« 70代女性、体全体が苦しい、訴えの多い症例。 | トップページ | 気持ちいいをお守りにする。 »

2017年6月29日 (木)

通院の付き添い2日で左坐骨神経痛再発、「身代わり焼き芋」をいただく。

629 目から涼しい

 気温は高くなくても蒸し暑い朝、視線は涼しい色の花を見つけて止まりました。

 昨日は80代女性のお宅で指圧の日、一昨日旦那様が踏切で転倒して顔面を2針縫う怪我をして、その付き添いで連日の病院通いでお疲れです。

 この日は診察まで2時間待ったそうで、左殿部から下肢に痛みが走る坐骨神経痛が再発していました。

 幸い旦那様に骨折や頭を打ったようなことはなく、歩行もできて会話も正常でしたが、思いがけない顔面からの出血で2日続けて病院へ付き添った奥様には心労も体の疲労も大変でした。

 踏切で転倒した時に警察官の方が近くにいて「救急車を呼びましょうか」というのを断ると家まで送ってきてくれたそうで、その時の話をあれこれとうかがいながら全身指圧を終えました。

 額から上唇まで絆創膏の旦那様が「昨日の焼き芋がある」とのこと、テーブルに登場した焼き芋は半分の高さに潰れていました。

 買物の袋を下げて踏切を歩いていて線路の段差に足が引っかかって転倒したのでしょう、買物袋がクッションとなったようです。

 潰れた焼き芋でしたが、これが体を守ってくれたかと思いながら、おいしくいただいてきました。

|

« 70代女性、体全体が苦しい、訴えの多い症例。 | トップページ | 気持ちいいをお守りにする。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65471003

この記事へのトラックバック一覧です: 通院の付き添い2日で左坐骨神経痛再発、「身代わり焼き芋」をいただく。:

« 70代女性、体全体が苦しい、訴えの多い症例。 | トップページ | 気持ちいいをお守りにする。 »