« 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 | トップページ | 質の良いタオルのような肌触りの密着を考えたタッチ。 »

2017年4月20日 (木)

昨日の原宿生活の木講座「介護のアロマ指圧」。

420 ツツジと飛行機雲

 今朝は少し早い五月晴れのような空、空気が澄んで少し肌寒いくらい、短い飛行機雲が西へ向かって伸びていきました。

 昨日は原宿生活の木で「介護のアロマ指圧」がテーマの講座でした。

 家族の介護をする場合の指圧マッサージ、あるいは仕事で介護の指圧マッサージをする場合の、脈や熱・冷えなどのバイタルサインのチェックポイント、タッチの適量刺激、関節運動、ラベンダーを使った内反尖足の予防改善の足から下腿のアロマオイルトリートメントの実技を行いました。

 まず体位の取り易い仰臥位で、下肢・上肢・頭部顔面・腹部に手掌圧や母指を重ねない両母指圧で広く皮膚表面に圧をかけて「圧して放す」のポンプの力で血行促進をはかります。

 体の弱い人に対しての施術では、その一点を支えに背中を起こすのに極端な体重移動はいりません。

 背部・殿部には横臥位で施術し、ラベンダーのアロマオイルトリートメントでは膝を立てて足底から膝窩まで、ふくらはぎ表層の腓腹筋、中層のヒラメ筋、深層の長母趾屈筋・後脛骨筋・長趾屈筋の三層の深さを取る軽擦をしました。

 足が内反底屈に固定されてしまえばふくらはぎが硬くなり、足が背屈できなければ立つことはできません。

 たとえ立つことができない寝たきりの状態でも、足や下腿の施術で冷えやむくみを解消し、心不全気味になっている心臓のポンプの力を助けることができます。

 猫背で指力で圧し込むようなやり方を指圧・マッサージだと思って覚てしまえば、家族の介護で毎日マッサージをするのは苦行になります。

 指圧は自分の力を使わずに背中をストレッチしながら重力を利用することができます。

 介護のマッサージで自分の体が辛いという方には是非覚ていただきたいと思います。

 次回原宿では5月21日(日)が「更年期」と「脳を活性化させるハンドマッサージ」のスペシャルセミナー、6月7日(水)が「うつ病のアロマ指圧」です。

 

|

« 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 | トップページ | 質の良いタオルのような肌触りの密着を考えたタッチ。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65173561

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の原宿生活の木講座「介護のアロマ指圧」。:

« 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 | トップページ | 質の良いタオルのような肌触りの密着を考えたタッチ。 »