« 50代女性、右腰痛、坐骨神経痛。 | トップページ | 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 »

2017年3月 1日 (水)

無資格者の施術に注意の埼玉県広報と150人の整体師に追われて肩を揉まれるCM。

31_2 伐採が進む

 近所の林で伐採が進んでいます。急に景色が開けると違和感を感じます。家が建つのかもしれません。

 今朝届いた埼玉県の広報には「あんま・マッサージ指圧無資格者の施術に注意」というお馴染みのお知らせがありました。

 一方今朝のテレビ番組では、1000万円の肩もみ券を当てて150人の整体師に追われて肩をもまれるというCMの映像を流していました。

 逃げる人を追いかけて体格のがっちりした何人もの整体師が寄ってたかって肩をもむ映像は、整体師のマイナスイメージを植えつけているようなものです。

 あんま・マッサージ・指圧の国家資格と、整体の資格は別物であるからこそ、整体はイメージにも施術そのものにも慎重であるべきです。

 もちろん技術も人間的にも素晴らしい整体の先生はいらっしゃいますし、資格があるからといって未熟なあんま・マッサージ・指圧師もいます。

 昨日は小学校の組体操で障害をおったお子さんの御両親が、学校や教育委員会の責任を問う裁判を起こしたというニュースもありました。

 教育者も施術者も、健康な自分の体を基準に人間の体を考えては事故が起こります。

 外からちらっと眺めただけではわからなくても、体に不調を抱えている人はたくさんいるのです。

 先日の東京マラソンに参加した理学療法士さんの新聞記事に「東日本大震災で津波に流された元患者さんへの鎮魂の思いで走る」というコメントが載っていました。

 「自分がリハビリでもっと歩けるようにできていたら逃げられたかもしれない」という悔いがあるようですが、おそらくそこまでの思いのある方なら最善のリハビリをしてきたことでしょう。

 いくつかある方法の中でその時にできる運動療法をきちんとしていたと思います。

 大きな負荷をかける運動が最善ではない場合が多いですし、指圧でも適量刺激とは物足りないくらいのことをいいます。

 逃げる御客様を走って追いかけて無理やり肩をもむなどというのは、体の痛みを診ているセラピストなら不愉快なはず、出演しているのがエキストラの一般人でないとしたら残念なことです。

|

« 50代女性、右腰痛、坐骨神経痛。 | トップページ | 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64955710

この記事へのトラックバック一覧です: 無資格者の施術に注意の埼玉県広報と150人の整体師に追われて肩を揉まれるCM。:

« 50代女性、右腰痛、坐骨神経痛。 | トップページ | 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 »