« 右膝裏上下のこりと左の背部・殿部から足底へのこり。 | トップページ | エゴノキの実。 »

2018年6月23日 (土)

40代女性左前頭部の頭痛、右側頸部のこりから顔は右に向けていたことがわかる。

623 切った枝の柿の実

 柿の木が高くなり過ぎたので、木に登って、高枝切りノコギリを伸ばして枝を切りました。地上からでは届かない高さに、たくさんの柿の実ができていました。

 40代女性、主訴は左前頭部の頭痛、薬を飲んで一旦は治まった頭痛が再発して指圧にいらっしゃいました。

 座位の触診では左のこめかみに痛みがあり、右側頸部にも強い痛みがありました。

 右利きで右肩こりもあって猫背になっていることから、右側頸部の斜角筋群は同側への側屈に使い、右手を使うために顔を右に向けて猫背になっていたことがわかります。

 顔を右に向ける時には左の胸鎖乳突筋を使って反対側への回旋をします。しかし、右胸鎖乳突筋がこっていなかったことから体幹を右にねじっていたようです。

 左腰から左中殿筋のこりが左足を外側に開いて体幹を右回旋させていたことを知らせてくれていました。

 伏臥位の首、肩の指圧でこもっていた熱が発散していきました。

 下肢の指圧では足首だけ冷たく、右アキレス腱上部のふくらはぎがこっていました。

 右足は中途半端な爪先立ちの姿勢で仕事をしていたのかもしれません。

 背中の指圧からおなかがよく動き、全身指圧後、頭痛は消えていました。

 左前頭部の頭痛ですが、姿勢から右半身のこりが頭痛解消のポイントでした。

 特に右ふくらはぎのこりは頭痛の時に意識できないので、ここが今回の頭痛では最重要ポイントだと感じました。

 足首の出るアンクルソックスを履いていて、仕事場は熱を使う作業なので冷房を効かせていて足元に風がくるとのこと、仕事の時は足首の隠れる靴下に履きかえてください。

|

« 右膝裏上下のこりと左の背部・殿部から足底へのこり。 | トップページ | エゴノキの実。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40代女性左前頭部の頭痛、右側頸部のこりから顔は右に向けていたことがわかる。:

« 右膝裏上下のこりと左の背部・殿部から足底へのこり。 | トップページ | エゴノキの実。 »