« 40代女性、受精卵移植に備えた指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性100回目の指圧、のど風邪残る。 »

2017年11月18日 (土)

60代男性、左側頸部から左手の痛み。

1118 朝は雨ではありません

 今朝はくもりでまだ雨は降り出しておらず、風がないので寒いというほどではありません。午後は雨の予報、8時には町の産業祭りを知らせる花火が上がりました。

 外で過ごされる方はこれから気温が下がってきそうなので風邪など引かないようにお気をつけください。

 60代男性、主訴は左の首から手に走る痛み、左の首の付け根の斜角筋隙、左鎖骨下外側の小胸筋から腋窩、左肩関節前の陥凹部のツボ「肩髃(けんぐう)」、左肘窩横紋橈側のツボ「曲池」、前腕「手三里」、示指中手骨側面「合谷」と、橈骨神経に沿った痛みがあります。

 これは腕神経叢に沿った神経根症状で、首、肩、背中がこっていました。

 特に気になったのが猫背と左肩甲下部の癒着したこりです。

 その対角線となる右腰部もこっていて、右大腿外側の指圧で痛みがあり、日常の右足体重で左肩が上がっている姿勢が診えてきます。

 頭痛や吐き気、めまいの訴えはなく、頭部のむくみや顔の歪み、会話に不明瞭なところはないので脳血管障害の心配はいらないようです。

 伏臥位、仰臥位と指圧をし、坐骨神経に沿ったストレッチ不足のこりもありましたが、足に冷えはなく、おなかの指圧でも特に問題はありませんでした。

 風呂上がりに座椅子に座っていると左首から左手への神経根症状が強くなるということなので、左肩甲下部の筋肉の癒着が入浴でゆるんだ右半身との姿勢の悪さを強めることになっていたように思います。

 典型的な左橈骨神経に沿ったこりですが、このケースでは左肩甲下部のこりを表面から丁寧にゆるめていかないと症状の改善は期待できません。

 指圧後は猫背が改善され身長が伸びて見えました。

 猫背が改善された分、今までより枕は低くするべきですが、もともと低い枕を使っていたそうなので、今までは寝ていて顎が上がるような無理があったのかなと思います。

 座椅子、枕など、毎日使うものが体に合っているかどうか、体の歪みを作らないためにチェックしてみてください。

 


|

« 40代女性、受精卵移植に備えた指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性100回目の指圧、のど風邪残る。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60代男性、左側頸部から左手の痛み。:

« 40代女性、受精卵移植に備えた指圧。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性100回目の指圧、のど風邪残る。 »