« 40代女性、庭の手入れ、鎌を使って右手首の痛み。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性73回目の指圧。 »

2017年4月15日 (土)

50代男性、右殿部下肢痛、今回は左下肢伸展挙上牽引で右の痛みが消える。

415 蝶の休息

 早朝の陽に羽を温められて気持ちがいいのか、近づいてもじっとしていた蝶、ツクシがスギナに姿を変えて季節は進み、虫を見かけるようになりました。

 50代男性、主訴は右殿部下肢痛、2週間ぶりの指圧、座位の触診ではヘルニアの診断があった右腰がこっていて、痛みを避けるために脊柱を左に側屈させています。

 気温が高かったこともあり冷えはなく、上半身はややのぼせ気味です。

 体中に痛みを溜めていて、首、肩、背中、右殿部、右下肢後側などの指圧で強い痛みがありました。

 しかし伏臥位で左半身を指圧しているうちに脊柱はほぼ真っ直ぐに矯正できました。

 仰臥位の指圧に移ると、来た時とは違う右殿部奥の強い痛みが出てきました。

 これは腰椎の矯正によって詰まりの歪(ひずみ)が仙骨のほうに凝集されたことによるのだろうと思います。

 しかしこれも左股関節のストレッチ後、左下肢伸展挙上牽引で足を引っ張ると、スコーンと詰まりが抜けたようで、その後の指圧ではじっとしていても痛むような殿部痛は消え、指圧後のストレッチでは右坐骨神経の伸展以外では痛みが出ませんでした。

 これは右殿部以下の坐骨神経に傷があっても、椎骨全体が伸びていれば神経の圧迫からは解放できる形があるということです。

 これも背中側から圧すだけではなく、腹部からの指圧や横臥位で下肢を挙上して側面を拡げるストレッチなどの組み合わせによってできることで、左下肢伸展挙上牽引で右の坐骨神経痛が消えるということではありません。

 ここに来る前は杖で生活することになりそうだったというほどの状態でしたが、今週は仕事以外にも自宅のタイル貼りのDIYをしていたそうです。

 状態が悪ければ中腰でタイル貼りなどやろうと思わないので、このまま毎日ストレッチを続けていくうちに徐々に痛みは感じないようになっていきそうです。

|

« 40代女性、庭の手入れ、鎌を使って右手首の痛み。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性73回目の指圧。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65152099

この記事へのトラックバック一覧です: 50代男性、右殿部下肢痛、今回は左下肢伸展挙上牽引で右の痛みが消える。:

« 40代女性、庭の手入れ、鎌を使って右手首の痛み。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性73回目の指圧。 »