« 転倒後リハビリ中の男性71回目の指圧、麻痺側の右足のほうが温かい。 | トップページ | 「自然相手には臆病なくらいでいい」那須山岳救助隊 高根沢修二副隊長。 »

2017年4月 3日 (月)

新年度の始まり、体を締める時期。

43 桜に負けてない

 今日から新年度の始まり、気温が上がって冬にたるんだ体を引き締めるのに適した時期です。

 写真は東松山市の蔵の湯の駐車場、ここには立って入る深さ120cmのハイパージェットバスがあります。

 立って胸までお湯につかりながらおなかにジェット水流をあてることができるのでウエストの引き締め効果は抜群です。

 座ることが多い現代の生活では猫背になりやすいので、立っておなかを引っ込めておくということが骨盤を立てて背中を起こし、良姿勢を作ることになります。

 立位の圧注浴や仰臥位のおなかの指圧は脊柱のストレッチになります。

 また、立ち食いというと行儀の悪い感じや、急ぎで取りあえず空腹を満たすというイメージもありますが、おそらく立食いのお店で喉に食べ物を詰まらせたという人はほとんどいないと思います。

 元気な人しか立ち食いのお店にはいかないということもあるかと思いますが、座って食べるよりも喉頭蓋の反射神経の遅延が少なくなって、気管に食べ物が入るということが起きにくいのではないかと思います。

 そして立ち食いのお店では食べた後は必ず歩かなければなりません。食後に多少なりとも運動ができます。

 立ち飲みバルや立ち食いステーキ店までできているのは、気軽に立ち寄れることに加えて、長居をしにくいので暴飲暴食ができないという利点もあります。

 代謝を上げるには座っている時間を減らすことです。立っている時間を増やせば一日の歩数が増えます。

 

|

« 転倒後リハビリ中の男性71回目の指圧、麻痺側の右足のほうが温かい。 | トップページ | 「自然相手には臆病なくらいでいい」那須山岳救助隊 高根沢修二副隊長。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65102089

この記事へのトラックバック一覧です: 新年度の始まり、体を締める時期。:

« 転倒後リハビリ中の男性71回目の指圧、麻痺側の右足のほうが温かい。 | トップページ | 「自然相手には臆病なくらいでいい」那須山岳救助隊 高根沢修二副隊長。 »