« 80代女性往療指圧後、御夫婦と食事へ。 | トップページ | 40代男性、右肋間前下部の痛み→右背部外側の傷の小さい肉離れ。 »

2017年8月25日 (金)

わずかに圧を増、あるいは減+圧の角度を変える、あるいは患部の向きをわずかに動かす。

825 キウイ一つ増える

 一つだけ残っていたキウイの実の上にもう一つキウイの実ができました。植えて2年目の今年はまだ準備期間、来年の実りに備えて植物も新陳代謝を続けています。

 「主人の頸椎椎間板ヘルニアは指圧でよくなるか?」、先日頭痛で指圧をした女性からの御質問です。

 ギプスで固定しているような重症ではないそうですが、治療はいっさい受けていないようです。

 首にむやみに力を加えるような治療を受けて後で痛みが増したり手がしびれるような怖い思いをしたことがあったのかもしれません。

 首の治療で神経を傷つけるようなことがあれば重篤な麻痺が起こることもありますから、首に施術をする時には弱い刺激で、圧の向かう方向や顔の向きを微調整して当たりを探りながら血行促進をし、神経の圧迫を解放していきます。

 たとえ首を触らなくても、肩関節や体幹を動かすことで首の血行を促進するだけでも何もせずに生活に不自由しているよりはかなり体は楽になります。

 頸椎椎間板ヘルニアでも首の前後や側頸部のどちらかに指圧ができないことはほとんどありません。

 全身が指圧でリラックスすることで首の緊張がゆるむということもあります。

 是非一度御一緒に指圧に来ていただければと思っております。一度の指圧で、今まで苦しんでいた時間はなんだったんだと思う方さえけっこういらしゃるものです。

|

« 80代女性往療指圧後、御夫婦と食事へ。 | トップページ | 40代男性、右肋間前下部の痛み→右背部外側の傷の小さい肉離れ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかに圧を増、あるいは減+圧の角度を変える、あるいは患部の向きをわずかに動かす。:

« 80代女性往療指圧後、御夫婦と食事へ。 | トップページ | 40代男性、右肋間前下部の痛み→右背部外側の傷の小さい肉離れ。 »