« 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、インフルエンザ後の指圧。 »

2017年3月 3日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「おなかでリラックス」。

33 飯能生活の木工事中

 昨日は飯能 生活の木で「おなかでリラックス」がテーマのアロマ指圧講座でした。

 建物全体を網目の青いシートが覆っていて、入りにくい雰囲気ですが営業中です。

 講座では、腹部の基本指圧の後に、副交感神経を優位にする前頸部と仙骨部の指圧、交感神経の興奮を抑制する肩甲下部の指圧、カモマイル・ローマンとラベンダーのブレンドオイルを使った上肢と下肢の胃腸のツボへの母指軽擦の実技を行いました。

 腹部の指圧の基本は「の」の字の手掌圧、これは手当てです。

 密着と持続のある垂直圧があれば圧し込む必要はありません。

 痛みのある部位では、細い痛覚の神経線維の伝達は、太い触圧覚の刺激の伝達に抑制されるので、手を当てているだけでも鎮痛効果があります(ゲートコントロール)。

 温かい手で持続のあるタッチでゆったりとしたリズムで触れることが大切で、下腹部で大動脈から分かれる4本の腸骨動脈の血行を促進し、骨盤内臓と足を温めることができれば自然と眠くなります。

 ラベンダー、カモマイル・ローマンのような副交感神経を優位にする精油は、冷えを緩和し、眠りに誘い、胃腸の働きを活発にします。

 上肢、下肢の大腸経や胃経のツボをオイルを使って刺激する時も、痛みのあるツボは少し圧を弱めたり、わざと1ミリずらすようなテクニックを使って徐々に詰まりを取り除いていきます。

 冷たい雨が降って、窓の外では工事の足場を歩く作業中の方の膝から下が見える教室でしたが、実技の後にはあくびをしていた方がいて、受講生の方たちは昨晩グッスリと眠れたことでしょう。

|

« 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、インフルエンザ後の指圧。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/64963806

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座「おなかでリラックス」。:

« 40代女性、花粉症の鼻炎、右側頸部から上肢外側へ大腸経のこり。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、インフルエンザ後の指圧。 »