« 転倒後リハビリ中の男性95回目の指圧、平行棒のリハビリで上肢筋肉痛。 | トップページ | 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 »

2017年10月 9日 (月)

50代女性、腰痛、腰椎前弯の増強。

109 冬桜

 稲刈りの終わった田んぼの土手に冬桜が咲いていました。朝の空気が冷えてきました。

 50代女性、主訴は腰痛、立ち上がる時に痛みがあります。看護師の仕事で夜勤もあり、資格試験や学会もあってこのところ忙しかったようで、座位で腰椎の前弯が増強し、体幹はやや右に側屈+回旋しています。

 猫背を反り腰で矯正していて、腰椎は太ったおなかに引っ張られて前弯しているようです。

 椎間板ヘルニアに似た前から後ろにある神経を圧迫する腰椎の形になっていて、右仙腸関節のあたりまで痛みがありますが、下肢に坐骨神経症状はありませんでした。

 腰椎前弯で見かけは猫背ではないようですが、背中がこっていました。

 伏臥位、仰臥位と全身指圧後、体幹のねじれを矯正するために大殿筋、中殿筋、梨状筋のストレッチで施術を終えると立ち上がる時に痛みはありませんでした。

 自分の後ろ姿を直に見ることはできないので、猫背を矯正して良い姿勢をしているつもりがおなかに引っ張られて腰椎前弯の反り腰になっていました。

 客観的に後ろから姿勢の歪みを把握して、背中のどこから筋肉が硬くなっているかを左右それぞれ確認していけば体には必ず左右差があります。

 そのこりを無理やりな力を入れずに表面から少しずつゆるめていけば、自然に骨格の矯正の指圧になります。

|

« 転倒後リハビリ中の男性95回目の指圧、平行棒のリハビリで上肢筋肉痛。 | トップページ | 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50代女性、腰痛、腰椎前弯の増強。:

« 転倒後リハビリ中の男性95回目の指圧、平行棒のリハビリで上肢筋肉痛。 | トップページ | 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 »