« 40代女性、右耳の詰まり感、右の大腸経に沿った上肢、肩、首のこり。 | トップページ | 風に当たるストレス、「威」のない圧が薬になる。 »

2018年4月15日 (日)

右手掌感染症手術後、示指が曲げにくい、物をつかみにくい、一週間ぶりの指圧。

415 生まれたて?

 今朝は小雨、濡れた道路にクロアゲハがいました。傷ついた様子もなく、動きもあるので、早朝で油断していたのか、生まれたてで飛び方がわかっていないのか?蝶の若さなど考えたことがありませんでしたが、幼く見えました。

 70代女性、原因不明の右手掌感染症の手術で生命線に沿って縫合痕があり、示指が動かしにくく、物を握ったり、つかんだりで痛みがあって右手が使いにくい状態、一週間ぶりの指圧です。

 座位では猫背で肩から背中がこっています。疲れやすく、風呂のバスタブをまたいで入浴するのに股関節が動かしにくいという訴えもありました。

 伏臥位の指圧から始めると、左半身にこりが集中していました。

 右手をかばうために、左中殿筋にО脚のこりがあり、左足体重になっていたようです。

 仰臥位下肢の指圧で、左大腿前側から外側のこりを指圧するとおなかが大きな音を立てて動き始めました。

 猫背のО脚、左足体重、内臓下垂、3ヶ月服用した抗生物質による腸内善玉菌の死滅もあって、胃腸の働きの悪さも疲れやすさの原因です。

 全身指圧後、猫背解消のストレッチの後、右手から前腕の内側を中心にラベンダーでオイルマッサージをしました。

 前回よりも手掌や前腕内側のこりはゆるみました。

 バスタブをまたぐ時の股関節は動かさな過ぎ、ストレッチをすれば問題ありません。

 指圧前の脈拍は1分間に84でしたが指圧後には60に落ち着きました。

 思うように回復しない右手の使いづらさが全身の疲れとなっていたようですが、指圧をすれば元気になりますし、右手手術痕の引きつれもアロマオイルマッサージのエモリエント効果で柔らかくなります。

 焦らずに、示指の3つの関節の曲げ伸ばしや母指と小指の対立運動、手指の内転運動、外転運動、前腕屈筋のストレッチなど、リハビリでやっていないことがあれば丁寧に続けていきましょう。

 右手を使う時の不自由さは必ず減っていきます。

|

« 40代女性、右耳の詰まり感、右の大腸経に沿った上肢、肩、首のこり。 | トップページ | 風に当たるストレス、「威」のない圧が薬になる。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右手掌感染症手術後、示指が曲げにくい、物をつかみにくい、一週間ぶりの指圧。:

« 40代女性、右耳の詰まり感、右の大腸経に沿った上肢、肩、首のこり。 | トップページ | 風に当たるストレス、「威」のない圧が薬になる。 »