« 台風通過。 | トップページ | 痛みを再現しない動きが最適なストレッチ。 »

2017年10月24日 (火)

30代女性、右の首と肩のこり、右手の痛み。

1024 雲と筑波山

 雲の多い朝です。筑波山がかすかに見えます。8時前には霧雨のような雨が降って冷えてきました。

 30代女性、主訴は右の首と肩のこり、調理の仕事をしていて右手に使い過ぎの痛みがあります。

 座位ではズボンのセンターラインはずれていませんが、やや猫背で胸椎の後弯が増強し体幹がわずかに右に側屈しています。

 右手を使うための体の歪み、体幹右側屈で側頸部の右斜角筋群がこり、右手を使うことで右肩が上がって肩こりになっています。

 伏臥位の首の指圧を始めた時には後頭部にむくみがあり両耳が冷たくなっていましたが、後頸部、側頸部、肩上部と指圧をしていくと耳が赤くなって温かくなりました。

 肩甲骨の下で胸椎の後弯が増強し、両側の脊柱起立筋がこっていましたが、軽い指圧を繰り返すうちにゆるみ、この頃には眠っていました。

 下半身は筋肉がゆる過ぎるくらいで、足関節は内転気味に中央で交差しています。

 仰臥位の指圧でもよく眠り、指圧後起き上がるまでに少し時間がかかりました。

 首、肩のこりはゆるみ、手の痛みもなくなったので手の痛みは腱鞘炎というほどではないようです。

 後頸部の椎骨動脈の周囲に詰まりがあったのだろうと思いますが、体全体ではひどく悪い感じはしませんでした。

 下半身の運動不足と右手の使い過ぎが原因ですから、歩くことと伸ばし過ぎない軽いストレッチを頻繁にすることがこりの予防になります。

 お手本通りの目一杯伸ばすストレッチをいきなりやっていたようで、疲れた体にはブラブラ、だらだらとした体育の時間なら先生に怒られそうな体操のほうが効果的です。

 

|

« 台風通過。 | トップページ | 痛みを再現しない動きが最適なストレッチ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30代女性、右の首と肩のこり、右手の痛み。:

« 台風通過。 | トップページ | 痛みを再現しない動きが最適なストレッチ。 »