« 午後は飯能生活の木で「足がつる人のアロマ指圧講座」。 | トップページ | 50代女性、右肘痛、10kgのお孫さんを抱っこ。 »

2017年12月 8日 (金)

昨日の「足がつる人のアロマ指圧講座」。

128 リースとラベンダー

 昨日は飯能生活の木で「足がつる人のアロマ指圧講座」をしてきました。

 束ねて乾燥させてあるラベンダーの前にはクリスマスの近さを感じさせるリースが飾ってありました。

 講座では足がつる原因の解説の後、立位のふくらはぎのストレッチで、腓腹筋には膝伸展、ヒラメ筋には膝軽度屈曲+下腿外旋+足外転が必要であることを説明し、腓腹筋ストレッチでは脚を前に出し、ヒラメ筋ストレッチでは脚を後ろに引いて、効いている感じを実感していただきました。

 続いて仰臥位下肢の指圧+股関節とふくらはぎのストレッチ、仰臥位でふくらはぎのゼラニウムとサイプレスを使ったむくみをとるアロマオイルトリートメントの実技を行いました。

 腓腹筋のオイルトリートメントではアキレス腱と腓腹筋起始部の大腿後側遠位をしっかりと軽擦することがポイントです。

 センサーである腱紡錘の働きが就寝中に下肢の重さと布団との圧迫で弱まって、収縮した筋肉を弛緩させるための本来の働きができなくなることが夜間に「足がつる」多くの人の原因です(妊娠中や、糖尿病、閉塞性動脈硬化症などの病気でも足がつることがあります)。

 足がつっている最中に激痛の中でストレッチをすることは困難で、夢のように一瞬で治ることもありません。

 夜寝る前の水分補給、栄養バランスの良い食事でミネラル補給、日頃のストレッチ、指圧、マッサージで冷えとむくみを解消し血行促進しておくことが足がつらないための予防法です。

|

« 午後は飯能生活の木で「足がつる人のアロマ指圧講座」。 | トップページ | 50代女性、右肘痛、10kgのお孫さんを抱っこ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の「足がつる人のアロマ指圧講座」。:

« 午後は飯能生活の木で「足がつる人のアロマ指圧講座」。 | トップページ | 50代女性、右肘痛、10kgのお孫さんを抱っこ。 »