« 今日は冬至。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性、左下肢伸びる。 »

2017年12月23日 (土)

上体起こしの腹筋は腰痛の原因に。

1222_2 飛行物体

 西へ向かう細く短い光、おそらく飛行機ですが、気の早いサンタクロースかもしれません。

 「上体起こしの腹筋」が腰痛やヘルニアの原因になるとして日本バスケットボール協会では推奨していないことがニュースになっていました。

 仰向けで頭と背中を一枚の板のようにして数㎝だけ浮かせる「カールアップ」、横向きで上体を浮かせる「サイドブリッジ」、四つん這いから片方の腕と反対側の脚を伸ばして挙げる「バードドッグ」を各5秒×5回で腹筋運動になるそうです。

 スポーツ庁では体力測定に「上体起こし」を取り入れていますが、おそらく見直されることになりそうです。

 「上体起こしの腹筋が腰椎に曲げ伸ばしの負担をかけて腰痛になる可能性を高めている」ということが研究によって明らかになったそうなので、うっかり御客様に薦めることはできません。

 うさぎ跳びや運動中に水を飲まないという指導が過去のものとなったように、見逃せないニュースでした。

|

« 今日は冬至。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性、左下肢伸びる。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上体起こしの腹筋は腰痛の原因に。:

« 今日は冬至。 | トップページ | 転倒後リハビリ中の男性、左下肢伸びる。 »