« 50代男性、右殿部下肢痛、次の課題は足上げ腹筋。 | トップページ | 新年度の始まり、体を締める時期。 »

2017年4月 2日 (日)

転倒後リハビリ中の男性71回目の指圧、麻痺側の右足のほうが温かい。

42良く変わっていけますように

 桜が咲き、これから咲こうとする蕾もはじけそうに膨らんでいます。みんな死にませんように、みんなの痛みがとれますように、自分の力では足りないものを少しでも補っていただけないかと、大いなるものに毎朝祈ります。

 転倒後リハビリ中の男性のお宅で71回目の指圧、お昼寝から目覚めたお孫さんが指圧中の部屋に入ってきて「ホシノゲン(星野源)シッテル?」と聞かれました。

 お話が通じる人だと思われているのでしょう、いろいろとお話がたまっていたようで、指圧をしながらズボンについた赤い粘土を見せられたり、どこかでぶつけた痣を見せられたり…、その間もずっと指圧の手は動いています。

 前回の指圧では冷たかった麻痺側の右足でしたが、今回は左よりも温かでした。

 右大腿直筋の下で外側の外側広筋がこっていて、右外踝の絆創膏は前回よりも大きなものになっていました。

 立位のリハビリで右足外側に体重がかかっているということですが、大腿の筋肉は転倒で打った左よりも太くなっています。

 全身指圧、ラベンダーの手足のマッサージの間、よく眠りました。

 お孫さんと私の会話はヒーリングミュージックのようなものになったのでしょう。

 脈はずっと1分間に60で安定していました。

 この時には力の抜けた指圧ができていて、手指で考えて動き、頭ではほとんど考えていません。

 経験と、触れ方の毎日の工夫と、その場の環境に合わせて大いなるものを味方につけての指圧、すると転倒して打撲した側の左の梁丘・血海のポイントが診えてきました。

 左膝蓋骨上2寸、外側広筋の梁丘と内側広筋の血海のポイントをもう少しゆるめることができれば左膝をしっかり伸ばせそうです。

|

« 50代男性、右殿部下肢痛、次の課題は足上げ腹筋。 | トップページ | 新年度の始まり、体を締める時期。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65097411

この記事へのトラックバック一覧です: 転倒後リハビリ中の男性71回目の指圧、麻痺側の右足のほうが温かい。:

« 50代男性、右殿部下肢痛、次の課題は足上げ腹筋。 | トップページ | 新年度の始まり、体を締める時期。 »