« 2月、春も花粉も今年は早いのかも。 | トップページ | 昨日のアロマ指圧講座「顔・頭・首でリラックス」。 »

2017年2月 2日 (木)

光刺激→縮瞳、動眼神経は副交感神経。

22 朝の光が強くなる

 今朝は太陽の光が今までよりも強く感じられました。日照時間が長くなり陽射しが強くなって、節分、立春と季節が進んでいきます。

 光が目に入ると副交感神経の動眼神経支配の瞳孔括約筋が収縮して縮瞳が起こります。

 逆に暗い所で目を見開いて獲物を探す時は交感神経が働いています。
 感覚情報の8割が視神経からの情報ですから、目を閉じることはリラックスにつながります。

 今日の午後は飯能生活の木で「顔・頭・首」の副交感神経を優位にする部位を刺激して深いリラックスをもたらす実技のアロマ指圧講座です。

 目や首の指圧で副交感神経の迷走神経を刺激してリラックスに導きます。

 それは指力を使ってはいけない急所でもあることを理解していただきたいと思います。

|

« 2月、春も花粉も今年は早いのかも。 | トップページ | 昨日のアロマ指圧講座「顔・頭・首でリラックス」。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64840464

この記事へのトラックバック一覧です: 光刺激→縮瞳、動眼神経は副交感神経。:

« 2月、春も花粉も今年は早いのかも。 | トップページ | 昨日のアロマ指圧講座「顔・頭・首でリラックス」。 »