« 体幹リセットダイエット法は指圧の体重移動に似ている。 | トップページ | 80代女性、ぎっくり腰が指圧翌日に治る、旦那様も退院。 »

2017年12月27日 (水)

70代男性、夜中に狭心症の発作、両肩痛。

12281 筑波山

 今朝は昨日よりも空が澄んでいて筑波山は靄に霞んでいます。この冬になってから外の水道の水を手が凍りそうなほど冷たく感じたのは今朝が初めてです。

 70代男性、10月に狭心症の発作で3日入院しました。治療は薬が増えたのみで、手術はしませんでした。

 夜中に狭心症の発作で目が覚めて、ニトログリセリンを使うと症状は治まったということですが、両肩の痛みが気になって指圧にいらっしゃいました。久しぶりの指圧です。

 前回の指圧の時よりもおなか周りが太っています。運動はしていないそうで、お酒を毎日一合くらい飲んでいるそうです。

 座位では左肩が下がって脊柱が左に側弯しています。猫背で肩甲下部はとても硬くなっていました。

 心臓疾患では伏臥位の施術が心臓の負担になるためできない場合がありますが、御自分から伏臥位の姿勢をとり、バストマットがあるので苦しくないということを確認して、伏臥位の指圧から始めました。

 首、肩、上肢の大腸経と小腸経に沿ったこり、肩甲骨より下の脊柱両側のこりをゆるめていきます。

 殿部の筋肉はたるんでいて、大股で歩いていないようですが、下肢に心臓疾患のむくみは感じられませんでした。

 現役で建築の仕事をしているので立っている時間が長いので下肢の筋肉の運動になっているのでしょう。

 足に冷えはなく、仰臥位の指圧にうつると、肥満したおなかの指圧の途中でトイレに行き、全身指圧を終えました。

 指圧後、座位ではまだ脊柱は左側弯気味でした。

 狭心症発作の痛みが左胸部に出るそうなので、左に体重を寄せて使わないようにかばうので使わな過ぎになっていそうです。

 両肘を曲げ、両拳を胸の前で合わせて両肩を水平内転・水平外転させて左右に体幹をねじるストレッチでは左前胸部に痛みが出ました。

 狭心症の痛みを左肩から前胸部の筋肉のこりが強めているということもありそうです。

 手術で冠動脈を拡げることがなかったので、症状が重くないのだとしたらストレッチや指圧が有効なのではないでしょうか。

 発作の後に指圧にいらっしゃったのは体調に不安があったのでしょう。

 私は前回の指圧の時よりもひどく悪くなっているようには感じられませんでした。発作が起きないようにお役に立てれば幸せです。
 

|

« 体幹リセットダイエット法は指圧の体重移動に似ている。 | トップページ | 80代女性、ぎっくり腰が指圧翌日に治る、旦那様も退院。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70代男性、夜中に狭心症の発作、両肩痛。:

« 体幹リセットダイエット法は指圧の体重移動に似ている。 | トップページ | 80代女性、ぎっくり腰が指圧翌日に治る、旦那様も退院。 »