« 年度末、体のスイッチも切り換え時。 | トップページ | 卵巣嚢胞の手術をした女性、腰痛、腰椎の動きが悪い。 »

2018年4月 1日 (日)

60代女性、疲れる、不眠、接骨や整体で治らない、電話の口調が強過ぎる。

41 テントウムシ

 4月最初の朝は晴れて暖かく、テントウムシも気持ちがいいのでしょう、じっとしていました。

 60代女性、主訴は疲れがとれないとのこと、接骨にも整体にも行ったそうですが効果がなかったということです。

 講座の受講生の方からの紹介だということが後でわかったのですが、それにしては電話の口調が強過ぎて、周りの人たちと距離の取り方で苦労をしてきたのではないかと思いました。

 予約の時間には30分遅れて、近くの車の通る道でない草ぼうぼうの所をナビの指示があったからと通るのか迷って電話をかけてきたことなどからも、とても混乱していることがわかります(ほおっておくと大変なことになりそうなので久々に走って、そのまま走って正しい道に誘導しました)。

 座位では猫背で円背と言っていい亀の甲羅のような丸さがあるので、骨粗鬆症の傾向が診てとれます。

 自覚的には肩こりで足が冷えているということですが、肩上部にこりはなく、足は逆に熱いくらいです。

 健康情報に詳しく、いろいろ知っていらっしゃるのですが、寝る前に運動をしていて、それではより眠れなくなりますし、盛んに「毒素」という言葉を使うのですが、高血圧、高血糖の状態を検査で指摘されているようなので、呪術的な何かに答えを求めるよりは医学的、科学的に自律神経訓練法や食事制限をしていくことが必要だと感じました。

 伏臥位から指圧をしていくと、右肩甲下部と右大腿後側の坐骨神経に沿ったこりがあり、足に感じていた冷えや「毒素」は円背の影響による坐骨神経痛です。

 温かい足を冷たいと感じるのは糖尿病の末梢障害の可能性も気になります。

 指圧中はずっとしゃべっていました。脈拍は指圧前が1分間に84くらいで、指圧後には60くらいになり、口調も穏やかになりました。

 四つん這いで背中を丸める背中のストレッチ、足趾が丸まっていたの使わな過ぎのふくらはぎの筋肉を使う立位で壁に手をついての踵の上げ下げ、イライラを解放するために座位で拳を強く握りしめて肩を上げ、息を止めて10秒間思いっきり力を入れてから脱力する自律神経訓練法を覚えていただきました。

 久しぶりに心身の混乱の強さが際立つ方に指圧をしました。

 縮んでいた身長は3cmほど伸びました。

 また来ていただければ必ず納得していただける指圧ができると思います。

 

|

« 年度末、体のスイッチも切り換え時。 | トップページ | 卵巣嚢胞の手術をした女性、腰痛、腰椎の動きが悪い。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60代女性、疲れる、不眠、接骨や整体で治らない、電話の口調が強過ぎる。:

« 年度末、体のスイッチも切り換え時。 | トップページ | 卵巣嚢胞の手術をした女性、腰痛、腰椎の動きが悪い。 »