« 今日の午後は飯能生活の木で「不眠と頭痛のアロマ指圧講座」です。 | トップページ | 60代女性、右股関節痛、下肢後側と内側の筋力強化がつけばもっと改善が見込めます。 »

2017年8月 4日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「不眠と頭痛」。

84 薬香草園

 お昼時の飯能生活の木、レストランヤハラテナの中は混んでいましたが、外に人影はありませんでした。

 建物の中、蒸留器の置いてある部屋では100近いラベンダーの束を乾燥させていました。

 昨日のアロマ指圧講座は「不眠と頭痛」がテーマで、頭部顔面の基本指圧と、カモマイル・ローマンを使った頭皮のアロマオイルトリートメントをしました。

 眼窩や後頭骨の際をピンポイントでとらえるには指の角度や先端を使うか側面使うかなど曲面に応じた指先の使い方が必要になります。

 例えば耳の前の顎関節陥凹部はわずかな隙間ですが、中心に「聴宮」、上に「耳門」、下に「聴会」を取ります。

 ここは顔面の筋肉の運動神経を支配する顔面神経の出口であることが重要で、始めは被術者に口を開けてもらって3点を取りました。

 しかし実際は施術中に寝てしまっていることがあり(むしろそのために指圧をしているわけですから)、口を閉じていても指先の向きを変えて3点取れるようにできなければいけません。

 頭皮のアロマオイルトリートメントは櫛けずる指頭軽擦を中心として、髪ではなく頭皮の皮膚をとらえてストレッチするようなイメージで行いました。

 頭皮の揉捏やサークリングも皮膚をとらえて離さずに上下左右に動かします。

 リフトアップの方向を目指せば重力に負けて垂れてきた顔には小顔効果が生まれ、筋膜でつながる首、肩、背中のこりを自然とゆるめることになります。

 四総穴の頭痛の特効穴「列缺」から腕橈骨筋上の求心性の軽擦と、土踏まずから踵の中心のツボ「失眠」への軽擦もオイルで行い、皆さん眠くなったようです。

 マッサージの気持ち良さで増加しているセロトニンは睡眠ホルモンのメラトニンの素になります。

 ゆったりとした、眠くなる、気持のいいタッチが何より大切です。マニュアルの1.2.3の施術ではなく、受け手に合わせてください。

 受け手の体の変化に気を配っていれば同じタイミングではない「ゆらいだタイミングのタッチ」になります。

 そこに忘れられない気持ち良さのワンタッチが生まれることがあります。
 

|

« 今日の午後は飯能生活の木で「不眠と頭痛のアロマ指圧講座」です。 | トップページ | 60代女性、右股関節痛、下肢後側と内側の筋力強化がつけばもっと改善が見込めます。 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138934/65618496

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座「不眠と頭痛」。:

« 今日の午後は飯能生活の木で「不眠と頭痛のアロマ指圧講座」です。 | トップページ | 60代女性、右股関節痛、下肢後側と内側の筋力強化がつけばもっと改善が見込めます。 »