« 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 | トップページ | 90代男性、足の甲のむくみ。 »

2017年10月11日 (水)

60代女性、椅子に座ると右坐骨の痛み、右首痛。

1011 飛行機が低く飛ぶ

 今朝見上げた空にいつもより近くに見えた飛行機、胴体に赤いペイントがあって、立川にでも降りたのでしょうか、旅客機のようだったので米軍関係者の家族が乗っていたのかもしれません。

 60代女性、椅子に座ると右のお尻が痛いとのことで坐骨の座面との接触により仙腸関節を突き上げる刺激が骨盤内の痛みを生むようです。

 仙腸関節捻挫、腸腰筋の傷、梨状筋などの股関節外旋筋の傷などが疑われます。

 右の首にも寝違えのような痛みがあって首の右回旋で痛みが再現されました。首の回旋の動きは反対側の胸鎖乳突筋の働きですが、寝違えの原因は同側の斜角筋群の問題ほとんどです。

 首、肩、腰と痛みを伴うこりがあり、右仙腸関節の真ん中あたりに痛み、右中殿筋に痛みがありましたが、梨状筋などの外旋筋群や下肢後側の坐骨神経の延長部位に痛みはありませんでした。

 仰臥位の指圧後、右梨状筋のストレッチで痛みはなく、右中殿筋、大殿筋、腸腰筋のストレッチでは痛みが再現されました。

 おそらく骨盤内で右腸腰筋に傷があり、座位で体幹右回旋で手仕事をする姿勢による首と腰の筋肉疲労から一部の筋肉が裂けたということのようです。

 指圧後にも椅子に座ると痛みがありましたが、それ以外では無理な動きをしなければ痛みは出ないので、痛みを再現しないことと同じ姿勢を続けないことで自然に治っていきます。

 これで全身のこりがゆるんでいるうちは続けて指圧をしなくても痛みを出さないように右のお尻の下にだけ畳んだバスタオルなどを当てて、左坐骨に体重をかけるようにすることで、右の患部を安静にすることができます。

 右の首もいじったり痛みを我慢してストレッチをするよりは、安静と同じ姿勢を続けていかないことで必ず治ります。

 患部をかばって他のこりが強くなるようならいつでも指圧にいらしてください。

|

« 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 | トップページ | 90代男性、足の甲のむくみ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60代女性、椅子に座ると右坐骨の痛み、右首痛。:

« 70代男性、左肩こり、右ふくらはぎ外側のこり、お孫さんとキャッチボール。 | トップページ | 90代男性、足の甲のむくみ。 »