみることです。

 予想通り、横臥位の垂直圧では両肩と右殿部に強い痛みがありました。横臥位の指圧は首から殿部までとし、基本指圧の一部位に対して3回で終わりにして伏臥位に移ります。

 筋肉に当たる角度が違うので横臥位では今まで受けたことのない刺激になりましたが、伏臥位の指圧では両肩も殿部にも強い痛みはもうありませんでした。

 全身指圧、仰臥位、伏臥位のストレッチ後、今回は棒を使って立位で体幹を回すストレッチも行いました。

 立位のストレッチは仕事に合い間に1分程度行っておけば肩、腰、殿部、下肢の疲労の蓄積を遅らせることができます。

 全て私が毎朝行っているストレッチですから、腰痛への効果は間違いありません。

 病院の診断では椎間板ヘルニアで、脊柱管狭窄症の疑いもあるとのことでしたが、2ヶ月前の最初の指圧後には背中を反らせることも曲げることもできるようになっています。今は椎間板の逸脱や骨による神経の圧迫は問題にしなくていいと思います。

 ここからは神経や筋肉、血管の修復ですから時間がかかります。

 前回の指圧の時よりもさらに良くなっているので、ストレッチを続けることで酸素と栄養を患部に送り込んで組織の修復を続けていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

20代女性、雪道の運転で車がスリップ、右首痛、寝違え症状、一回の指圧で治る。

127 雲多くても光もある

 
 今朝の空は9割が雲、それでも朝の光が東の地平線を縁取っています。雲を見るのか、光を見るのかで気持ちは違います。

 10日前に山陰地方の大雪の道で車がスリップし、右首を痛めた20代女性、顔を左右に向ける首の回旋で痛みがあります。

 座位の触診では右肩が上がっていて、右後頸部から肩上部の指圧で痛みがあります。

 ほぼ全身がむくんでいて、特に左上腕がむくんでいます。右手の使い過ぎ、左手の使わな過ぎ、下半身の使わな過ぎがベースにあったうえでの急ブレーキによる軽いむち打ち症状で、寝違えで枕から頭が落ちて首を痛めたような状態です。

 吐き気や頭痛、めまい、手のしびれや直腸・膀胱症状はないので、大きく神経や骨を傷つけたようなことはないはずです。

 伏臥位から始め、弱い力で広い密着のある指圧を位置をわずかにずらしながら首から肩上部、肩甲間部に繰り返していきます。

 車のスリップで首を痛める以前から右の肩甲挙筋と僧帽筋はこっていて、溜まった老廃物が首の動きの邪魔をしているようです。

 全身指圧後、座位で右上肢を斜め上にテニスのバックハンドのように振り上げてもらうと、肩関節周囲がバリバリという音を立てます。

 指圧後はトイレに行き、むくみと老廃物が排出されましたが、バックハンドの肩伸展外転外旋方向へのストレッチをしてくださいとアドバイスさせていただきました。

 一回の指圧で首が動かせるようになったと後でお母様からうかがいました。

 大事故にならずに、寝違え症状ですんで本当に良かったです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

80代女性、往診のお茶飲み話。

126 群馬、新潟の山

 今朝は北の三国峠のあたりの雪をかぶった山がよく見えました。日中は暖かくなる予報です。

 昨日は2週間ぶりの80代女性の往診、「整形外科に首吊りに行っている」というのが何度聞いてもスパイシーな笑いをさそいます。

 首の牽引の効果はともかくとして、それが外出の理由になり運動になっているのは良いことだと思います。

 左側頸部から肩のこりと左殿部に坐骨神経の痛みがありました。

 指圧中はウトウトし、全身指圧を終えるといつものようにお茶をいただきました。

 お菓子をいろいろと用意してこの時間を楽しみにしているということを娘さんからうかがっているので、むしろこちらが施術のメインになってきています。

 指圧中は昼寝をしていた旦那様も加わって、昔の話、転勤で住んだ土地の話、近所の人の病気の話、世界地図が出てきてシルクロード西から東へ馬で横断した日本軍人の話など、人が生き生きとするとはこういうことかと思います。

 このあたりの話したいことを話してもらう時間と空間の作り方のスキルが上達すると指圧マッサージの効果はとても上がると思うので、いつか講座でお話できればと思います。

 広島の牡蠣と名古屋のちくわなどのお土産をいただいて、ケーキや和菓子や果物やお茶でおなかパンパンになって帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

50代男性、右腰から殿部、下腿前側の痛み、ポイントは中殿筋に。

125 今朝の筑波山

 今朝は外の水が冷たく、お墓のコップや花立てに氷が張っていましたが車の窓は凍っておらず、天気予報が伝えるほどの寒さは感じませんでした。

 50代男性、主訴は腰痛で車で3時間かけて指圧にいらっしゃいました。

 座位ではひどい猫背で肩の挙上では引っ掛かりがありました。

 しかし仰臥位の検査では坐骨神経症状はあるものの腰を反らしたり、大きく曲げることができました。

 伏臥位から指圧を始めます。

 腰椎棘突起を圧して痛みはなく、右腰部は張っていましたが、体が逃げるような痛みはありませんでした。

 左右の中殿筋の指圧が一番痛みが強かったようで、下肢後側の坐骨神経に沿った指圧では強い痛みはなかったようです。

 全身指圧後、殿部を中心にいくつかのストレッチをして指圧を終えました。

 仕上げの座位の指圧では腰が伸びていました。

 病歴をたどると虫垂炎から始まって、右顔面神経麻痺、右踵剥離骨折、ぎっくり腰と、右半身に症状が起こっています。

 右利きで、座位では股関節を開いてO脚になっているので、立位の手仕事では中殿筋に負担がかかります。

 腰の負担を減らすために御自分でダイエットをして20kg減量したそうで、これは効果があったと思います。

 整形外科等で腰の治療をして効果がなかったということで指圧にいらっしゃいましたが、ポイントは殿部から下肢外側、下腿前側の胆経と胃経の筋肉にありました。

 腰痛で動けなかった時期とダイエットで筋肉は弱くなっているので、毎朝晩のストレッチで動かしていくことによって痛みは消えていくはずです。

 大きく腰を曲げることも反らすこともできるので、ヘルニアや脊柱管狭窄症の心配はいらないと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

60代男性、右頸肩痛、前立腺癌の手術歴、指圧後眠気が強い。

124 今朝の太陽

 今朝は昨日よりも寒くて薄い雲のせいか外が明るくなるのが遅いようでした。

 60代男性、主訴は右の首から肩の痛みです。

 しかし、肩関節の可動域はほとんど問題なく、猫背のために外旋がしにくいくらいでした。

 前立腺癌で2回の手術歴があり、現在も前立腺肥大があって尿の出が悪いそうです。

 左手の甲の真ん中から先を機械で切断したことがあったそうですが、手術が成功し、左手の薬指は曲がっていますが、手は温かく、指を動かすことができます。神経も血管も腱も骨も皮膚も丁寧に迅速に手術したのは慈恵医大の先生だそうです。その先生も、蘇ったこの左手もゴッドハンドです。ここまで回復した切断の傷がある手に指圧をさせていただいたことは初めてで、素晴らしいと思いました。

 それでも左手は使いにくいので右手、右肩の負担が大きくなっています。

 左手首の脈は橈骨動脈よりも尺骨動脈のほうが脈の拍動を感じました。

 伏臥位、仰臥位と指圧をして筋肉が弱く猫背なこと以外は右の首と肩に大きな問題はなさそうです。

 筋肉が弱いのは前立腺肥大に対する女性ホルモンの服用なのかなと考えたのですが、御本人に確認したところ女性ホルモンは飲んでいないそうです。

 また、鼻の頭の血管が浮き出ていたので「お酒をたくさん飲みますか?」とうかがったところ、そうでもないとのこと。

 確かに指圧中に体からお酒の臭いが立ち上ってくることはありませんでした。

 しかし、指圧中の眠りの深さが心臓の悪い人のような印象を受けました。

 服薬中の薬について正確なところはわからなかったので、薬の影響による肝機能の問題はあるかもしれません。

 御本人も肝臓と血糖値については悪いかもしれないとおしゃっていました。

 指圧後の目のトローンとした感じが普通の眠気とは違うように診えました。

 右の頸と肩のこりはほとんどなく動きにも問題はないとすると、肝臓の影響か、もしかしたら癌の転移などの可能性もあるのかなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

パーは歩行のアクセル、グーはブレーキ。

123 今朝6時半

 日の出時間の遅いピークからまだ数分早くなっただけなのに、日の出前の6時半でもウォーキングの足元は十分に明るくなってきました。

 肩こりの御客様に「パーはアクセル、グーはブレーキ」というお話をしたところ、腑に落ちる気づきがあったようなのでそのことを書いておきます。

 右利きの人が手仕事をする時に、右上肢内側の屈筋に力が入って、握る、肘が曲がる、肩が上がる、猫背という姿勢になって肩がこります。

 道具を握れば手の形はグーです。

 グーッと力が入る、グッと我慢する、グーは内側に力がこもります。

 パーは「パーッといこう!」という言葉があるように、外側へ向かって発散する手の形です。

 パーを作る時には上肢外側の伸筋を使うので、手指伸展、手指外転(指を開く)、肘伸展、ウォーキングの時の肩の振り子運動では体側に沿った位置で最も肩が下がります。

 グーで歩けば猫背の小股歩きになり、パーで歩けば自然に顔が上がり、胸が開き、大股になり、肩こりや腰痛の矯正運動になります。

 肩こりで下半身が冷えていたりむくんでいれば上肢下肢を大きく動かして内側にこもったものを発散すればいいのです。

 それを先導するのが手指のパーの形です。パーの手を意識して作って歩くことで心身が変わる気づきが得られる方がたくさんいるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

転倒後リハビリ中の男性61回目の指圧。

122 20年改良された自然な卵

 
 自然の餌で放し飼いで育てた烏骨鶏と鶏をかけあわせて20年の間改良してきたという卵を御客様からいただきました。

 自然の環境では滅多に卵を産まないそうで、どこに産むかわからないのでカラスやタヌキなどの動物に食べられてしまうこともあるという貴重な卵です。

 指圧で体が良くなったことをずっと感謝していただいていて、お金にかえられないものをいただくことのありがたさを感じました。「是非たまごかけごはんで食べてみてください」と言われ、今朝美味しくいただきました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で61回目の指圧もしてきました。

 前回よりも首が真っ直ぐで脊柱の左側弯がよく矯正されています。

 立位のバランス訓練での麻痺側右下肢の筋緊張も前回ほどではありませんでした。

 寒がらない方ですが、さすがに大寒の頃なので暖房は前回よりも強めに設定されていて足首にはレッグウォーマーを履いていました。

 調子が良さそうで指圧中はウトウトと眠り、ラベンダーのオイルマッサージを両手両足にして施術を終えました。

 両膝屈曲から片方の股関節を外旋し反対側の大腿前側に足をのせて膝をおなかに近づけていく大殿筋のストレッチをやってみたところ、左右ともに痛みなくできました。

 腰痛の人ができないようなダイナミックなストレッチをしても下肢に過緊張の伸展が起きなくなってきています。
 
 来週もいくつか違ったストレッチをしてみようと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、先週よりさらに症状改善。

121 今朝の日の出

 こちらでは昨日の夕方に風花が舞ったくらいで今朝は日が上るにつれて青空が広がってきました。

 椎間板ヘルニアの診断があって右坐骨神経痛症状のある50代男性、1週間ぶりの指圧です。

 午前中の仕事で右腰が硬くなっていましたが、肩はゆるんでいました。

 11月に指圧を始めた頃は中殿筋や梨状筋の指圧で跳び上がるほどの痛みがあったようですが、今回は左の梨状筋と右大腿後側の指圧で痛みがあったくらいで中殿筋に痛みはありませんでした。

 胡坐の形から片膝を立てておなかに引き寄せる中殿筋のセルフストレッチが効いているようです。

 仰臥位の下肢伸展挙上足背屈の坐骨神経の伸展では右下肢後側に痛みがあり、ここさえ伸ばせるようになれば坐骨神経症状に悩まされることはなくなっていきそうです。

 仰臥位で両手で持ったタオルを足底に当てて下肢伸展挙上足背屈のセルフストレッチをしていくことでさらに症状は改善できそうです。

 大寒の午前中は寒い外仕事、指圧の後は仕事で出かけるそうです。

 一番寒い時期に伸ばせなかった背中が伸ばせるようになったまま維持できています。

 ここに来るまでもう治らないだろうとあきらめていたという腰痛ですが、全身の筋肉を診ていけばゆるめるヒントはいくつもありました。

 春になれば神経の修復も進んでもっと楽になるはずです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

40代女性、右首から肩のこり、患者さんを抱き起す時に顎が上がる。

119 紅梅やっと一輪

 昨日庭の紅梅がやっと一輪開きました。大寒の今朝はくもりで雪がちらつくかもしれないという予報です。

 40代女性看護師、右首から肩にかけてこっていて、気持ちが悪いということで指圧にいらっしゃいました。

 座位では脊柱が右に回旋し顎が上がっています。右の首から肩上部にかけてこっていて、座面の体重は右殿部にかかっていて右殿部もこっていました。

 患者さんをベッドから抱き起す時に、かがんで右手を差し入れて顎を上げて引き上げていて、この動作の繰り返しが寝違えの時のようなこりと、むち打ちの後遺症のような気持ちの悪さとなったようです。

 伏臥位の指圧では右の首、肩、背中、殿部、大腿後側とこっていました。

 スクワットのような動きが首肩だけでなく股関節伸展の負担にもなったようです。

 御自分でもヨガなどをされている方ですが、自分ではメンテナンスしにくい筋肉もあるので久々の指圧がよく効きました。

 指圧後は上がっていた顎が引けて、脊柱回旋で後ろにきていた右肩も骨盤と平行になり、どうやら気持ちの悪さも治まっているようです。

 患者さんの中には重たい人や体を密着させにくい人がいて、重量挙げのような力が右半身にかかることもあるのだろうと思います。

 それでも腰を痛めていなかったのは腰痛にならないような注意はしていたのでしょう。

 看護や介護の仕事はベテランが気をつけていても体を痛めることがあって本当に大変です。

 寒い日が続くので不調を感じたら早目にメンテナンスにお越しくださいと申し上げました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

たべるマスク シールド乳酸菌タブレット。

119 体を守る乳酸菌+ビタミンC

 「たべるマスク」、10月には発売されていたそうですが昨日初めて気づいて買ってみました。

 3粒で一日に必要な100億個の体を守るために選び抜かれた乳酸菌が摂れるそうです。

 ビタミンCも入った酸味の強いヨーグルト味で、パッケージの裏面には「体調キープ」「人混み」「乾燥予防」「のどスッキリエチケット」の文字があります。

 21粒入りで192円でした。

 便秘に効いたという人もいるようです。

 私は味が刺激的で頭がスッキリしたうえに、しばらく小腹が満たされた感じがしました。ダイエット効果もあるかもしれません。

 一番下に「ほこりやウイルスの感染を防ぐための・口・鼻を覆う衛生用具ではありません」と書いてあります。

 明日が大寒、今日は花粉飛散予測が発表されます。「たべるマスク」お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

70代男性、肩こり、上腕外側のこり。

118 筑波山

 今朝の筑波山は麓から靄が立ち上って、雪をかぶった群馬の山との気温の差がわかります。

 70代男性、年明け最初の指圧は右肩から上腕外側がこっていました。

 右上腕外側のこりの中心は三角筋前側下部の大腸経のツボ「臂臑(ひじゅ)」でした。

 「臂臑」には肉付きのよい脛(すね)という意味があって、「東洋医学ではヒトの体を四足歩行で考えている」ということがここからもわかります。

 伏臥位の指圧後、仰臥位下肢前側の指圧ではおなかが大きな音を立てて動き始めました。

 右肩から上肢のこりは右手四指の冷えにもなっていました。

 寒さで右前腕の指伸筋を十分に使えていなかったために、使わざるを得ない右母指は温かくても、省エネに使った右四指は血行不良になっていたようです。

 寒さの猫背は肘伸展、手関節背屈、指伸展の運動不足となり、これは上肢外側大腸経の運動不足を意味しています。

 全身指圧後、肩と上腕外側のこりはゆるみ、右手四指も温かくなりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

体重の半分の体液、8%の血液、7ℓの消化液、1.5ℓの尿、水の偏在をなくす。

117_2 朝陽を浴びる

 昨日と比べると今朝のほうが気温は高くなりました。杉の木は花粉を飛ばす準備ができているようなので敏感な方はそろそろ花粉症対策が必要になります。

 来月の原宿のアロマ指圧講座は「花粉症と大腸経」がテーマなので、半側発汗反射(圧発汗反射)を内容に盛り込んでいます。

 圧迫測では副交感神経が優位になって血管が拡張し汗が止まり、反対側は交感神経が優位になって血管が収縮して汗をかきます。

 示指から上肢外側を上行する大腸経は反対側の小鼻の横に終わるので、右の鼻づまりの時は左の大腸経の指圧で右の鼻の血管が収縮して鼻が通ってきます。

 腸と免疫のことを考える時には、意識に上らない7ℓの消化液と体液の循環がとても重要なことに気づきます。

 水の偏在はむくみとなり、痛み物質や老廃物が排出できなければそれは体の痛みや変調となり、消化吸収にも影響が及びます。

 横臥位をとるだけでも下になる側は副交感神経が優位になり、上になる側は血管が収縮して発汗が促進されます。

 体位変換の圧、寝返りの圧くらいで、人間の体には血行促進の刺激になるということは、強い刺激を狭い箇所にこれでもかと行う施術はいらないのです。

 基本指圧の1点目が迷走神経を刺激する前頸部であり、最後の部位が腹部になるのもとても意味があることです。

 血行促進を消化液分泌の促進に求めるということを意図的にしたのか、経験的に施術の順番を決めたのか、いずれにしてもとても素晴らしいアイデアです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

沖縄から陣痛促進の精油は何だったかの電話。

116 群馬の山に雪

 今朝、群馬の山は雪で白くなっていました。

 こちらでは昨日の3時頃に風花が舞った程度でしたが、今朝は昨日よりも冷えました。

 沖縄に引越した女性から「前回出産の前にもらった精油は何だったか?」との電話をいただきました。第4子の妊娠が38週目に入ったそうです。

 「クラリセージ」と答えると、さっそく沖縄のお店で探してみるとのことでした。

 前回の出産はクラリセージの香りの助けもあってか、とても楽だったそうです。

 香りの記憶がお守りになって、リラックスしてお産にのぞんでいただければと思います。

 沖縄は強く圧すマッサージ屋さんが多いそうで、「先生のお弟子さんはいないか」とも聞かれました。

 残念ながらこの人ならと紹介できる知り合いはいないので、またこちらの実家に来た時にでもお立ち寄りくださいと申し上げました。

 暖かい土地では体がゆるみやすいので、表面から段階的にゆるめていくというようなタッチはしなくても何とかなるということがあって、沖縄では強圧し、強揉みで、クイックマッサージ的な施術が多いのかもしれません。

 古来中国では、寒い土地は灸、暑い土地は濃厚な接触を避けて鍼、薬草のとれる西では漢方、中央では按摩というように治療法の主流が気候風土によって変わっていました。

 しかし出産間近の妊婦さんには強い刺激のデトックス的マッサージでは対応できません。

 沖縄でも指力を使わないアロマ指圧のタッチを広められるよう継続は力なりで続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

転倒後リハビリ中の男性60回目の指圧。

115 白梅

 今朝は各地で大雪の警報が出ていますが、こちらでは雲が多くて霜が降りず風もなく、家の中より外のほうが暖かく感じられ、ウォーキングで開き始めた白梅を見つけました。

 昨日は今年初めての転倒後リハビリ中の男性のお宅での指圧でした。

 年始の御客様で先週の指圧は中止になったので3週間ぶりの指圧です。

 指圧前は盆栽の手入れをしていたそうで服に松葉がついていました。麻痺側の右手はハサミが使えるようになっています。

 右手は十分に温かくなっていましたが、右足は左足と比べて冷たくなっていました。

 それでも年が明けてからのリハビリは一段階進んで、平行棒を使った歩行を動画にとってバランスの確認をしているそうです。

 客観的に自分の体の動きを動画で確認するのはスポーツ選手がフォームの乱れを確認するのと同じでとても良いことだと思いました。

 全身指圧と手足のラベンダーのアロマオイルマッサージ、いくつかのストレッチと下肢のエクササイズで施術を終えました。

 「今年もよろしくおねがいします」とのお言葉をいただきました。

 リハビリでは緩めにくい筋肉をゆるめ、していないことをして、少しでもお役に立ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転倒後リハビリ中の男性60回目の指圧。

115 白梅

 今朝は雲が多くて霜が降りず風もなく、家の中より外のほうが暖かく感じられ、ウォーキングの途中で開き始めた白梅を見つけました。

 昨日は今年初めての転倒後リハビリ中の男性のお宅での指圧でした。

 年始の御客様で先週の指圧は中止になったので3週間ぶりの指圧でした。

 指圧前は盆栽の手入れをしていたそうで服に松葉がついていました。麻痺側の右手はハサミが使えるようになっています。

 右手は十分に温かくなっていましたが、右足は左足と比べて冷たくなっていました。

 それでも年が明けてからのリハビリは一段階進んで、平行棒を使った歩行を動画にとってバランスの確認をしているそうです。

 客観的に自分の体の動きを動画で確認するのはスポーツ選手がフォームの乱れを確認するのと同じでとても良いことだと思いました。

 全身指圧と手足のラベンダーのアロマオイルマッサージ、いくつかのストレッチと下肢のエクササイズで施術を終えました。

 「今年もよろしくおねがいします」とのお言葉をいただきました。

 リハビリでは緩めにくい筋肉をゆるめ、していないことをして、少しでもお役に立ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

50代男性、椎間板ヘルニア・右坐骨神経痛、3週間ぶりの指圧、症状改善を維持。

113 今朝6時半筑波山

 各地で大雪の予報ですが、今朝は月明かりで日の出前から筑波山がくっきりと見えました。

 昨日は年末年始の仕事の関係で3週間ぶりの指圧となった50代男性の指圧でした。

 指圧を始めた2ヶ月前は右足を引きずって歩くのが大変なほどの腰痛でしたが、指圧に来れない3週間の間にストレッチやエクササイズを続けていたそうで背中を伸ばすこともでき、症状は悪化していません。

 椎間板ヘルニアの診断がありましたが、おそらく今は椎間板による強い神経の圧迫はなく、右殿部以下の坐骨神経痛が残っている状態のようです。

 というのは、右下肢伸展挙上足背屈のストレッチと右中殿筋と右梨状筋の指圧以外では強い痛みは消えているからです。

 冷えもなく、頭ののぼせも、おなかの指圧での硬さもありません。

 こまめにストレッチやエクササイズを行うことで痛み物質や老廃物の排出が進み、傷ついた神経や筋肉の修復も進んでいるようです。

 全身指圧後、仰臥位と伏臥位の腰と殿筋のストレッチと、右膝の伸展で引っかかりがあったので右大腿四頭筋のエクササイズをして指圧を終えました。

 仕事が車の整備なので厳寒の今でこれくらいの画期的な改善があれば、暖かくなれば坐骨神経痛に沿った傷の痛みも消えているのではないかと思います。

 悪化していることを予想していましたが、想像以上に回復していて驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

映画「ブラインド・マッサージ」。

113 木月木

 蛍光灯のような涼しい光を放つ真ん丸の月が葉を落とした木々の間に沈んでいく時間、まだ太陽は顔を見せていませんでした。

 毎朝ストレッチとエクササイズを30分以上して体を温めてからウォーキングに出ているのですが、今朝は腕を後ろに降る肩関節伸展が寒さでギシギシしました。

 北の空は端から端まで黒い雲、寒波がやってきます。

 明日から中国南京の目の不自由な方のマッサージ院を舞台にした映画「ブラインド・マッサージ」が公開されます。

 「盲目の世界をイメージした焦点をぼかしたショットが斬新」との映画評があり、興味をそそられます。

 視覚情報に先導されたタッチでは、繊細な触圧覚が使われずに乱暴な刺激になっていきます。

 「視覚を切り捨てる」ことで猫背の施術姿勢が改善され、垂直圧の刺激、漸増漸減圧の刺激を自分のものにすることができます。

 映画の中にタッチに関わる大きな気づきのヒントがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

冬のぼせの詰まりで軽いめまい。

112 奥多摩の山

 昨日は80代女性のお宅へ往診の日、昼の車の中は陽射しが強くて冷房にしたいくらいの温度になりました。富士山は真っ白、奥多摩の山は上のほうにはまばらに雪が残っていました。

 お宅に上がると「今日は寒いねぇ」とのこと、昼過ぎの暖かい外から来たのと、陽の当たらない暖房した部屋の中にいたのとではずいぶんと感覚が違います。

 仰向けに寝た時に一瞬めまいがしたそうで、目を閉じていると治ったとのことでした。

 めまいというよりも立位から仰臥位に変わった時に頭部への血流が一瞬滞ったということでしょう。

 左側頸部に中斜角筋に沿って3個のエレキバンが貼ってあります。

 確かに他と比べてピンポイントにここがこっています。

 湿布などが貼ってある時にそこを触ってみると若い人でもポイントがずれていることのほうが多いのですが、大したものです。

 仰臥位、横臥位の指圧をして、最後に仰臥位でもう一度首の指圧をして終わりにしました。

 指圧中に、首の牽引で整形外科に通院している奥様の医療費控除の計算を旦那様がされていて、指圧後に領収書の束を見せてくださいました。

 首の牽引だけではなかなか持続的な効果がないので2週毎の指圧が続いています。

 冬の寒さと乾燥は体の潤い不足で詰まりを作って冷えのぼせの血行不良をまねきます。

 首や背中が猫背姿勢で固まっているとめまいや立ちくらみが起きたり、耳鳴りが強くなったりします。

 水分を十分に摂って、軽い体操を頻繁にすると血行促進によって頭部顔面のむくみや詰まりが流れます。

 風のない天気の良い日のお昼頃に一度外に出て外気に当たるだけでも体をリフレッシュする刺激になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

体重移動の指圧レッスン。

111 テーブルシンビジウム

 昨日御客様にいただいたテーブルシンビジウム、花の少ない季節に気持ちをやわらげてくれます。

 今朝は天気予報ほど寒くはなく、霜も氷もまばらにあるくらいでした。実際に自分の体で確かめてみなくてはわからないことが世の中にはたくさんあります。

 昨日の指圧では御得意様の指圧の時にマッサージをしているお友だちが勉強にいらっしゃいました。

 指圧をしながら解説をしていくと熱心にメモをとっていたので、御得意様の指圧後に、体重移動の指圧の重力を一点に集める感覚と指力で押した圧迫との感覚の違いや、三陰交・血海・合谷に当てる時の角度と、どの筋肉をとらえるべきかということを体感していただきました。

 筋肉の勉強はできているようでしたが、指圧マッサージの理論の理解はできておらず、実技はまだまだこれから勉強していかなければいけない段階です。

 それでも一点を支えにして体を起こしていく垂直圧の体重移動の圧倒的な力はよく理解できたようです。

 私もその驚きがあって今に至ります。

 実はこの時に悪い押し方の見本で関節を曲げる指力の圧迫法をしたところ、いつもの指圧では使わない母指球の筋肉を痛めてしまいました。

 そしてこの後に昼の休憩をはさんで別の御客様に体重移動の指圧で施術したら、母指球の痛みはストレッチされて緩和されていました。

 つまり関節を曲げて指力で圧せば猫背の手仕事になり、正しい指圧は猫背の手仕事のストレッチになるというわけです。

 まだ今朝も少し母指球に違和感が残っています。丁寧な圧し方をしなければいけないということがよくわかりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

40代女性、肩こり、上腕外側のこり。

110 朝日を浴びる

 朝陽が木をオレンジ色に浮かび上がらせた7時前、空気は冷たくても湿り気を帯びていて爽やかでした。坂道や側溝の鉄のふたは凍って滑りやすくなっています。

 40代女性、主訴は肩こり、正月の2日から仕事で、肩から上腕外側にかけてこっています。

 上腕外側のこりは上腕三頭筋ですから肘を伸ばす動きをしていたことがわかります。

 肘を伸ばして重い物を持つ、それを持ち上げて台に置く、というような動作が多かったようです。

 また上腕外側は消化管の経脈の大腸経、三焦経、小腸経が上行します。

 重い物を持つ時の猫背は消化管を窮屈にして働きを弱め、肩が上がって肩こりを作ります。

 指圧中はおなかがよく動き、あまりむくんではいなかったのですが、体位変換の時と指圧後にトイレに行きました。

 いつもは頭痛で指圧に来る方ですが、周りが正月休みなので少し仕事量が少なくて頭痛までにはならずに肩こりで止まったようです。

 今日から寒波がやって来る予報です。同じ姿勢を続けないように、背伸びや膝の屈伸運動などをこまめにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

雨上がる。

19 ホトケノザ

 箱根や奥多摩は雪、こちらは雨で、今朝は霜の降りた昨日よりも暖かでしたが道端のホトケノザは花を閉じていました。

 人間も寒いと背中を丸めて、体の表面積を狭くして冷気で体温が奪われるのを防ごうとします。

 暖房を使って暖かくした部屋でも背中を丸めがちな現代の生活様式では、背中を伸ばす、胸を広げる、股関節を開く、しっかりと膝を伸ばす、爪先立つ、空を見る、というような伸展の動きが少なくなります。

 冬に便秘が増えるのは寒さで交感神経が優位になって腸を働かせる副交感神経優位の状態になりにくいことや、運動量が減って体をねじらないので腸の刺激が減ること、夏場ほど水分を欲しくならないことなどの原因があります。

 一畳のスペースがあれば関節を曲げ伸ばしする運動や体幹をねじる運動はできます。

 日中の暖かい時間に5分でもいいので胸を張って大股でできるだけ速足で歩くことも体の不調を改善する運動になります。

 ヨーグルトも食べていて、食物繊維もとっていて、それでも便秘という方は水分不足かもしれません。

 腸のスターターとしての刺激になれば冷たい水でなくても、コーヒーでも緑茶でも好きな飲み物でいいので、続けて2杯、3杯といつもよりも多めに飲んでみてください。簡単なことですが効果があります。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

50代女性、腰痛、痛みを探してしまう。

18 オオイヌノフグリ

 一つだけ咲いたオオイヌノフグリ、これは昨日のお昼頃、今朝は雲が多くて雨になる予報です。

 50代女性、首、肩、腰と痛みを訴える部位が多く、何年も痛みを抱えてきていて、いろいろな治療を受けてきましたが、どこに行っても効果を感じるほどの症状改善を感じたことはなかったようです。

 座位では右肩が下がり、脊柱が右に側弯しているので顔の正面は右に傾き、右腰が詰まっています。

 どちらかというと痩せ型で、内臓が下がった胃弱の虚証、筋肉が弱く、猫背です。

 触診で体が逃げることもなく、大したこりではありません。

 整体やマッサージでは強い刺激を求め、自らも筋肉に強い刺激を続けてきたことで、神経や血管、筋肉が傷ついているようです。

 伏臥位から指圧を始め、背中の指圧でおなかが動き始めました。

 虚証は喜按(圧されることが嬉しい)ですから、自分で運動をするよりも指圧やマッサージを好む傾向にあるのですが、筋肉が細く弱いので強い刺激をすればすぐに傷つきます。

 仰臥位の指圧、いくつかのストレッチやエクササイズをして、痛がったり、できないものはありませんでした。

 しかし、仕上げの座位指圧をしていると「まだ腰がモヤモヤしている」とのこと。

 ずっと痛みを探しているのです。

 痛みのサイクルの悪循環を断ち切るには、痛みを忘れている時間を作ることです。

 何かに没頭する、集中する、誰かのために何かをする、そして大切なことは痛みを探さないことです。

 痛みを忘れている時は患部は安静の状態にあって、そのリラックスによって患部の血行は促進されています。

 酸素と栄養を運び傷を修復するのは自らの血液です。

 セラピストが血流を堰き止めている老廃物の詰まりを取り除く施術ができれば、あとは栄養と休養と運動で自らの力で時間をかけて体を修復していくのです。

 私はこの指圧が体に届いているという手応えを感じています。痛みは体を動かすことで消えていくと思っています。

 完璧を求めて小さな痛みを自分で探し続けていくと、それは痛みを増幅して大きな痛みとなっていきます。

 長く続く痛みは疑心暗鬼を生み、症状の改善した部分よりも残った痛みを感じ取ってしまうこともあるでしょう。

 しかし、具体的には姿勢を正し、筋肉をつけていけば首・肩・腰の痛みは必ず減ります。

 私の気の魔法はどれくらい届いたでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

卵管の手術前日、頭痛の指圧。

17 ジャスミンの蕾

 七草粥をいただいた今朝の外は氷点下、凍りかけた葉っぱの中で早生まれのジャスミンの蕾が一つ、太陽の恩恵をじっと待っていました。

 卵管の水を抜く手術は無事に終わったでしょうか、手術の前日に指圧にいらっしゃた女性、主訴は頭痛です。

 年末から指圧に来たかったということで、朝晩の気温の変化も体調に影響していそうです。

 伏臥位では首から肩、背中がこっていて骨盤が両側に開いています。

 右卵巣の腫れがあって卵管に水が溜まっているということで、全身麻酔で腹腔鏡手術をするということでした。

 中殿筋で浪越圧点をとらえて腸骨の開きを仙骨側に圧し込みます。

 右大腿外側中央胆経の「風市」が圧痛点となっていて、胆経を介して右頭部の頭痛となったようです。

 仰臥位腹部の指圧では右下腹部に硬さがあり、この下が卵巣、卵管です。

 全身指圧後、開いていた骨盤が締まってズボンがゆるゆるになり頭痛が解消しました。

 今頃は手術から半日たって朝食が済んだくらいでしょうか。

 ほどなく退院できるということです。指圧をしておいたことで手術や病院での経過が良好であれば嬉しいです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「ばね指」。

16 今朝7時の空

 今朝は冷えました。空気が乾燥しています。7時になってやっとお日様が顔をのぞかせました。

 昨日の飯能でのアロマ指圧講座は「ばね指」がテーマでした。

 腱鞘炎が進行した状態がばね指です。

 原因となるのは指の使い過ぎだけでなく、エストロゲンが減少する妊娠時や更年期以降では手指に老廃物が溜まりやすくなって腱鞘炎や手根管症候群が発症します。

 炎症の塊が関節の伸展の障害となるので、指を伸ばそうとする時に一度動きが止まって、塊が移動すると弾かれたように指が伸びる弾発現象が起こるのがばね指です。

 実技では腋窩から手指までの上肢の基本指圧と、ジュニパーとマジョラムを使った手指の老廃物排出のアロマオイルトリートメントを行いました。

 炎症がある時の基本は患部に強い刺激をしないことです。患部をはずしても上肢の端から端までを丁寧に施術すれば誘導作用にによって老廃物は流れます。

 指の全ての関節をゆっくりと曲げ伸ばしすることでも、ポンプの作用によって老廃物は流れます。

 仰臥位の手指のトリートメントの時に肩を下制や90°屈曲方向に牽引することで手指の施術をしながら肩こりを緩和する方法や、母指と小指を対立運動させることで母指球と小指球に隠れた対立筋を施術する方法は老廃物が排出される感覚がわかりやすかったようです。

 仕事で施術をされている方がいらっしゃたので胸郭出口症候群についての質問があり、首から手指までの神経圧迫を解放する施術や上肢のツボの取り方の説明もできて充実した内容の講座となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

『ストレッチの科学』長畑芳仁監修 洋泉社 1200円+税。

15 お薦めストレッチ本

 昨日見つけて購入した『ストレッチの科学』、解説が丁寧で、写真と筋肉の図がわかりやすく、専門家にも一般の方にもお薦めです。

 40種類の静的ストレッチ、20種類の動的ストレッチ、11種類の筋膜リリースのやり方が掲載されています。

 静的ストレッチのほとんどは私が毎朝行っているもので、ストレッチポールを使った動的ストレッチや筋膜リリースの中にも私が以前から毎朝行っていたものが含まれています。

 これらのストレッチを毎朝続けていればほとんどの肩こりと腰痛は解消するか緩和され、便秘と肥満の解消にも効果があるはずです。

 何冊もストレッチ本は持っているのですが、「運動前に長時間の静的ストレッチはよくない」ということをはっきりと指摘してあるのは以前の本ではなかったことです。

 長畑先生は日本ストレッチング協会理事長で帝京大学医療技術学部の専任講師もされています。

 この一冊が理解できれば、この本では触れていない指や足の細かい筋肉のストレッチも自分の頭で正解を出せるようになるはずです。

 セラピストの方は是非書店で一読してみてください。欲しくなる内容です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

40代男性、胃炎・腰痛、今年最初の指圧。

13 又野先生の干支扇子

 毎年玄関に飾る『まんが日本昔話』の又野龍也先生の干支扇子です。年があらたまって、これから一年、御客様を出迎えてくれます。

 昨日は今年初めての指圧、年末に急性胃炎の症状で指圧をした40代男性から電話が来て、箱根駅伝の山下りのテレビ観戦モードから指圧モードに切り換えです。

 前回の指圧の時は強い口臭があって、心窩部痛があり、急性胃炎・逆流性食道炎が疑われました。

 いつもは指圧によく反応する方なのですが、胃腸が全く動かなかったことが御本人にはとても心配だったようです。

 年末年始に体を休められたことで、強い口臭はなくなっています。

 前回は肩から腰、下肢前側の胃経など、強い痛みを伴うこりが体中にありましたが、今回は首・肩・肩甲間部はゆるんでいます。

 腰椎は後弯していて腰の筋肉はこっていました。

 伏臥位の指圧からおなかが動き始めました。

 体に冷えはなく、仰臥位下肢の指圧では下腿前側の「足三里(慢性胃炎のツボ)」、足底の「裏内庭(急性胃腸炎のツボ)」に強い痛みがありました。

 おなかの指圧では季肋部、特に右の肝臓付近に痛みがあり、右の上行結腸では水の溜まっている振水音がしました。急性の症状から病気の治りかけた時に季肋部痛が生じることがあります。

 全身指圧後、前回から比べると7割程度は回復しているように感じましたが、三が日のうちに指圧に来た御本人には不安が溜まっていたのでしょう、その後もしばらくストレッチのことをいくつか聞いたりしました。

 抗生物質で体の具合が悪くなったことがあって、私の指圧で腰痛が楽になったので指圧を信頼してくれています。

 前回の急性胃炎の症状の指圧では胃腸が動かなかったことで不安になったようですが、薬も飲まずにここまで回復できていれば指圧がけっこう効いたのではないかと思います。

 痛みをあえて探さないようにといくつかの暗示をかけ、帰った頃には駅伝は戸塚中継所を過ぎていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

『AEAJ(日本アロマ環境協会機関誌)』アロマとハーブで新春・早春のおもてなし。

13 誰かが並べた落ちた柚子

 神社に続く駐車場の柚子の木の下、誰かが大きい順に落ちた柚子を並べたのでしょう、お正月のゆったりとした時間の流れが伝わってほっこりします。

 元日に届いた『AEAJ』にはANAの機内や空港ラウンジ、伊勢丹新宿店2階婦人服売り場、西武鉄道所沢駅パウダールームなどの香りによる空間演出を紹介しています。

 スイーツとドリンクではハーブのあんこ玉が美味しそう、売り出せば今年のヒット商品になりそうです。

 精油図鑑ではコリアンダーの抗炎症作用を紹介しています。ステロイド外用薬よりは効き目が弱いものの、実験では紅斑が有意に減少したということです。

 コリアンダーの葉はパクチー、セリ科です。

 セリといえば春の七草、七草粥は薬膳です。

 良く効く薬は苦いのことわざもあり、パクチーが嫌いな人が多いのも納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

初詣高麗神社。

12_2 元日の初詣

 元日の高麗神社は暖かくて、2週間前にNHKの「小さな旅」で放送されたので大混雑を予想していましたが去年と同じくらいの人出でした。

 それでも駐車場に車を止めるまでには30分くらい列に並び、その後も入場規制で並ぶので参拝までには1時間くらい待ちました。

 皆様の病気の平癒を御願いして、その後もいくつかの寺社を巡りました。

 2日の今日は雲の多い朝です。箱根駅伝、蛭子さんの路線バスの旅、いろいろ気になります。穏やかな一日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

2017年の幕が上がりました。

11 初日の出

 明けましておめでとうございます。

 健康で幸せな一年となりますようお祈り申し上げます。

 去年は大晦日まで指圧をすることができました。大晦日に膀胱炎になって私の指圧を選んでくださる方がいらっしゃるのはありがたいことです。

 冷えとこりによる血行不良から免疫力が落ちて膀胱炎を繰り返す方には、脊柱両側から下肢後側を下行する膀胱経の指圧がよく効きます。

 遠方から指圧に来てくださった方、外国からアロマ指圧講座に来てくださった方、去年もたくさんの方にお会いすることができました。

 指圧とアロマセラピーの効果をまだまだお伝えできていない方がたくさんいらっしゃると思います。

 今年ももっと研究を重ねて、皆様のお役に立てるように心身の鍛錬を続けていきたいと思っております。

 どうか穏やかな元日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »