« 一本足打法誕生に体重移動を遅らせるという目的。 | トップページ | 60代男性、心筋梗塞ステント手術後の右足内側痛。 »

2017年2月26日 (日)

転倒後リハビリ中の男性66回目の指圧。

226 乾燥と花粉

 山の木々が淡く萌えてきて、枯草越しに花粉が舞っているように見えます。今朝は久しぶりに霜が降りました。

 昨日は転倒後リハビリ中の男性のお宅で66回目の指圧、暖房がついていましたが二つの窓が開いていました。

 体は暖かく、脈は1分間に60くらい、指圧を始めてからカーテン越しに窓が開いていることに気づき、いびきをかいてすぐに眠ってしまったので、空気の入れ換えをしているのかもしれないと思いました。

 体位変換の時に声をかけたらどうやら窓を開けておきたかったわけではないようで、奥様が締め忘れていたようです(後で小さな喧嘩になっていなければよいのですが…)。

 リハビリの運動で筋肉ついてきていて、血圧も高くなく、寒がりでもないので、窓が開いていても眠れたのでしょう。今日は暖房の効きが悪いなくらいは思っていたかもしれません。

 全身指圧、ラベンダーの手足のオイルマッサージ、いくつかのエクササイズとストレッチで施術を終えました。

 私は指圧をしていると体がすぐに温かくなりますし、花粉症の症状もないので、窓が開いていても少し空気が冷たいかなと思ったくらいですが、指圧を終えて玄関を出ると奥様が呼ばれたようなので、小さな喧嘩の原因を提供してきてしまったかな、黙って窓を閉めたほうがよかったかな、などと帰りながら考えました。

|

« 一本足打法誕生に体重移動を遅らせるという目的。 | トップページ | 60代男性、心筋梗塞ステント手術後の右足内側痛。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64941907

この記事へのトラックバック一覧です: 転倒後リハビリ中の男性66回目の指圧。:

« 一本足打法誕生に体重移動を遅らせるという目的。 | トップページ | 60代男性、心筋梗塞ステント手術後の右足内側痛。 »