« ブロック塀に目がいく。 | トップページ | 昨日の胃腸症状のアロマ指圧講座。 »

2018年6月20日 (水)

今日は原宿生活の木で胃腸症状のアロマ指圧講座。

620 ブドウ育つ

 ブドウの実が大きくなってきました。

 今日は原宿生活の木で胃腸症状のアロマ指圧講座です。

 指圧は検査をすると同時に適量の圧刺激によって全身のこりやむくみ、のぼせや冷えを解消し、未病のうちに病気の素を絶ち、血行促進によってホルモンの分泌と内臓の働きを活発にすることを目的とします。

 胃腸の働きが悪い「痩せ形、胃下垂、虚証タイプ」では補の指圧、便秘の「肥満、高脂血症、高血圧、実証タイプ」では瀉の指圧と、温めて補うのか、過剰なものを発散させてデトックスをするのかでタッチは変わります。

 おなかの指圧はもちろん大切ですが、内臓反射で硬くなる交感神経支配領域の背中や胃経が下行する下肢前側、大腸経、三焦経、小腸経が上行する上肢外側の指圧も胃腸の働きを活発にします。

 迷走神経を刺激する前頸部の指圧、便秘のエクササイズと、アロマオイルトリートメントなど、2時間の講座で全てを自分の感覚に取りこむのはなかなか難しいことだと思います。

 指圧中に胃腸が音を立てて動くようであれば、こりがゆるんで心身がリラックスしたということです。

 一つのツボを正確にとらえられるようになるだけでも、そこから指圧への理解が深まって自分の健康維持に大きく役立ちます。

 今指圧をしているここに何があるのかは、力で押し込んではわかりません。

 簡単に人に触れてはいけない、人を傷つけてはいけない、触れるからには敬意を持って丁寧に触れる、指圧をすることで大事なことがたくさんわかります。

 どんな講座になるか楽しみです。

|

« ブロック塀に目がいく。 | トップページ | 昨日の胃腸症状のアロマ指圧講座。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は原宿生活の木で胃腸症状のアロマ指圧講座。:

« ブロック塀に目がいく。 | トップページ | 昨日の胃腸症状のアロマ指圧講座。 »