« 30代女性、右の首と肩のこり、右手の痛み。 | トップページ | 久々の晴れ。 »

2017年10月25日 (水)

痛みを再現しない動きが最適なストレッチ。

1025 椿とブルーベリーの葉

 今日も雨、前回の往診でちらし寿司をいただいたので、庭の椿と紅葉したブルーベリーを採ってきました。

 月曜の午前中まだ台風が通過している頃に障子の張り換えをして久々に手首と腰が痛くなりました。

 和室の西北隅の、家具もあってはずしにくい障子を持ち上げてずらして、幅もあるので変なへっぴり腰になって、左手関節尺側と左腸骨周囲の腸腰筋を傷めたようです。

 古傷のあるところなので、徐々に痛くなって昨日がピークでしたが、今日は前屈で床に指がつきます。

 ルーティンのストレッチやエクササイズは昨日も今日もやっていますが、痛みの出ない範囲で行いました。

 強い作業を長時間続けたわけではないのですが、十分に体幹を正対できない位置に足を置いて、滅多にしない動きをすると体を痛めることもあります。

 これは治っていく痛みだということが経験上わかっていたので強く圧したり、無理なストレッチをしなかったので明日にもすっかり痛みは消えていそうな感じがします。

 腰と手首が痛めてもできる力を使わない指圧を研究してきたので、指圧をすることはむしろストレッチになります。

 今体の不調を抱えている方も「痛みを再現しなければ普通に生活できる」ということを強く信じてください。

 痛みや不調や不安を忘れている時間は患部を安静にできています。

 痛みや苦しみを確かめて、自分を追い込まないでください。

 無理に何かをしなくても血流が体を治してくれます。

|

« 30代女性、右の首と肩のこり、右手の痛み。 | トップページ | 久々の晴れ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛みを再現しない動きが最適なストレッチ。:

« 30代女性、右の首と肩のこり、右手の痛み。 | トップページ | 久々の晴れ。 »