« 今朝の紫外線今年最強、風は冷たい。 | トップページ | 30代男性、右坐骨神経に沿った殿部から下肢のこり。 »

2018年4月29日 (日)

殿部のストレッチはお尻を浮かせないのがコツ。

429 ブドウの実

 ブドウの実ができました。まだトンブリほどの硬く小さな実の房です。今は上に向かって伸びていますが成長すると重さで下に垂れてきます。

 垂れるといえば今週木曜の飯能の講座は「腰痛を股関節周囲のアロマ指圧」で改善するというテーマなので、股関節を動かす3つの殿筋のストレッチも実技に含まれます。

 殿筋のストレッチのコツは「お尻を浮かさない」ということです。

 左大殿筋のストレッチを例にあげれば、伏臥位で右大腿前側で鼡径部の近くに左足の外側をクロスさせて、曲げた右膝を両手で抱え込み胸に近づけていくことで、左股関節を最大屈曲させていきます。

 プロレスの四の字固めの形で左足首が膝に近い位置にあると左のお尻が浮きやすくなります。

 ポイントは大殿筋は股関節伸展に働きますから、股関節を屈曲させて「お尻に効いている」という感覚があれば大殿筋がストレッチされているということになります。

 しっかりと形が作れて、向かう方向が正しければ、抵抗があるのですんなりと大きくは動かないものです。

 楽に動いて効いていると感じない時は、お尻が浮いています。

|

« 今朝の紫外線今年最強、風は冷たい。 | トップページ | 30代男性、右坐骨神経に沿った殿部から下肢のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殿部のストレッチはお尻を浮かせないのがコツ。:

« 今朝の紫外線今年最強、風は冷たい。 | トップページ | 30代男性、右坐骨神経に沿った殿部から下肢のこり。 »