« 今日の午後は飯能でアロマ指圧講座。 | トップページ | スギとヒノキの花粉飛散量すでに昨年の2.2倍。 »

2018年4月 6日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「肩の5つの内旋筋をゆるめてスマホ肩を改善」。

45 ハーブガーデン

 昨日は飯能生活の木で「スマホの内巻き肩を改善するアロマ指圧講座」でした。

 肩を内旋させる大円筋、広背筋、肩甲下筋、大胸筋、三角筋前部の5つの筋肉の指圧とストレッチで、体の正面でスマホを使う時の肩関節内旋で固定されて起こる首と肩の緊張緩和を目指しました。

 まずは伏臥位で、肩を背中側に内旋させる筋肉の大円筋と広背筋をゆるめました。

 この2つの筋肉は猫背のスマホ肩では使わな過ぎで肩の可動性のブレーキになっていることが多いので、左の大円筋と広背筋停止部の指圧では、左肩関節伸展(左上肢後方挙上)のフォローをして肩甲骨下部から上腕骨上部内側の小結節稜に停止するこの2つの筋肉の形を浮き上がらせて指圧します。

 この時に肘を曲げて肩を伸展させると筋肉がわかりにくくなるので肘は伸ばして肩と上肢をベッドから浮かせます。

 使わな過ぎの筋肉に運動をさせるということから指圧を考えていくと、使い過ぎの筋肉にはそれがストレッチになることもよくあるので施術の構成に無理がありません。

 次に、仰臥位肩関節外転90°で、肩甲骨の前側を覆う肩甲下筋を、腋窩から母指先端を水平方向に圧し込んでから肩甲骨に向けて圧し下げます。

 奥まで無理に圧し込まず、後で肩の外旋のストレッチをして指が届かないところもゆるめていきます。

 続いて、大胸筋と三角筋は上肢を下げて、鎖骨部に注目して指圧をしました。

 スマホを持つ時のように、肘を曲げて前腕が体幹の中心部にあれば肩関節は内旋しています。

 逆に、肘を曲げて上腕は脇腹につけて前腕が外側に開けば、肩関節外旋の動きになりスマホ肩のストレッチになります。

 また、猫背の手仕事の逆の上半身の使い方は「バンザイをすること」です。

 正確に目的の筋肉をとらえて指圧とストレッチをする講座でした。

 今回はアロマオイルトリートメントを肩の内旋筋にはしませんでしたが、アロマミストではラベンダーとユーカリ・グロブルスを焚いていて、自習用にこの2つの精油をブレンドしたオイルをお渡ししました。

 肩の内旋筋にをとらえてアロマオイルトリートメントをすることでも同じような効果があります。

 

|

« 今日の午後は飯能でアロマ指圧講座。 | トップページ | スギとヒノキの花粉飛散量すでに昨年の2.2倍。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座「肩の5つの内旋筋をゆるめてスマホ肩を改善」。:

« 今日の午後は飯能でアロマ指圧講座。 | トップページ | スギとヒノキの花粉飛散量すでに昨年の2.2倍。 »