« 80代女性、指圧後は素足に下駄で小走りで買物へ。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、3週間ぶりの指圧。 »

2017年5月12日 (金)

60代女性、急性腰痛、初期胃癌の内視鏡手術が控える。

512 山椒

 庭に山椒の実ができていました。うっかりしているといろいろな花や実を見逃してしまうほど雑草も繁ってきました。

 60代女性、急性腰痛で往診をしてきました。

 半年ぶりの指圧で、お宅にあがるとすぐに「胃癌になっちゃた」とのこと、胃の悪い方だったの「そういうこともあるか…」と思いました。

 体にはいろいろなことが起きます。いろいろな方の体に触れてきて、癌や重篤な病気の方を前にしても動揺することはなくなりました。

 胃の痛みでかかりつけの病院で検査をしたら「ごく初期の胃癌が見つかった」そうです。

 「癌の臭い」は感じられませんでした。

 腰痛は昨日から左腰から下肢が痛むそうで、玄関で迎えてくれた姿や歩きからは激烈なぎっくり腰ではありません。

 仰臥位から指圧し、途中で宅急便が来て立ち上がる時には、ほとんど動作をためらわずに起きて玄関まで行けました。

 おなかの指圧で胃のドキドキはなく、胃炎の方よりも腹部の異常は感じられませんでした。

 伏臥位、横臥位と指圧をして、左大腰筋に小さな傷はあるようですが、指圧後には日常生活の支障をきたすようなことはなさそうです。

 座位の姿勢が続いて腰に疲労が溜まっていたようです。

 腰を伸ばすと痛いようなので、テーブルに手をついて軽く猫背になってもらうとその痛みは消えました。

 これが理解できてしまえば対処法がわかったということです。

 腰痛で傷ができていれば良い姿勢をすると痛いものなので、軽く猫背になって立位で腰を回す運動をしてもらうと全く痛みは出ませんでした。

 半年間のお話も溜まっていて、癌のこと、腰痛のこと、ダイエットになる運動と食事のことなどをお話しました。

 その笑顔に溢れた会話の中では、御自分が癌であることも、腰痛であることも忘れていたはずです。

 大丈夫です。

 

|

« 80代女性、指圧後は素足に下駄で小走りで買物へ。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、3週間ぶりの指圧。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65268460

この記事へのトラックバック一覧です: 60代女性、急性腰痛、初期胃癌の内視鏡手術が控える。:

« 80代女性、指圧後は素足に下駄で小走りで買物へ。 | トップページ | 50代男性、右殿部下肢痛、3週間ぶりの指圧。 »