« 左腰に手を当てて早朝ウォーキングをしている人、腰痛改善にならない。 | トップページ | 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 »

2017年4月18日 (火)

レジリエンス=心の回復力。一喜一憂していると心の防御力が衰える。

418 森林ミスト浴

 朝のお台場の天気をテレビで見て傘を持って外に出たら、小雨は霧になって木々の周りでは気持ちのいいミストシャワーに包まれて森林浴になりました。

 今週のNHK「きょうの健康」はうつ病がテーマです。

 凶悪な事件の多い今年は、心の回復力「レジリエンス」が広く世間に知れ渡る言葉になるかもしれません。

 小さな事に一喜一憂しているとレジリエンスは衰えるようです。

 東洋医学で五臓の「心」に対応する情動は「喜」で、喜び過ぎれば心を傷つけ、程良い喜びが心の働きを活発にします。

 初めて経験する苦しさや痛みは心身に強い刺激となりますが、同じ苦しさでも一度経験すると「前ほどではない」と感じられることが多いものです。

 始める前の取り越し苦労や、痛みを持ってから痛みを自分でいじってしまうことは、実際の痛みをさらに強くします。

 ケセラセラ、レット・イット・ビー、なるようになる、なるがままに、と初めから思えるような人はほとんどいないでしょう。

 失敗をしても、正解は見つからなくても、謙虚に丁寧に努力を続けていれな誰かが評価してくれるものです。

 暴風雨の予報を見て傘を持って森へ行ってみると、気持ちのいいミストシャワーで迎えてくれることもあります。

 

 

|

« 左腰に手を当てて早朝ウォーキングをしている人、腰痛改善にならない。 | トップページ | 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65165410

この記事へのトラックバック一覧です: レジリエンス=心の回復力。一喜一憂していると心の防御力が衰える。:

« 左腰に手を当てて早朝ウォーキングをしている人、腰痛改善にならない。 | トップページ | 50代女性、左肩痛、左坐骨神経痛。 »