« 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 | トップページ | 埼玉県のマスコット「コバトン」がデザインされた施術所開設届出事項証明書。 »

2017年5月31日 (水)

40代女性、左首から肩のこり。

531 蜂の巣(壺ではない)

 木の枝に引っかかってしぼんだ風船かと思って高枝切りバサミで落としてみたら中身が空っぽの蜂の巣でした。作ったのは蜂で自然の造形ですが見事な出来栄えです。

 40代女性、主訴は左側頸部から肩のこり、頭痛持ちですが頭痛の訴えはありません。

 座位の触診では額や首から熱を発散していて、右前頸部もこっていました。

 伏臥位になると盛り上がった背中の丸さが気になります。

 低い位置の作業で右手を使うために右斜め下に右肩が位置し、そのために左肩が上がり、顔は左斜め下を向いていたようです。

 左首の指圧から勢いよくおなかが動き始めました。

 お昼前の指圧ということもありますが、触れてすぐに体が安心して副交感神経が優位になったようです。

 蒸し暑かったこともあって、指圧を進めていくうちにむくんでいるだけで問題のなかった下半身からも全身の血行促進によって熱が発散していきました。

 いつもなら仰臥位大腿前側の胃経の指圧でおなかが動くのですが、伏臥位の指圧の始めのほうからおなかは大きな音を立てて動いていたので、仰臥位の指圧ではおなかの動きはおとなしくなっていました。

 全身指圧、ストレッチ後、首、肩のこりはゆるみ、丸かった背中も伸びて額の熱も下がっていました。

 筋肉がタッチを記憶していて、伏臥位で体に触れたとたんに「まかせられる」ことを信じきって、一気に副交感神経優位の状態に切り換わったと感じた指圧です。
 

|

« 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 | トップページ | 埼玉県のマスコット「コバトン」がデザインされた施術所開設届出事項証明書。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65350946

この記事へのトラックバック一覧です: 40代女性、左首から肩のこり。:

« 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 | トップページ | 埼玉県のマスコット「コバトン」がデザインされた施術所開設届出事項証明書。 »