« 転倒後リハビリ中の男性79回目の指圧、左下肢伸びる。 | トップページ | 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 »

2017年5月29日 (月)

50代男性、連休中の左腰部脊柱起立筋肉離れ治る。

529 朝日の当たる野原

 早朝の田んぼの畦道のウォーキングは草の露で靴が濡れました。休耕田に咲く花に連休の頃の力強さはなくなってきています。

 50代男性、連休中に左腰を痛めて股関節の伸展や脊柱の伸展で痛みが残っていましたが、3週間以上過ぎて完治しました。

 左腰部脊柱起立筋の肉離れと診ています。

 ぎっくり腰の状態から、24日目に床に背中をつけて後転して爪先を頭の先の床につけられるようになりました。

 背筋を痛めると背中を反らせることができないだけでなく、深い猫背になることでも痛みが出ます。

 軽い猫背の姿勢では痛みが出なかったので、無理をせず日常生活を送って完治まで約1ヶ月かかりました。

 もちろん患部の刺激は避けて誘導的に患部の血行促進をする全身指圧をし、痛みが強い時は市販の鎮痛外用薬などを使うことをお薦めしました。

 今場所では横綱稀勢の里が休場になりました。肉離れは無理をすれば治らないか悪化させてしまいます。

 筋肉の繊維が裂けた傷は、時間をかけて無理をせずに治すという方法は誰にでもできる治療の正解です。

 

|

« 転倒後リハビリ中の男性79回目の指圧、左下肢伸びる。 | トップページ | 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65342304

この記事へのトラックバック一覧です: 50代男性、連休中の左腰部脊柱起立筋肉離れ治る。:

« 転倒後リハビリ中の男性79回目の指圧、左下肢伸びる。 | トップページ | 骨粗鬆症治療が内服薬から副甲状腺ホルモンの注射薬に変わって食欲不振になることがある。 »