« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

70代女性、右手掌感染症手術後に示指の曲げ伸ばしがしづらい、腫れが引いてきました。

630 夏の花 グラジオラス

 右手掌の原因不明の感染症手術後、右示指の曲げ伸ばしがしづらい70代女性の3週間ぶりの指圧です。庭で育てたグラジオラスをいただきました。

 先週は頭がふらっとして調子が悪くなったことがあるそうですが、一昨日は卓球のサークルで練習ができたそうです。

 骨粗鬆症の薬を飲み始めて胃腸の調子が悪いそうで、年齢の骨密度標準値の90%以上はあるそうなので、主治医の先生に服薬を中止できないか相談してみるとのことでした。

 座位の触診では首、肩、背中が硬くなっていましたが、ひどい猫背になっているということはありません。運動と食事で骨の薬はやめられるかもしれません。

 伏臥位から指圧を始め、仰臥位になると両足が中心より右、頭が中心より左に傾いていました。

 右手をかばうために体幹を中心より左側に傾けていることが多いではないかと思います。

 頭がふらっとしたのも体側への傾きによる血行不良が生まれて立ちくらみのようなことが起こったのでしょう。

 仰臥位の指圧ではおなかがよく動き、右示指にはラベンダーでオイルマッサージをしました。

 前回より関節や手掌のむくみは少なく、示指の曲げ伸ばしもオイルマッサージ後には滑らかになりました。

 背中のこりがゆるんだので、胃腸の具合も、頭のふらつきも心配いらないでしょう。

 梅雨が明けたので低気圧による体の不調は減りますが、高温多湿の日が続くので熱中症対策は引き続き必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

ロシア サッカーワールドカップ、虫除けにバニラを散布。

629 梅雨明けかな?

 セミが鳴き、トンボが飛んで、今朝は乾いた暑さ、太陽が近くなって紫外線の圧が強くなりました。梅雨明けの発表があってもよさそうな青空です。

 昨夜のサッカーのワールドカップで日本はポーランドに1対0で負けましたが、決勝トーナメントへ駒を進めました。

 決勝トーナメントに進むために1対0のまま守備を固めるという反則点差での優位に賭けた作戦も思い切った判断でしたが、アロマセラピストとしては虫除けにバニラを散布したというニュースがびっくりでした。

 # ロシアはバニラが安い? # 奮発した? # 虫除けにバニラ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

高齢者の体調不良。

628_2 真っ白だったアジサイが

 今朝は時々小雨が降る梅雨らしい空模様、白かったアジサイはいつのまにかピンク色に変わっています。

 昨日は80代女性のお宅で指圧の日、2週間前は認知症の初期症状のような言動にとまどったのですが、今回は頭の回転が滑らかでまたとまどいました。

 一昨日は旦那様が病院で処方された風邪薬を飲んだ後にボーっとしてしまい呼びかけても反応しなくなって時間外外来に行ってきたそうなので、それがショック療法になったのかもしれません。

 その旦那様はのどの風邪のようで、37℃の熱があって足の甲がむくんでいましたが、脳や心臓の検査で緊急性のあるような詰まりや出血は見つかりませんでした。

 心臓のバイパス手術後に10種類の薬を飲んでいるということなので、風邪薬との相互作用で血管が拡がり過ぎて脳貧血のようなことが起こったのかもしれません。

 会話は正常でしたが、この日は体調が悪いようで、旦那様は指圧後のお茶の時もベッドで体を休めていました。

 奥様も声がかすれて疲れた様子でしたが、指圧後は跳び起きる勢いで立ち上がることができて、声も明るく高くなっていました。

 蒸し暑いので冷房は必要ですが、高齢の体を冷やし過ぎたりのどの渇きに気づかないでいると風邪を引くこともあるでしょう。

 成人量の薬を飲むと、高齢者では強過ぎるということもあると思います。

 時間外外来では医師から年齢が年齢だけに何があってもおかしくないので入院するか、家へ帰るかと聞かれたそうです。

 一日無事過ぎれば良しとして、丁寧に謙虚に生きるべきであることは、生まれたばかりの命も、我々も、高齢者も、同じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

今日は梅雨の蒸し暑さ。

627 ネジバナに蜂

 草を刈ったあとにネジバナが育って蜂がやってきました。

 もう関東でも梅雨明けでいいんじゃないかと思うような日が続きましたが、今朝は梅雨らしい蒸し暑さと曇り空です。

 朝から汗がまとわりつくような湿度と気温ですから今日も熱中症への注意が必要です。

 栄養と水分補給と休憩もいれながら今日は往診に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

60代女性、肩こり、背中のこり、イライラ、声の音圧が強過ぎる。

626 ブルーベリー

 昨日の暑さでブルーベリーが色づき始めました。熟したのは大粒の実が5つほど、今年のブルーベリーは酸味と甘味のバランスが上出来でした。

 60代女性、久しぶりの指圧、主訴は肩こりと背中のこり、座位の触診では猫背で背中が縮まっていて、右側がより硬くなっていました。

 何より気になったのは「声の強さ」、イライラしていることがわかります。この声の音圧だと普通の会話が攻撃的に聴こえます。

 汗をかいていて上半身がのぼせています。甲状腺機能亢進症を疑いたくなりますが、甲状腺の検査で異常はないとのことです。

 健康診断で高血糖、高血圧の指摘があり、高血圧は服薬治療をしていましたが、食事療法で改善されて今は薬を飲んでいません。

 前回の指圧後に覚えていただいたストレッチを続けているとのことでしたが、仕事で腕の力を使うことが多く、体幹や下半身が使えていないので、右の肩から背中に慢性的なこりがあります。

 指圧中はずっとしゃべり続けていました。

 伏臥位の交感神経支配領域の指圧が終わって仰臥位になると、声の音圧が半分くらいに穏やかになりました。

 強い声に対して、穏やかな声と柔らかいタッチで体をなだめていった結果です。

 全身指圧後、背中と肩のストレッチを復習して指圧を終えました。

 威嚇的であったり、威圧的、攻撃的な強い声になっている時はのぼせているので、体の除圧をするとその場にふさわしくない余計な力みは声にもこめられなくなります。

 怒りやすい、イライラする、のぼせるなどの時には、外部からの重圧を受け止める心身の余裕がなくなっています。

 指圧は指の力で圧すことではなく、指紋部を皮膚表面に密着させて、心身の澱(おり)を吸い上げるように取り除き、プレッシャーで潰れた心身の除圧をすることなのです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

嵐山町35000本のラベンダー園。

625 5.7㌶ ラベンダー畑

 嵐山町の35000本のラベンダー園、正式には来年7万本でオープンするそうで、昨日はプレイベントのラベンダーまつりでした。

 ずっと奥のほうまで広大なラベンダー畑、嵐山渓谷の近くです。

 7月1日まで一般開放されているそうです。

 看板のレトロな玉川温泉は秋田の岩盤浴とは違って、アルカリ度の高い透明な温泉、温泉の温度が高いのでしばらく行っていません。

 嵐山渓谷の北側にあった日帰り温泉の平成楼はもう営業をやめていたのですね。肝だめしスポットのように古くなった建物が残っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

エゴノキの実。

624 エゴノキの実

 沖縄が梅雨明けしたそうなので関東の梅雨も後半に入ったのかもしれません。

 ウォーキングの途中、エゴノキがたくさんの実をつけていました。

 今週は30℃近い日が続く予報なので、今日は夏の準備をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

40代女性左前頭部の頭痛、右側頸部のこりから顔は右に向けていたことがわかる。

623 切った枝の柿の実

 柿の木が高くなり過ぎたので、木に登って、高枝切りノコギリを伸ばして枝を切りました。地上からでは届かない高さに、たくさんの柿の実ができていました。

 40代女性、主訴は左前頭部の頭痛、薬を飲んで一旦は治まった頭痛が再発して指圧にいらっしゃいました。

 座位の触診では左のこめかみに痛みがあり、右側頸部にも強い痛みがありました。

 右利きで右肩こりもあって猫背になっていることから、右側頸部の斜角筋群は同側への側屈に使い、右手を使うために顔を右に向けて猫背になっていたことがわかります。

 顔を右に向ける時には左の胸鎖乳突筋を使って反対側への回旋をします。しかし、右胸鎖乳突筋がこっていなかったことから体幹を右にねじっていたようです。

 左腰から左中殿筋のこりが左足を外側に開いて体幹を右回旋させていたことを知らせてくれていました。

 伏臥位の首、肩の指圧でこもっていた熱が発散していきました。

 下肢の指圧では足首だけ冷たく、右アキレス腱上部のふくらはぎがこっていました。

 右足は中途半端な爪先立ちの姿勢で仕事をしていたのかもしれません。

 背中の指圧からおなかがよく動き、全身指圧後、頭痛は消えていました。

 左前頭部の頭痛ですが、姿勢から右半身のこりが頭痛解消のポイントでした。

 特に右ふくらはぎのこりは頭痛の時に意識できないので、ここが今回の頭痛では最重要ポイントだと感じました。

 足首の出るアンクルソックスを履いていて、仕事場は熱を使う作業なので冷房を効かせていて足元に風がくるとのこと、仕事の時は足首の隠れる靴下に履きかえてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

右膝裏上下のこりと左の背部・殿部から足底へのこり。

622 キキョウ

 セージの下にキキョウが花を咲かせていました。開いた花はお供えして、一輪ツボミを残しました。

 30代男性、主訴は左の背中、腰、殿部から足底までのこり、右膝裏の上で3つの筋肉がこっていて、右膝窩の下では腓腹筋の内側頭がこっていました。

 介護の仕事をされているので、上半身を抱き起す時などに右腕を主に使って、左足が前で左膝を立てて、右膝は深く曲げる姿勢で行うことが多いのではないかと推測できます。

 膝を伸ばす力は右母趾に強くかかり、腓腹筋内側頭に爪先立つ力が多くかかります。

 この時に体幹は右側に沈みこむために左足は開き気味になり、О脚+外転の力が左下半身には働いて、坐骨神経に沿った緊張が生まれます。

 改善策としてはベッドの側面に正対することが一つの方法、これは重量挙げのようになってやりにくいので、仰臥位の右側面に位置する時は思い切って足先の方向を向いて右足を前に出します。

 右腕は手の甲を上に向けて前腕の外側が背中の下部に当たるようにして、左手は左腋に差し入れるようにして、自分の体幹をお辞儀するように前屈させます。

 膝を伸ばして立ち上がるイメージではなく、前のめりになる感覚で自分の背筋を動員して肩甲骨から上肢の力を出すようにします。

 左足前で頭の方向を向く時は、後ろになる右爪先を外側に向けることで左下肢のО脚+外転の開きを自分の体の中心に近づけることができます。

 指圧後は体がゆるみ背中が伸びました。

 体の使い方や毎日のストレッチで体に対する気づきが生まれて、指圧に対する反応も良くなってきています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

昨日の胃腸症状のアロマ指圧講座。

621 夏至の朝

 夏至の朝、晴れてきました。キウイの蔓が空へ伸びています。

 昨日の胃腸症状のアロマ指圧講座は、前頸部の指圧で迷走神経を刺激して内臓の働きを活発にさせるところから始め、背部の交感神経支配領域で内臓反射の反応点である背部兪穴の指圧、下肢前側胃経の指圧、腹部の基本指圧、上肢外側の大腸経、三焦経、小腸経のマジョラムとフェンネルを使ったアロマオイルトリートメントの実技を行いました。

 腹部の手掌圧が腹痛の手当ての基本です。

 そしてそれを消化管の流れに沿って行うのが「の」の字の9点の手掌圧、それをさらに細かくした20点の両母指圧や腸揉みのろとう揉捏など、腹部だけでも様々な圧し方がありますが、それをさらに効果的にするために行うのが前頸部や背部、上肢・下肢のツボ指圧やアロマオイルトリートメントです。

 ツボの位置にあるこりをゆるめることができれば胃腸の働きを促進することができることが多いのですが、常にそこが反応点となっているわけでもなく、手応えがないツボをむやみに圧し続けることはあまり効果が期待できません。

 体全体の詰まりをゆるめることを考えて、多くのツボを知り、気持ちがいいということで胃腸が働くようにすることが良策です。

 施術者が力まずに、良い呼吸をして背中を伸ばして施術し、リラックスして指圧をすることによって自分の胃腸が働くようになる時に、被術者の胃腸も良く働くようになります。

 おなかの手掌圧はこの先ずっと日課として続けられる自己指圧です。おなかに手を当てて、自分の健康を確かめてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

今日は原宿生活の木で胃腸症状のアロマ指圧講座。

620 ブドウ育つ

 ブドウの実が大きくなってきました。

 今日は原宿生活の木で胃腸症状のアロマ指圧講座です。

 指圧は検査をすると同時に適量の圧刺激によって全身のこりやむくみ、のぼせや冷えを解消し、未病のうちに病気の素を絶ち、血行促進によってホルモンの分泌と内臓の働きを活発にすることを目的とします。

 胃腸の働きが悪い「痩せ形、胃下垂、虚証タイプ」では補の指圧、便秘の「肥満、高脂血症、高血圧、実証タイプ」では瀉の指圧と、温めて補うのか、過剰なものを発散させてデトックスをするのかでタッチは変わります。

 おなかの指圧はもちろん大切ですが、内臓反射で硬くなる交感神経支配領域の背中や胃経が下行する下肢前側、大腸経、三焦経、小腸経が上行する上肢外側の指圧も胃腸の働きを活発にします。

 迷走神経を刺激する前頸部の指圧、便秘のエクササイズと、アロマオイルトリートメントなど、2時間の講座で全てを自分の感覚に取りこむのはなかなか難しいことだと思います。

 指圧中に胃腸が音を立てて動くようであれば、こりがゆるんで心身がリラックスしたということです。

 一つのツボを正確にとらえられるようになるだけでも、そこから指圧への理解が深まって自分の健康維持に大きく役立ちます。

 今指圧をしているここに何があるのかは、力で押し込んではわかりません。

 簡単に人に触れてはいけない、人を傷つけてはいけない、触れるからには敬意を持って丁寧に触れる、指圧をすることで大事なことがたくさんわかります。

 どんな講座になるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

ブロック塀に目がいく。

619 梅雨の晴れ間

 今朝は青空、午後は暑くなりそうです。

 朝のウォーキングでは道沿いのブロック塀に目がいきました。

 昨日の地震でブロック塀の下敷きになって命を落とした9才の女の子は、緑色に塗られた安全なはずの道路の端を歩いていました。

 建築の基準を満たさないブロック塀が小学校に使われていたのですから、大きな地震の時に倒れるブロック塀は他にもあると思っておいたほうがよさそうです。

 昨日の地震で他にもブロック塀や倒れてきたタンスの下敷きになって亡くなった方がいらっしゃいます。

 咄嗟の判断でできることは少ないですが、普段から周囲の状況に注意を払っておく必要があると痛感しました。

 出かける時の持ち物にはコンビニなどで商品が欠品することも考えて、飲み物と食べ物を用意したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

大阪で震度6弱の地震。

618 少しだけ青空

 地震が続いています。

 さきほど7時58分には大阪で震度6弱の地震がありました。

 昨日の午後3時過ぎには群馬で震度5弱の地震があり、その直前に緊急地震速報が入りましたが、ほとんど間をおかずに埼玉でも揺れがきました。

 千葉沖ではプレートがゆっくりと動いているようです。

 いざという時に備えて、体を動かせるようにしておきましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

70代男性、鉄の板を磨く作業で右肩のこり。

617 ブルーベリー

 陽が射さなくてもブルーベリーが色づいてきました。

 70代男性、主訴は右肩こりと左の腰痛、鉄の板を磨く作業をしたそうで、右利きなので右の僧帽筋から三角筋前部、上腕二頭筋と左肩甲骨の棘下筋、左腰、左殿部がこっていました。

 左足が前で左手で鉄の板を押さえて、中腰で右肘を曲げたり伸ばしたりして磨いたのでしょう。

 左半身は固定され左足の爪先は外を向いたО脚での作業だったことがこりの様子からうかがえます。

 足は冷えていました。

 寒い日だったのでいつもよりもこっていましたが、軽い圧で指圧を繰り返すと体はゆるみました。

 今日は梅雨の合い間のくもりの一日になりそうで庭仕事をしても熱中症の心配はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

涼しいを通り越して寒い。

616 落花生

 今朝は風を切って歩くと指先が冷たくなりました。台風が日本列島を北上していこうとしている朝ですが、こちらはまだ小雨、大雨になると庭の落花生が水に浸かるかもしれません。

 昨日は2月に第二子を出産した女性の頭痛と肩こりの指圧をしました。

 側頸部から肩上部僧帽筋、三角筋にこりがあり、右上肢内側と左殿部の対角線のこりがあり、上肢外側や殿部以下はむくんでいました。

 赤ちゃんを抱っこして、上のお子さんと手をつないで荷物を背負うという状況があればこってくるだろう部位がこっていて、大股で爪先を使ってあるくことができなければ殿部以下はむくみます。

 子育ての目まぐるしい日常でお疲れですが、前回の出産後よりはこりの程度もむくみの程度も軽症です。

 抱きかかえて肩を上げる僧帽筋や肘を曲げる上腕二頭筋がこっていましたが、前胸部のこりがないのでいつもよりも猫背にはなっていないようです。

 お子さんからの要求が一人分増えたので肩こりや頭痛の素になるストレスは増えていますが、体は背中を伸ばして猫背になって起こる疲れを予防しようとしています。

 疲れが溜まっても指圧に来ていただければまたリセットのお手伝いをさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

雨、気温が下がる。

616 ミツバチ

 今朝はウォーキングの途中で雨が強くなりましたが、その前後は小雨か曇り、最高気温が20℃前後の雨の一日になる予報で、週末の金曜日ですから疲れも溜まって血行不良で体に不調が起こりやすい日です。

 一時間に一回は首、肩、背中のストレッチや、軽いスクワット、足首を回すなど、同じ座位姿勢を続けないようにしておきましょう。

 今週もアクセルとブレーキの踏み間違えの事故や新幹線が止まってしまうような事件や事故が続きました。

 体のこりは咄嗟の反応を鈍らせます。神経の伝達が素早く行われて動きに支障がないように、マイベストな状態をキープするように努めましょう。

 指圧による血行促進は身の安全を守り、未病のうちに病気を治すことになります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

高齢者の脳のつながりがうまくいかない時、こだわりが強くなり、思考の柔軟性がなくなる。

615 晴れの予報がくもりに

 今朝は半袖では涼しいくらい、薄い雲が空を覆っています。

 昨日は3週間ぶりに80代女性のお宅で指圧、左大腿前側の梁丘のあたりがこっていて湿布を貼っていました。

 指圧後はこりがゆるみ、下駄を履いて歩いていたので体は問題ありません。

 少し脳のつながりがうまくいっていないのか、間違えることや、こだわりが強くなっていて、疑心暗鬼になって旦那様を非難するような愚痴を言うこともあり、認知症の初期のまだら呆けのようなことが少し前から始まっていたのかなぁと思いました。

 指圧後にお茶をいただいている時に、旦那様が全く同じことを一言一句間違わずに2回繰り返すことが2回あって、お二人とも元気で世相にも詳しいのですが、高齢者の二人暮らしは刺激が少な過ぎて、脳にスイッチが入らないような時間ができてしまうのだなぁと思いました。

 次回はまた2週間後にうかがうので、体の柔軟性だけでなく思考の柔軟性のお手伝いをしてこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

40代女性、季節の変わり目の不調、肩こり、頭痛、ダイエットの停滞。

613 アジサイ

 今朝採ったアジサイと椿の実、周りにはアップルミント、今日は暑くなりそうです。

 40代女性、主訴は季節の変わり目の体調不良、頭痛と肩こりがあって、今まで順調に減っていた体重もダイエットの停滞期に入っているようです。

 右の肩から上腕橈側の大腸経に沿ったこりがあって、右手の使い過ぎがありそうです。

 毎日運動をしていて食事にも気をつけているようですが、全体的に筋肉は弱く、まだまだ筋力をつけていく必要があります。

 ダイエットを始めてから5kgほど体重は落ちたそうなので、ここからは筋肉をつけることを考えて、体重は現状維持ならよしとするくらいでいいでしょう。

 年齢的には女性ホルモンが減少する頃で、運動不足もあって体重が増えたようですが、気持ち良く体を動かす習慣を続けていくと生活の質を落とさずにダイエットをすることができます。

 体は同じ運動を続けると気づかないうちに省エネの動きになっていたり、同じ食品を摂り続けるとダイエットに効果的だとされる食品でも体が慣れてしまってデトックス効果が薄れていきます。

 全身指圧後、肩がゆるみ、おなかがよく動いてリラックスできたようなので健康状態に問題はありません。

 指圧を受けて自分の体を点描画として客観的に知ることは気づきのマインドフルネスになります。

 自分では見落としている背中の情報は特に必要なマインドフルネスです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

40代女性、頭痛、肩こり、台風通過の影響、美容院の肩揉みの揉み返しも。

612 キウイ育つ

 今日は30℃近くになる予報ですが、8時を過ぎてもまだ雲に覆われています。キウイがマッチ箱の大きさに近づいてきました。

 40代女性、主訴は頭痛と側頸部から肩のこり、美容院の肩揉みで揉み返しになってしまったようです。

 台風通過の影響でお天気病としての頭痛が起こりやすい日でもあります。

 首、肩、背中の指圧で四肢末端や頭部、肩から熱が発散していきました。

 伏臥位の指圧が終わっておなかはよく動き出しましたが、仰臥位腹部の指圧で下腹部は冷えていました。

 揉み返しの肩の炎症があってのぼせていたのでアイスノンで頭を冷やして寝たそうですが、おなかも冷やしてしまったようです。

 頭寒足熱で頭を冷やすのは良いことなのですが、この時期はまだ明け方に冷えることが多いのでおなかにはバスタオルでも当てて頭を冷やすとよかったかもしれません。

 指圧後、頭痛はなくなり、肩もすっきりしたそうです。

 揉み返しの肩の指圧は、指紋部を密着させても強く圧してはいけません。

 軽く密着させて、ふわりと離す、印影は鮮明でなくていいので拇印を疲れないように何10個も圧すイメージです。力はいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40代女性、頭痛、肩こり、台風通過の影響、美容院の肩揉みの揉み返しも。

612 キウイ育つ

 今日は30℃近くになる予報ですが、8時を過ぎてもまだ雲に覆われています。キウイがマッチ箱の大きさに近づいてきました。

 40代女性、主訴は頭痛と側頸部から肩のこり、美容室の肩揉みで揉み返しになってしまったようです。

 台風通過の影響でお天気病としての頭痛が起こりやすい日でもあります。

 首、肩、背中の指圧で四肢末端や頭部、肩から熱が発散していきました。

 伏臥位の指圧が終わっておなかはよく動き出しましたが、仰臥位腹部の指圧で下腹部は冷えていました。

 揉み返しの肩の炎症があってのぼせていたのでアイスノンで頭を冷やして寝たそうですが、おなかも冷やしてしまったようです。

 頭寒足熱で頭を冷やすのは良いことなのですが、この時期はまだ明け方に冷えることが多いのでおなかにはバスタオルでも当てて頭を冷やすとよかったかもしれません。

 指圧後、頭痛はなくなり、肩もすっきりしたそうです。

 揉み返しの肩の指圧は、指紋部を密着させても強く圧してはいけません。

 軽く密着させて、ふわりと離す、拇印を疲れないように何10個も圧すイメージです。力はいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

スーパーに車が突っ込む事故、アクセルを踏んだまま、ばね指のように脚がロックされることもある。

611 台風の雨

 台風の影響で朝の通勤時間には大雨の予報ですが、こちらではまだ雨も風も強くなってきていません。

 昨日はスーパーに車の突っ込む事故で多くの重傷者が出たとの報道がありました。

 アクセルを踏み込んだ足を戻すことができなくなって車が暴走してしまったと運転手は話しているようです。

 坐骨神経痛などの足の神経障害を伴う病気や怪我を抱えての運転では、ばね指のようにアクセルに乗せた足を踏み込む不随意運動が起きてしまうこともあると思います。

 ぎっくり腰や寝違えの当日の運転は、後ろの安全確認を直に目視ですることができないので事故を起こすことがあるかもしれません。

 自分は気をつけていても、寝不足、疲労、トイレを我慢しているなど、体調に余裕がない状態で運転しているドライバーもいます。

 運転前の足、膝、股関節のストレッチ、腰痛や肩こりがあれば腰、背中、肩、首のストレッチをしておくことも必要です。

 短い距離の運転だからといっても、アクセルとブレーキの踏み間違えの事故は動き出した時に多発しています。

 低い段差でつまづくようであれば足が上がっていませんから、О脚であればブレーキに移動させたつもりが爪先はまだアクセルの上にあるかもしれません。

 毎日のストレッチ、始動前のストレッチ、事故を起こさないために必要です。

 ずっと腰痛や下肢のしびれを抱えている方は、是非一度全身の指圧を受けてみてください。

 関節のロックをはずす潤滑油の分泌を活発にすることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

60代男性、両大腿内側の痛み、右母趾の冷えを訴えるが温かい、労作性狭心症で服薬中。

610 ネジ花

 昨夜は短い時間ですが雨が急に強く降ることもあり、今朝は小雨が降ったりやんだりしています。草を刈ろうとしていた場所にネジ花が咲いていました。今日は草を刈るのをやめにします。

 60代男性、主訴は両方の大腿内側に痛みがあり、右膝に何とも言えない嫌な感じがあるとのこと、右母趾の冷えを自覚していますが、触ってみると温かく、冷えてはいません。

 久しぶりの指圧、労作性狭心症で服薬中で血圧は安定してきていて収縮期血圧は130以下、拡張期血圧も90以下だそうです。

 最近の血液検査で肝機能と血糖の数値が正常値を超えていて、医師から禁酒を言い渡されてビールから炭酸水にかえることにしたそうです。

 仰臥位下肢から指圧をしていくと、右大腿内側中央よりやや上の薄筋を中心として内転筋が癒着したような親指大の塊がありました。

 指圧をしてゆるむ普通のこりとは違うようです。筋肉の傷プラス動脈硬化の硬さ、血糖の重さという感触です。

 伏臥位では背部のこりや坐骨神経に沿った大腿後側のこりがあり、右ふくらはぎの指圧でふくらはぎがつりました。

 肥満体で狭心症があることから、下肢の閉塞性動脈硬化症にもなりやすい血管の状態であることが疑えます。

 糖尿病の末梢神経障害ではなさそうに思えます。

 全身指圧後に背中や大腿後側のこりはゆるみましたが、右下肢内側の違和感がすっかり消えたわけではないようです。

 指圧で治ればと思っていらしゃいましたが、体の状態の説明をしながら指圧をしていくうちに、次の診察で主治医の先生に相談しようと御本人が納得する指圧になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

アキレス腱の痛みに動き出す前に浅いストレッチをする。

69 白アジサイ

 庭の東側に白いアジサイが咲きました。ブロッコリーがなくてカリフラワーを買ったような、少し違う感じがします。

 右ふくらはぎの下部が痛いという方に指圧をしました。

 腓腹筋にこりはありましたが、足の背屈のストレッチで症状を再現する痛みがあったので痛みはアキレス腱の傷からきているようです。

 筋肉や腱に傷がある時は軽度屈曲が一番痛みが出にくく、ストレッチをすると伸展痛が生じます。

 アキレス腱にはある程度の年齢になれば誰でも傷があるようで、運動会で急に走ったお父さんがアキレス腱を断裂したという話はよく耳にします。

 踵は歩行の着地で体重を受け止めていますから、踵骨後側に停止するアキレス腱はジャンプやターンなどの多いスポーツをした経験があって、その後運動不足になっていると、急な激しい運動で抱えていた小さな傷が大きく裂けることがあります。

 体重の増加や冷えやむくみなどの血行不良もアキレス腱の柔軟性に影響を及ぼしますから、アキレス腱が痛くて重症でなければ、動き出す前に足底を床につけて、膝を前後に動かすゆるいアキレス腱のストレッチをすることを習慣にします。

 できる人は患側の片膝を立てて足底はしっかりと全体を着地させて膝を前に出していきます。

 この時に爪先を外側に向けると痛みが出にくい人は日常生活でも立ち上がる時に意識して爪先を外側に向けるようにします。この逆に内側に爪先を向けると痛みが増す人が多いと思います。

 立ち上がる時に体重をかけている方のアキレスが傷ついていることが多いので、できる人は意識して反対側の足に体重をかけて立ち上がったり、立位でも反対側の足に体重を乗せるようにします。

 実際は体の使い方は簡単に変えられないので、普段からゆるいアキレス腱のストレッチを習慣にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「膝痛に大腿のアロマ指圧」。

68 ウラジロハコヤナギ

 薬香草園では風にひるがえるウラジロハコヤナギの葉がキラキラしています。

 昨日の「膝痛に大腿のアロマ指圧」の講座では、大腿の前側、後側、内側、外側の筋肉のとらえ方を中心に、足から膝までのローズマリー・カンファーとジュニパーを使ったアロマオイルトリートメント、殿部、大腿のエクササイズとストレッチの実技を行いました。

 見逃されてしまいがちですが、胡坐をかく時に使う縫工筋と胡坐を戻す時に使う薄筋、大腿後側の半腱様筋が停止して鵞足を形成する脛骨内側上部は、膝の内側の安定支持の役割を果たす重要なポイントです。

 上前腸骨棘から縫工筋、恥骨から薄筋、坐骨から半腱様筋と支配神経の違う3つの筋が停止する脛骨上部内側は骨盤の安定のためにも重要なポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

今日の午後は飯能でアロマ指圧講座。

67 ミカン

 梅雨入りした昨日の雨がやんで今朝は晴れ間がのぞいています。ウォーキングコースにあるミカンの実が梅の実くらいの大きさになっていました。

 今日の午後は飯能生活の木で「膝痛を大腿のアロマ指圧」で緩和する講座をしてきます。

 スポーツ障害が最も多く発生する関節である膝は、大腿の筋肉や靭帯、腱、クッションである半月板によって支えられています。

 膝関節の前側・後側・内側・外側を支える大腿の筋肉は骨盤の腸骨・坐骨・恥骨から下腿の脛骨・腓骨に停止する二関節筋で、膝の支持とともに骨盤の安定を保つ役割も担っています。

 大腿の筋肉が加齢によって衰えると、立位の姿勢や歩行に影響を及ぼして、転倒やさらなる運動不足、認知症などへの進行の原因ともなります。

 膝を中心に、殿部と下肢の指圧・ストレッチ・エクササイズの、すぐに役立つ実技をしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

梅雨入りになりそうな雨の朝。

66 キョウチクトウ

 今朝は雨、今日は関東地方にも梅雨入りの発表がありそうです。

 庭のキョウチクトウの枝が雨の滴をまとわりつけた満開の花の重みで斜めにしなっています。

 枝を箸として使っても経口毒性があるというキョウチクトウ、花にも葉にも土壌まで影響を及ぼすという強い毒性を持つとともに、原爆の被爆地でも早く花を咲かせたという強い生命力を持っています。

 これからカビや食中毒、熱中症など、湿気や暑さへの対策が必要になります。

 環境の変化に折り合いをつけながら命を保っているのですから、ヒトの日常は毎日がサバイバルです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

40代女性、右側腹部から肋骨の際に沿った痛み。

65 今朝のキウイ

 晴れが続いて紫外線への肌の感受性が敏感になってきたように感じます。何事も過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

 40代女性、右の背中から脇腹の痛みで、整形外科での検査で異常なしだった直後に指圧にいらっしゃいました。痛みは1ヶ月続いているそうです。

 座位の触診では首から肩、背中がこっていて頭痛があるとのこと、右肋骨の下縁に沿って脇腹の方へ向かうと痛みがありますが脊柱の両側に痛みはありません。

 伏臥位の指圧で後頸部から背部をゆるめ、右の背中と対角線になる左中殿筋の指圧で痛みがありました。右に体重をかけないように左下肢外側のほうに体重をかけているようです。

 下半身の後側はむくんでいて、歩くことがほとんどなく、下半身のむくみ、上半身ののぼせという状態です。

 左股関節伸展や回旋のストレッチが患部に響くことはなく、ぎっくり腰の初期のような炎症はなさそうです。同側の股関節のストレッチでも痛みはありませんでした。腸腰筋は患部から除外できそうです。

 伏臥位から仰臥位への体位変換で痛みがあり、ゆっくりと向きを変えていました。

 両下肢前側と左大腿外側にこりがあり、上肢の指圧では問題ありませんでした。

 頭部前胸部の指圧では首、肩のこりがゆるんでいました。

 そして腹部の指圧では右季肋部の縁に沿って痛みがあり、整形外科で骨には問題がないことがわかっていますから、一番疑われるのは腹横筋の肉離れのような傷です。

 全身指圧後、痛みが出ない範囲で伏臥位から前腕をついて上半身を起こす運動と猫背になる背筋のストレッチをしていただきました。

 その後、起き上がる時に痛みはありませんでした。

 胆石や腎臓結石であればもっと痛みがありそうです。

 痛みは体をねじる時や背中を反らす時などに起こるようなので、筋肉の傷が原因のようです。

 始めは背部からの肋間神経痛を疑いましたが、最後の腹部の指圧で右上腹部に患部があると絞れました。

 右利きで座っていることが多いと詰まりやすい部位ではあり、座位で固定して運動不足の血行不良だと治りにくくなります。

 ストレッチや歩くことで「ぎっくり腰」のような傷は自分の血液が治していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

指の痕が真っ赤につく小顔矯正でなくても、丁寧に軽い刺激を繰り返せばいい。

64_1 ブドウ育つ

 今朝は秋晴れのように爽やかな空でした。ブドウの実が大きくなってきました。

 テレビで頭皮のマッサージで顔のたるみを引き上げるというエステの施術を見ましたが、首が指の痕で真っ赤になっていたのが気になりました。

 皮膚や筋肉の張りが加齢によって失われてきて、重力に抗しきれずに顔のたるみやシワができますが、力づくで筋肉や皮膚を緊張させて一時的に引き上げる効果は、丁寧に気持ちいい軽い刺激で引き上げた時の効果と変わりはありません。

 首に何本もの指の痕をつけて過ごすほうが顔のたるみよりもみっともないです。

 強い力で組織を傷つけるようにして無理やり緊張させるのと、たるみの老廃物を流してむくみの分を引き締めるのと、どちらがいいかは冷静に考えれば答えははっきりしています。

 強い刺激でも効果は一時的で重力に抗するためには何度も同じことをしなければいけなせん。

 繰り返し行うならばダメージが少ない施術を選択すべきです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

40代女性、両方の肩こりでしたが、いつもの左に効果的な指圧ポイントが。

62 アジサイ

 6月に入ってアジサイが青くなってきました。

 40代女性、2ヶ月ぶりの指圧でいつもは左の肩こりですが、今回は両肩のこりが主訴です。

 側頸部から肩上部の僧帽筋、肩甲間部とゆるめていくと、いつもよりも右側がこっていました。

 しかし、仰臥位になっておなかが音を立てて動く指圧ポイントは左大腿前側や左上肢外側で、固定して使われる左半身の動かさな過ぎに対して指圧が運動になって血行促進と緊張の緩和によってリラックスしておなかが動いたようです。

 指圧の間隔が空いたので右半身もこっていましたが、やはり体の使い方の癖で、緩むまでに時間がかかったのは左の側頸部から肩上部、上腕外側のラインでした。

 指圧後は御自分ではゆるめようがなくなっていた肩こりがすっきりしたとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

山椒の実。

62 山椒の実

 庭で採った山椒の実です。

 軸をとり下茹でをすると強い香りが拡がりました。

 油分もたっぷりあるので精油にできそうですが、実をつまんだ指で口の周りに触れてもヒリヒリするので刺激が強過ぎて精油になっていないのかもしれません。

 一粒で十分にスパイスの役目を果たす山椒の実が丼2杯分ほど採れました。

 6月になると急かされるように山椒の実が採りたくなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

手掌尺側の尺側屈筋腱の痛み。

61 朝6時前でこの陽射し

 今朝は日の出からすぐに強い陽射しが照りつけています。今日から6月、梅雨前の衣更えには貴重な晴れの一日になりそうです。

 庭の木の枝が伸びて高枝切りバサミを使う日が続いていたら、私の左手掌尺側で時々ばね指のように引っかかる部分が気になるようになりました。

 これは普通に細い枝を切っていたら左手は添えるだけなのですが、太い枝をねじ切る時に雑巾搾りのように高枝切りバサミを回転させるので左尺側手根屈筋腱の豆状骨と第5中手根骨底の間に炎症ができたようです。

 短小指屈筋、小指対立筋、小指外転筋との鑑別は、それぞれの動きをしてみれば痛みは尺側手根屈筋であることが明白です。

 高枝切りバサミを使わなければ症状は出ませんし、使い過ぎて痛みが出ても程度は軽いものですから指圧をすれば治まります。

 腱鞘炎は腱を覆う柔らかい滑膜性腱鞘がその外側の硬い靭帯性腱鞘と擦れて炎症を起こし、これが進行して滑液が溜まると関節の曲げ伸ばしで引っかかるようになります。

 使い過ぎて滑液が関節の曲げ伸ばしを妨げるようになっても、早目の指圧で症状が改善することがわかりました。

 炎症で細くなった通路の詰まりを流すのですから、軽い圧で、詰め替え用シャンプーの残りを圧し出すくらいの刺激で十分です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »