« 昨日のアロマ指圧講座「慢性病のアロマ指圧」。 | トップページ | 横綱白鵬のことば「結びは始まり」。 »

2017年7月21日 (金)

テレビ番組で見た除霊の手技をが背中の刺激であったこと、デトックスのツボ、交感神経の刺激。

721 

 昨夜は明け方まで蒸し暑く、今日も猛暑日になりそうです。今朝は茂り過ぎてたわんだ柿の枝が暑苦しいので葉っぱを間引きました。釣り竿に何匹も魚がかかったような青柿が顔を出しました。

 五行の思想は東洋医学にも易学にもなりました。

 陰陽の考え方で霊的な差し障りを取り除く陰陽師のような人たちも生まれました。

 先日テレビ番組で霊に憑りつかれたという人の背中をさすったり叩いたりする除霊の様子を見て、これはつまり交感神経を刺激する活法に入るのだろうと思いました。

 風邪は第2・第3胸椎間の「風門」から入り、側頭骨乳様突起と頸椎の間にある「風池」に溜まるとされています。

 「風門」の上にある「大杼」が体に溜まった邪気を排出するデトックスのツボと言われていますが、霊を祓う方たちの手技はざっくりと背部の交感神経支配領域を強擦したり叩打したりしています。

 怖い話を聴いていると背中ガがゾクゾクッとするあの感覚は一瞬で血流が滞って体を冷やした状態です。

 脳の血流が悪くなれば、せん妄や催眠の状態に近づく人もいるのでしょう。

 体に活を入れて目覚めさせる手技が「霊を祓う」ことになるのだなぁと思いました。

|

« 昨日のアロマ指圧講座「慢性病のアロマ指圧」。 | トップページ | 横綱白鵬のことば「結びは始まり」。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65561287

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ番組で見た除霊の手技をが背中の刺激であったこと、デトックスのツボ、交感神経の刺激。:

« 昨日のアロマ指圧講座「慢性病のアロマ指圧」。 | トップページ | 横綱白鵬のことば「結びは始まり」。 »