« わずかに圧を増、あるいは減+圧の角度を変える、あるいは患部の向きをわずかに動かす。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性90回目の指圧。 »

2017年8月26日 (土)

40代男性、右肋間前下部の痛み→右背部外側の傷の小さい肉離れ。

826 ニラの花

 花の少ない庭にニラの花が咲いています。暑い中で成長できるからこそニラはスタミナ食なのでしょう。食中毒のニュースが続いています。今日も蒸し暑くなります。

 40代男性、ソフトボールの試合の後に右肋骨のあたりに痛みを感じるようになりました。バットのスイングで体幹を左にねじる方向に右腕を振ると痛みが出ます。

 座位の触診では右肩甲下部の脊柱起立筋がこっていました。

 右の肋骨の高さで脊髄神経に沿った痛みがあるか、肋間筋や肋骨に原因があるの鑑別が必要です。

 伏臥位の指圧では右肩甲下部の最長筋を圧して、筋肉が逃げる(不随意に動く)ところがありました。

 仰臥位の指圧で右肋間や腹部に痛みはなく、仰臥位右肩の屈曲180°で痛みはなく、戻す時にも痛みはありませんでした。

 全身指圧後、座位で右肩を水平内転させていくと痛みがあり、戻して水平外転でも痛みはありました。

 脊柱起立筋というよりも広背筋に傷がありそうです。

 原因はバットスイングや投球動作で右肩を内転+内旋の方向に使い過ぎたからのようです。

 じっとしていれば痛みはなく傷の範囲も小さいようなので、痛みを再現するような動きを控えておけば一週間くらいで痛みはなくなると思います。

 もっとひどい状態では指圧をさせてもらえないので、患部付近を触れたということは重症ではありません。

|

« わずかに圧を増、あるいは減+圧の角度を変える、あるいは患部の向きをわずかに動かす。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性90回目の指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40代男性、右肋間前下部の痛み→右背部外側の傷の小さい肉離れ。:

« わずかに圧を増、あるいは減+圧の角度を変える、あるいは患部の向きをわずかに動かす。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性90回目の指圧。 »