« 昨日のアロマ指圧講座「肩の5つの内旋筋をゆるめてスマホ肩を改善」。 | トップページ | 70代女性、右手掌感染症手術後示指が曲げにくい、物が握りにくい、2回目の指圧。 »

2018年4月 7日 (土)

スギとヒノキの花粉飛散量すでに昨年の2.2倍。

47 ハルモミジ

 雲が蓋をしたような空、今朝は暖かくてハルモミジの紅葉が見頃になりました。

 3月の気温の高さでヒノキの3月中の飛散量は昨年の3月の43.6倍、今年のスギとヒノキを合わせた花粉の飛散量はすでに昨年の2.2倍になっているそうです。

 マスクをして指圧にいらっしゃる御客様にうかがうと、ヒノキの花粉症の方の症状は例年よりも重いようです。

 示指側面延長線上で第2中手骨橈側の背側骨間筋上の「合谷」から前腕外側で橈側の橈側手根伸筋に沿った大腸経の指圧を花粉症の方にすると、詰まっていた鼻が通ります。

 アレルギー反応で鼻の血管が拡張して鼻づまりになっていますから、頭部顔面ののぼせを遠隔操作で緩和するのが経脈の流れ(神経の流れ)に沿ったツボ指圧の効果です。

 鼻にテープを貼って鼻の通りをよくする商品が売られているように、鼻の両側の指圧や副鼻腔の骨の隙間の空間に圧を響かせる頭部顔面の指圧も花粉症の目や鼻、のどの粘膜症状には効果があります。

 幸い今年も花粉症の強い症状に苦しむことなく過ごせているのは、毎日の自己指圧・ストレッチ・アロマ・運動・食事などのメンテナンスのおかげのようです。

|

« 昨日のアロマ指圧講座「肩の5つの内旋筋をゆるめてスマホ肩を改善」。 | トップページ | 70代女性、右手掌感染症手術後示指が曲げにくい、物が握りにくい、2回目の指圧。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギとヒノキの花粉飛散量すでに昨年の2.2倍。:

« 昨日のアロマ指圧講座「肩の5つの内旋筋をゆるめてスマホ肩を改善」。 | トップページ | 70代女性、右手掌感染症手術後示指が曲げにくい、物が握りにくい、2回目の指圧。 »