« 殿部のストレッチはお尻を浮かせないのがコツ。 | トップページ | 安定期に入った御客様から妊娠の御報告。 »

2018年4月30日 (月)

30代男性、右坐骨神経に沿った殿部から下肢のこり。

430 ヘビイチゴ

 今朝も陽射しが強く、足元の葉っぱの緑とヘビイチゴの赤が光を反射させています。

 30代男性、夜勤の翌日の休みで、長時間寝て指圧前はゴロゴロと過ごしていたそうで全身がむくんでいます。

 主訴は右の殿部から下肢後側の坐骨神経に沿ったこりと痛みです。

 首や背中もこっていましたが、右殿部、左右の大腿後側が特にこっていて、膝が外を向いたО脚です。

 右下腿内側で脛骨際の長趾屈筋から続く内踝外周の腎経「水泉」、と同じく腎経の足底「湧泉」の指圧で強い痛みがありました。

 全身のむくみと右の坐骨神経痛、踵体重のО脚で、下肢後側のストレッチ不足は明らかです。

 伏臥位、仰臥位と指圧をした後、大殿筋、中殿筋、梨状筋、大腿二頭筋のストレッチを「効いている感じがわかるまで」角度や体勢を微調整して覚えていただきました。

 指圧とストレッチ後、立ち上がるのが楽になったそうで、上半身の汗、腋汗をかいて良い運動になったようです。

 伏臥位の指圧の終わりでトイレに行きましたが、3kgくらいはむくみがありそうなので、塩分の摂り過ぎかもしれません。

 「湧泉」や「水泉」の指圧での痛みは、腎経の悲鳴と考えて、毎日のストレッチと大股で後ろに残した爪先で地面を蹴る歩行を心がけてください。

 連休中もいつも通り指圧をしておりますので、お疲れの方は指圧にいらしてください。

|

« 殿部のストレッチはお尻を浮かせないのがコツ。 | トップページ | 安定期に入った御客様から妊娠の御報告。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30代男性、右坐骨神経に沿った殿部から下肢のこり。:

« 殿部のストレッチはお尻を浮かせないのがコツ。 | トップページ | 安定期に入った御客様から妊娠の御報告。 »