« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

長時間の車での移動、腰痛、首右回旋、右中殿筋と左大腿後側のこり。

831 8月最後の朝

 今朝は蒸し暑く、陽射しは真夏、雲は秋めいています。咲き乱れるミントの間に曼珠沙華を探してみましたが、いつもの場所にまだ芽は出ていませんでした。

 ドライブ旅行で長時間助手席に乗っていた女性、主訴は右腰痛、首が右に回旋し、右中殿筋のストレッチと左大腿後側のストレッチで痛みがありました。

 首の右回旋によって体幹は右に側屈+回旋して右腰は狭くなっています。その姿勢に合わせて右股関節は開いていたので右中殿筋にこりが生じ、左膝は曲げたままの姿勢が続いたので左大腿後側がこっていたようです。

 乗車中の座位の時間が長く、右ハンドルの車の助手席で左の窓から陽射しを受ければ、体を右に傾けたくなります。

 会話の相手が右にいるということでも体は右に傾きます。

 全身指圧後、背中が伸びました。

 猛暑の8月、皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

伸び上がれば痩せる。

830 アサガオ

 花のない時期にアサガオが咲きました。鳥が種を運んできたか、雨で流れてきたか、植えていない庭の隅で咲いています。

 昨日NHKの「ガッテン」でメタボ脱却に体重の3%のダイエットで効果があることを紹介していました。

 「塵も積もれば…」で溜まった内臓脂肪から生活習慣病が悪化していきます。

 3%のダイエットでは腹囲はあまり変わらないようですから、重力に抗して伸び上がる運動、爪先立つ運動で、体の後ろ側の筋肉を使うと同時におなかをへこませると、身長が伸びて、下がった胃腸が上がって、その時点でのマイベストな体型になります。

 これに体幹をねじる運動、体幹を起こす運動、下肢を上げる運動を加えると体は締まっていきます。

 内臓脂肪が溜まるのは一口の積み重ね、体を引き締めるのは一伸びの抗重力運動の積み重ねです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

50代女性、下痢が続いている。

829 2日同じ場所にいる

 今年初めて見つけたステルス戦闘機の形の蛾、昨日の朝も同じ所にいました。玄関先の外灯の周りを飛び回られると厄介ですが、形は鳥人間コンテストで使えそうな機能美をしています。

 50代女性、「ここ何日か下痢が続いている」ということですが腹痛はなく、食中毒になりそうな食材も食べていないということです。

 朝10時に「下痢になる」ということなので、水様便が続いているということで何回もトイレに行かなければ困る状態ではないようです。

 猫背で肩と背中がこっていて胃腸が下がり、津液(しんえき=飲食物から作られる体液)を作り全身に運ぶ脾経の左下腿内側の指圧でおなかに水の流れる音がしました。

 日中の猛暑と夜のエアコンをかけての睡眠がストレスとリラックスの両極端になって、就寝中に活動の衰えていた胃腸が働き過ぎるのではないかと思います。

 熱中症予防に水を飲め、エアコンをかけろという注意喚起が毎日のようにあるので、痩せ形の体形では水の摂り過ぎ、エアコン設定温度が低過ぎになっていたのではないかと思います。

 冷えはなく、仰臥位腹部の指圧で下垂していた胃腸の位置は上がりました。

 肩こりと猫背がゆるみ胃腸の位置が上がったので、胃腸は働きやすくなっています。

 就寝時の仰臥位姿勢で重力から解放された胃腸が急に働き始めるという状態からは変わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

雷雲の西の端。

828 昨日の雷雲

 昨日は猛暑から夕方には竜巻注意報が発令されて雷雨になりました。

 このあたりが雷雲の通過する西の端だったようで、雷は東や南の空で光って、雨の量は少なく、雹も降りませんでした。

 大きな天災を経験したことがないありがたい地域ですが、少し雷雲の向かうコースがずれていたら豪雨や竜巻が起こったかもしれません。

 気象の変化と体調の変化に密接な関係があることは指圧をさせていただいてより深く感じるようになりました。

 気象が急変した時には持病が悪化したり、予測のできなかった状況で注意散漫になって事故に遭うこともあります。

 防災の日も近いので、身のまわりのチェックとともに、夏の疲れの点検に指圧にいらしてください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

40代男性、左急性腰痛。

827 朝から暑い

 昨夜も熱帯夜、今朝の西の空は快晴、今日も猛暑日の予報です。

 40代男性、昨日草取りをしていて左の腰が痛くなり、陽が落ちて暗くなってからのその日のうちの指圧です。

 立ったり座ったりが痛いということなので仰臥位で股関節屈曲の検査から始めます。

 仰臥位になるのに躊躇の時間がなかったのですが、左股関節屈曲で主訴を再現する痛みがあり、右の股関節屈曲でも患部に響きました。左腰に傷があるようです。

 膝を立てた股関節の内旋・外旋の動きでは左股関節の内旋で痛みがあります。

 左側頸部のこり、左背部から腰部のこり、左中殿筋と梨状筋のこりから、体幹は左側屈気味で、左下肢はO脚に使われていたことがわかります。

 急性腰痛ですが症状は軽いと診ました。仰臥位腹部の指圧で腰の筋張を緩めることから始め、下肢、上肢、顔面・頭部・前胸部と指圧して、もう一度腹部を指圧し、横臥位の指圧で後頸部から足底までをゆるめました。

 坐骨神経に沿った痛みはなく、指圧後に伏臥位で背中を起こし頭を下げる腰のストレッチも、四つん這いでわざと大きな猫背になる背中のストレッチもできました。

 おそらく上部腰椎前側に付着する左大腰筋の上部に小さな傷ができていますが、坐骨神経に沿った痛みはないので第4腰椎以下の筋繊維に傷はなさそうです。

 今朝はもう治っているかもしれません。

 立ったり座ったりで息が止まるほど痛いぎっくり腰では安静にして冷やすことをお薦めしますが、早い手当てができたことが良かった症例です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

50代女性、昨日めまいで病院へ、肌が冷たい。

826 色づく柿

 柿が色づいてきました。今日も朝から暑くなっています。

 50代女性、めまいがして病院で検査を受けたところ良性頭位性めまい症の診断で脳には異常がないとのこと、めまい体操を教わった翌日の指圧です。

 めまいは治まりましたが、何もやる気が起きないとのこと、猫背ですが肩こりや腰痛の自覚はないとのことです。

 座位の触診では首も上腕も冷えています。冷房の効いた車でやってきたとしても、この日の猛暑からすると体が冷た過ぎます。

 伏臥位の指圧ではこりよりも肩甲骨外側から上腕や下半身のむくみが気にまりました。

 太った方なので、体を動かす気になれないと脂肪やむくみによって血流が滞って、体が冷えたり、内耳のリンパの流れが悪くなってめまいになることもあるのでしょう。

 良性頭位性めまい症は耳石があるべき位置から動いてしまったということですが、発汗による体温調節が自律神経の乱れでうまくいかなくなってめまいが発症したように感じました。

 指圧後、自分では動かす気になれなかった全身に速いテンポのタッチで筋肉を刺激することができたので、指圧を始める時の曇った顔から、爽快な表情に変わりました。

 猛暑の夏バテで何もする気が起きないという方は、指圧でリフレッシュしにいらしてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

猛暑に耐えてきた体は早く疲れるようになる。

825 オクラの硬さのオクラ

 昨日は時々強い風が吹いて道の真ん中まで散らかった枝や葉っぱは、散らかしもした風によって道端に寄せられています。

 今朝の蒸し暑さはこの夏一番のように感じましたが、台風の雨のおかげで板のような硬さだったオクラがやっと記憶にあるオクラの手触りになりました。

 涼しくなったかと思うとまた猛暑日と熱帯夜になって、暑さに耐えてきた体は暑さに弱くなっています。

 体力と気力が落ちていれば少し動いただけでも筋肉は硬くなり疲労が溜まります。

 熱がこもった体には体温程度のぬるい温度のお湯で入浴することをお薦めします。

 シャワーですませてしまうと熱がこもったままの筋肉は硬くなります。

 昨日指圧した方たちは主訴の部位は違っても仕事の姿勢のこりや猫背の内臓下垂で胃腸が働かないという症状がありました。

 副交感神経を優位にするには我慢のいらないいつまでも入っていられるくらいの湯温での入浴が効果的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

40代女性、薬を飲んでも治らない10日続いている頭痛。

824 雨風で落ちたドングリ

 台風の影響で昨夜は蒸し暑く、時々強い風が吹いて、それほど多くない量の雨が降りました。道にはドングリのついた枝がたくさん落ちています。

 40代女性、10日前から頭痛が続いていて頭痛薬を飲んでも治りません。

 頭痛は頭全体が締め付けられるような筋緊張性頭痛で、両肩、両腕がこっていて、左の腰に痛みがあります。

 下半身はむくんでいて冷えはありません。便秘をしています。

 伏臥位の指圧で腰までの上半身を弱い圧で繰り返し指圧してゆるめ、下半身にはテンポの速いタッチでむくみを還していきます。

 仰臥位の指圧では両股関節の可動域が狭くなっていて、大腿後側のストレッチでも痛みがありました。

 右上肢は上肢外側で橈側の大腸経と上肢内側で尺側の心経の橈骨神経と尺骨神経に沿った痛みがあり、左上肢には尺骨神経に沿った痛みがありました。

 介護の仕事をしているので、右手を背中にまわして抱き起す、左手は手掌で支えるといった体の使い方が診えてきます。

 大腸経と便秘のツボでもある神門を含む心経のこりが頭痛になり、便秘になるというのもよくあることです。

 今まで詰まっていた老廃物が大量に動いて、仰臥位の指圧が頭部に移った時に「心臓がバクバクしてきた」ということで、心拍数を下げる前頸部頸動脈洞の指圧をしたところ、すぐに落ち着きました。

 伏臥位の指圧が仰臥位に移った頃には頭痛はなくなっていたということで、全身指圧後、とてもスッキリした表情で帰っていかれました。

 久しぶりの指圧でした。子育てと介護の仕事、要介護となった実のお母さんとの同居も始まったそうで、体も気も使って、こりもむくみもあって頭痛薬で治る全身状態ではありませんでした。

 血管を拡げる頭痛薬は下半身のむくみに対しては股関節などの詰まりがあったために血行促進にはならず、一時的には上半身ののぼせは下ろせても、下半身のむくみによりすぐに頭部にはのぼせの状態が戻ったのでしょう。

 首、肩、頭の施術だけでは頭痛の根本的な解決にならないことを示す症例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

今発売中の週刊文春、「マッサージはこんなにあぶない」、接骨院、整骨院、リラクゼイション店の施術者の無資格と技術不足の問題を指摘。

823 桜落葉秋色

 今朝はいつも見慣れた桜の落葉が急に秋色になったように見えました。

 今発売中の週刊文春では「マッサージはこんなにあぶない」という記事が掲載されています。

 接骨院、整骨院でも柔道整復師の資格だけで肩こりや腰痛のマッサージをすれば無資格施術になり、リラクゼイションを掲げた店でもあんま・マッサージ・指圧師の国家資格を持たない人が施術をすれば無資格施術で、無資格施術による頸椎損傷などの事故についても記事では取り上げています。

 あんま・マッサージ・指圧の資格を持っている施術者と持たない人との決定的な違いは、「本物の精神と技術を知って体に浸み込ませる時間を持ち、丁寧に触れなければ人を傷つけるという怖さを知っているかどうか」だと考えます。

 私は、指圧学校の実技の初めの頃に、先生に伏臥位で背中の1点を指圧された時の、圧が円錐形に広がっておなかでは広い面が圧される感覚に圧倒されました。

 決して強い当たりではないのに、ソフトに母指指紋部が背中の皮膚表面に広く密着して、圧が深く浸透していく衝撃は、中国4000年の昔からの精神と技術と研鑽が脈々と受け継がれてきたからに他なりません。

 骨折や脱臼など外傷の手当てや施術を学ぶ柔道整復師の実技の中で、指圧学校のようにタッチへのマインドまでを体得するのはなかなか難しいのではないかと思います。

 リラクゼイションのお店で短い研修を受けて施術を始めたとしても、そもそもそれを教える人の心技体がどれほどのものかということから不安になります。

 あの文春砲で無資格マッサージの危険性が記事になったとすれば、事故の多さが目に余るということなのでしょう。

 あんま・マッサージ・指圧の本質を体得していれば、拳や肘の関節でゴリゴリ圧したり、頸椎をポキポキとねじ切ってしまうような怖ろしいやり方をしなくても、痛みやこりを緩和し、むくみの血行不良を解消することができます。

 生活の木のアロマ指圧講座には柔道整復師の方やリラクゼイションのお店で施術をされている方もタッチを学びに来てくださっています。

 職業選択の自由ということで無資格でもあんま・マッサージ・指圧の類似行為は認めらるという裁判での判例をもとに、現在でも無資格者の施術が続いています。

 あんま・マッサージ・指圧の類似行為を続けるのであれば、タッチは疲れた人、傷ついた人、弱い人のためのものであること、力ではないことを学んで、事故を起こさないようにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

60代男性、台風接近で頭痛、だるい。

822 シソに強い陽射し

 今朝の陽射しは猛暑の最盛期を思い出させます。ブルーベリーが盛りを過ぎて、今はシソが一番元気です。

 60代男性、頭痛持ちの方で久しぶりの指圧、台風の影響なのでしょう、頭痛がして体がだるいということです。

 座位では体幹が左に側屈し、左側頸部、左上肢外側、左背部、左大腿外側と、左半身にこりが集中しています。

 だるい、仕事をする気になれない、ということなので、速いテンポの軽いタッチで体を目覚めさせていきます。

 伏臥位の指圧から眠り、仰臥位も終わった全身指圧後にはだいぶ楽になったそうですが右側頭部の頭痛が残りました。

 座位で右下顎の三叉神経第3枝の神経孔と右側頭部に持続的圧迫をして、神経の興奮と血管の拡張を鎮めます。

 この仕上げで頭痛が消えたことから、左半身には姿勢によるこりがあり左の筋緊張性頭痛、右の片頭痛という混合性頭痛であったことがわかります。

 左にこりがあれば右にむくみによる血管拡張が起こるというのはよくあることです。

 拡張した血管が三叉神経を圧迫して片頭痛が起こる時の指圧の解は、耳の周りから側頭部を中心に広く求めていきます。

 左半身の対角線の詰まりが右のむくみ、血行不良の原因となるので、患部から遠い部位でどれだけこりを緩められるかということも指圧を正解に導きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

山で発見された2才の男の子退院のニュース、全身に虫刺されの痕。

821 赤い山椒の実

 昨夜のニュース番組で今年はスズメバチが多いという報道があったので、今朝も家の周りに蜂の巣がないか探してみましたが大丈夫のようです。赤い山椒の実を見つけました。

 昨日は山で発見された2才の男の子が退院したというニュースもありました。水や食べ物の心配は思い浮かびましたが、全身に虫刺されの痕があるのを見て、そういう大変さもあったのだと初めて気づきました。

 痒くて気の休まることはなかったでしょう。蚊だけではなくブヨやヤマヒルに血を吸われたこともあったかもしれません。

 こんなに刺されては38℃の発熱もするだろうと思いました。

 虫に刺され続ける2日間、耐えられそうにありません。想像を超えた大変さを2才の子がよく頑張りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

朝からスズメバチ退治。

820 拳大のスズメバチの巣

 今朝はスズメバチの巣を見つけて、殺虫剤をかけて10数匹のハチとともに処分しました。

 家の裏の角に置いてあったゴミ箱の膝くらいの高さに蜂の巣ができていて、拳大の大きさになっていました。

 伸びた雑草の影になって見逃している蜂の巣があるかもしれません。気をつけないといけませんね。

 殺虫剤という呼び方はやめる方向にあるようですが、それくらいの名前にインパクトのあるものでないとスズメバチにはやられてしまいそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

動くことで感覚が維持される、頭部の指圧に6点目があること。

819 飛行機雲

 交差する雲はどちらも飛行機雲、先に通過した飛行機の軌跡は横に広がっていきました。

 この道の手前で追い抜いた70代くらいの女性、後ろで小さな小枝を蹴った音がしました。

 8歩に一回くらい地面をこする音がして、右足なのだろうと思いました。

 立ち止って空を見上げているようにして追い越していく姿を確認すると、やはり右足が上がっておらず右膝は変形があるのか少し曲がっていました。

 手前で左から追い抜いた時に一瞬で見ていたのかもしれませんが、少し外側から聴こえる音が右足のすれる音だというのは確信がありました。

 この距離感とか微妙な感覚を考えていると、頭部の指圧が百会の5点目で終わらずにそれを越えて6点目まであることに思い至りました。

 運動神経の中心前回を越えて、感覚神経の中心後回までを確実に刺激したいというのが指圧なのでしょう。

 肩こりや腰痛という部位を治すだけでなく、ホルモンの分泌や胃腸の働き、五感の覚醒を求めるのが指圧なのでしょう。

 人間は動物なので動くことで感覚が維持され、動きが悪くなると感覚も衰えます。

 地面をこする右足は、大腿四頭筋を鍛えれば膝がもう少し伸ばせるようになって地面をこすらなくなり、転倒防止にもなります。

 動きが悪いままにしていると、それが当たり前になってできないことが増え、生活が不活発になると脳の衰えが進みます。

 運動神経と感覚神経はつながっています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

急に涼しい、冷房を効かせ過ぎて申し訳ないと思うような気温。

818 柿が色づき始める

 昨日よりもさらに今朝は涼しくなって、長袖の上下のスポーツウェアを着て歩いてきても汗をかきませんでした。

 エアコンの設定温度を下げ過ぎたような涼しさ、なんだか申し訳ないような気持ちになります。

 落ちた柿には色がつき始めていて、解熱剤を飲んでおいたほうがいいのではないかと思ったこの夏の猛暑も一段落です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

60代女性、右橈骨神経に沿ったこり、左尺骨神経に沿ったこり。

817 ノウゼンカズラ

 今朝は、陽射しは夏でも北風が吹いて秋の運動会の日を思い出させる涼しさです。夏の花ノウゼンカズラも盛りの花の群れから離れた日陰ではおとなしい花のイメージに変わります。

 60代女性、主訴は肩こりと腰痛、右前腕外側の橈骨神経に沿ったしびれと左前腕尺側の尺骨神経に沿ったしびれもあります。

 パートの日は野菜の袋詰めの仕事を5時間しているので、猫背の手仕事で右手で野菜をつまむ、左手で袋の底を支えるというような姿勢だったのでしょう。

 座位の触診では右は第5頸椎以下の側頸部と首の付け根の斜角筋隙、鎖骨下部小胸筋、上肢外側といった橈骨神経に沿った部位に痛みがあり、左は第7頸椎の斜め下の第8頸神経の出口付近から棘下筋、上肢尺側の尺骨神経に沿った痛みがありました。

 右肩が上がって、左肩が下がる姿勢なので左腰部もこっていて、伏臥位の指圧後、仰臥位左大腿前側の胃経の指圧でおなかが大きく動きました。便秘が続いていたそうです。

 全身指圧後、身長が伸びて背伸びが楽にできるとのこと、両上肢に問題はなく、猫背の手仕事姿勢による首以下の神経圧迫によるしびれでしたが、脊椎の間隔が拡がって、しびれはなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

昨日のアロマ指圧講座「上肢・下肢の麻痺を改善する」。

815 原宿 生活の木 開店前

 昨日は原宿生活の木で「上肢・下肢の麻痺を改善するアロマ指圧講座」でした。

 麻痺を改善するタッチは「弱い、軽い、速い」です。

 指圧・マッサージで、強い刺激をすればいいというような間違った考えは、臨床の現場では通用しません。

 麻痺部位に強い刺激をすれば神経の伝達が余計に抑制されてしまうので効果はありません。

 講座では上肢下肢の遠心性の指圧と、上肢の尺骨神経、橈骨神経、正中神経、下肢の総腓骨神経、脛骨神経の麻痺の特徴を説明した後に、それぞれの麻痺に対してのユーカリ・グロブルスとマジョラムを使った求心性のアロマオイルマッサージを行い、それぞれの神経を直接刺激できるツボ指圧を行いました。

 麻痺には神経を興奮させるために軽快なタッチをしますが、神経痛や神経の興奮を鎮めるためには、神経を直接刺激できるツボへの持続圧をします。弱い圧でも持続時間を長くすれば刺激量は大きくなるので強く圧すという考えは捨ててください。

 脳血管後遺症の片麻痺や、骨折や怪我や病気で麻痺がある体の弱った方に対して、強く圧すことで苦行を強いることにメリットはありません。

 屈筋の力を使って施術を続ければ疲労により握力や腕力がなくなって、施術の質は劣化します。

 指力を使わない指圧、自分が片麻痺になっても使えるほうの手を使って症状改善ができるようなタッチが私のお伝えしたいアロマ指圧です。

 気持ちがいい方へ、命が喜ぶ方へ、体を導いていきましょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

キウイの保水力が便秘解消に効果的。

815 今朝 庭のキウイ

 昨夜の「たけしの家庭の医学」で、キウイの保水力が便秘解消に効果的だということを、長年便秘に苦しんでいた方の実体験の映像で放送していました。

 写真は今朝の庭のキウイ、市販のサイズの3分の2くらいの大きさからその後なかなか大きくなりません。

 少し涼しくなれば大きくなるか、今から収穫が楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

雷雨の後、久しぶりに蒸し暑くない夜。

814 ドングリ

 昨日こちらでは雷雲の端っこの雨が降ったくらいでしたが、久しぶりに蒸し暑さを感じない夜でした。

 道にはドングリが落ちていました。

 ほんの少し秋に近づいたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

ケアをしないと硬くなる。

813 庭のオクラ

 今朝、育ち過ぎたオクラを採りました。

 スーパーで売っているオクラの4倍くらいの大きさのものもあります。

 食品サンプルかと思うくらいのプラスチックなみの硬さです。

 丹精込めて育てた売り物と、ケアをしないで放っておいたものとの違いは明らかです。

 体に水分補給とストレッチが大切なことがよくわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

右腹痛からぎっくり腰に。

812 ツユクサ

 今朝は時々雨が降って、まだこれからも降りそうです。庭にミッキーマウスのようなツユクサ、梅雨の頃のような天気です。

 50代女性、右腹痛が続いていて、床掃除をしてしゃがんだ時にぎっくり腰になって指圧にいらっしゃいました。

 立ったり座ったりが大変だということなので仰臥位でおなかの触診から始めます。

 腹部には右回盲部から上行結腸に痛みがあり、左の腹部に痛みはありません。

 腹痛は数日前から続いているそうですが、便は下痢ではなく、食事はいつも通りに食べていて、お酒も飲んでいます。クローン病や潰瘍性大腸炎、大腸癌、肝臓病や胆石などはひとまず考えなくてもよさそうです。

 腰の痛みは右腸骨稜から仙骨右側の上縁のあたりにあって、右の大腸兪、小腸兪の指圧でも痛みが再現されました。

 腸炎の内臓反射のこりがあって硬くなっていた筋肉が床掃除でしゃがんだ時に小さく裂けたのではないかと思います。

 仰臥位右足の指圧では胃経の厲兌、内庭、裏内庭、解谿に痛みがあり、下腿前則の足三里にも強い痛みがありました。

 また、右上肢の大腸経、合谷、手三里、曲池の指圧で強い痛みがあり、胃の内臓反射が現れる左肩上部僧帽筋と小腸経の左棘下筋の指圧でも強い痛みがありました。

 急性胃腸炎が始めにあって、それが続いて、内臓反射で硬くなった腰の筋肉の(おそらく腸骨筋)の挫傷よる軽いぎっくり腰になったということでしょう。

 指圧でそこそこ楽になったのでぎっくり腰は3日もすれば生活に支障はなくなります。

 右の腹痛は食と禁酒で節制をしないと治りません。

 おなかの痛みが今より強くなるようなら、重い病気の可能性も考えて病院を受診する必要があります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

出産後、搾乳の猫背、四肢が左右に開く、左半身の使わな過ぎ。

811 夜中に雷雨

 夜中に短い時間ですが雷が鳴って強い雨が降りました。北からやって来た雷雲はそのまま南へ遠ざかって、今朝はブルーベリーが濡れています。

 帝王切開で予定日よりも早く出産した女性、腕を左右から引っ張られているように体幹が横に広がっています。

 赤ちゃんはNICUに入院中なので、毎日搾乳して届けています。

 その搾乳の姿勢が猫背の右足体重なのでしょう、右肩上部、右殿部中殿筋、右下腿前側の前脛骨筋がこっていました。

 伏臥位の指圧では左肩甲間部の浅い指圧でポキッと音がしました。

 左腕は使わな過ぎ、下肢の指圧で左下肢もほとんど使われていないことがわかりました。

 骨盤もゆるんでいましたが、指圧で出産前くらいの感じになったのは帝王切開なので仙腸関節のズレが少なかったからのようです。

 伏臥位と仰臥位の間でトイレに行き、老廃物が流れたようです。

 指圧中は眠りました。

 体は全体的にはゆるみ過ぎなので、速いテンポの指圧を心がけました。

 搾乳では猫背の右足体重になるようなので、左半身、特に左上肢のダンベルのエクササイズなどで筋トレをすることがお薦めです。

 ずいぶん予定日より早くなりましたが、母子ともに大きな問題はなさそうです。

 出産おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ホスピスの看護師さんのタッチ、あの場面ではあれしかない、止まった手。

810 朝露とバッタ

 朝露がついたミントにバッタがとまっています。黄緑の葉に移ると、保護色かくれんぼをしていても見つかります。

 先日のホスピスで、点滴を調整しにきた看護師さんの背中への止まったタッチに、この場面ではこれしかないと私も思いました。

 点滴に痛み止めを入れる、右手で脈をとる、左手を背中に当てる、この時私もその様子に注目しながら頭の中で自分の左手のタッチを想像していましたが動かすことはできませんでした。

 そこには覚悟があって、使命があって、経験があって、現状認識とその後の予測がありました。

 ごく軽い持続圧でも痛みを抑制する方向に働きます。

 この時に機能を鼓舞するようなタッチの選択はないという、彼女の考えがはっきりと私には伝わってきました。

 それでもまだ私は何とか楽にする方法を探していましたが、その看護のワンタッチはベストで、その時に最も効果的でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

台風でも元気な90代、一方では訃報も。

89 今朝 東の空

 昨日は雨も風も大荒れというほどではなく、今朝は雲の多い空ですが晴れ間ものぞいています。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、肩と腰がこっていましたが体調は良さそうです。

 奥様を指圧している間に旦那様が帽子をかぶって散歩に出かけようとして、雨風が弱いとはいえ台風の影響はあるのでさすがに引き止めました。

 そしていつの間にか夕食を外で御馳走したいという段取りが決まっていて、大雨になるかもしれないので近所のファミレスに車でお連れすると、90代の旦那様は生野菜ののったローストビーフ丼を「よくこんなに厚く(→薄く=皮肉)切ったもんだ」とか、もっとお店と作った人には申し訳ないような毒舌もありましたが、8割くらいはキレイに召しあがっていらっしゃいました。

 7月には救急外来に行くような不調もありましたが、猛暑を乗り越えて調子は良さそうです。

 一方、日曜日にホスピスで指圧をさせていただいた方が亡くなったとのお知らせをいただきました。

 痛みと鎮痛の麻薬とのせめぎ合いの中、命の音量はデクレシェンドしていき、眠ったまま亡くなられたそうです。

 十分なことはできませんでしたが、最期まで立派に生き抜いている体に触れさせていただくことができました。

 ありがとうございました。これからも忘れることはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

60代男性、左腰痛。

88_6 今朝6時の空

 台風が近づいていますが、今朝は晴れ間も見えていて、8時を過ぎて雨が降り出しました。今夜から明日の朝にかけて大雨になる予報です。

 60代男性、主訴は左腰痛、座位では体幹が左に傾いています。

 伏臥位の指圧では腰以下よりも左の脊柱起立筋がこっていて坐骨神経に沿った下肢後側に問題はありませんでした。

 調理の仕事をしていて、右利きで左足体重の背中のこりでした。

 仰臥位の指圧では眠り、指圧後には体幹の左側屈は矯正できました。

 猛暑の日が続いて、仕事も火を使うので体に熱が溜まりやすく、昨日のような急に涼しい日には疲れが出たのでしょう。

 それでも筋肉のこりはゆるみ、大きな傷もなさそうです。

 今日は往診の日、車の運転に注意して行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

立秋、最高気温26℃の予報。

87 雨、涼しい

 昨夜から台風の影響で雨、まだ大雨というほどではありません。今日は立秋、久しぶりに涼しい朝です。

 今日の最高気温は26℃の予報、猛暑から急に気温と気圧が下がって今日は頭痛になりやすい日です。

 冷房の設定温度が昨日までのままだと、首や肘や膝から冷えが侵入して体調が悪化します。

 猛暑に体を冷やして耐えてきたので、急な気温の低下には体が体温を上げにくくなっています。

 温かい飲み物や食事を摂る、肌の露出を避けるなど、血行不良で今までの夏の疲れを出さないようにお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

「命の炎を両手で風から守るようなホスピス」での指圧。

86 柿と蝉の抜け殻

 去年は不作でしたが、今年の柿はたくさん実をつけていて、葉の裏側では暑さを避けるように蝉が脱皮しています。

 昨日はホスピスで2回目の指圧、前回の指圧の翌日は調子が良かったそうで、一週間前にはデパートに出かけることもできたそうですが、今回は酸素を吸入していました。

 左胸のリンパの切除をしているので左手はむくんでいましたが、足のむくみは前回ほどではなく、前回のような微熱も感じませんでした。

 軽い手当て程度の指圧と、ラベンダーとジュニパーを使った手足のオイルマッサージでしたが、おなかの動く音がしました。

 体幹の中心に痛みはあるようです。

 途中で点滴の流れの不調を知らせるブザーが何回か鳴って、その都度看護師さんに来ていただきました。

 渋滞した体液の流れが指圧で還ると、特殊な細い鍼を使った点滴の流れに影響するのかもしれません。

 看護師さんも、御家族も、受付の方も、皆さん命と丁寧に向き合っていらっしゃいました。

 風をまともに受けると消されてしまいそうな命の炎を、静かに優しく見守っていらっしゃいました。

 厳しい状況を誰もが感じながら、とても穏やかな時間が流れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

「静かな動きにはエネルギーが込められている」指揮者レナード・バーンスタイン。

85 トンボも暑そう

 今朝も蒸し暑く、午後は猛暑日の予報、ミントにとまったトンボも暑そうです。

 8月3日の産経新聞で、指揮者の佐渡裕さんが師匠のレナード・バーンスタインと握手をした時の電気ショックを受けたような感覚を語っています。

 バーンスタインを前に音楽祭で指揮を終えた後に「握手をしよう」と言われて手を差し出したのに握る気配がなく、バーンスタインはスローモーションのように手を近づけてきたのだそうです。

 「静かな動きにはエネルギーが込められている」、これは指圧にも言えることで、ただ手を握るという屈筋を使った普通の動きでは予想できる力しか生まれません。

 握るという行為が一連の屈筋だけの流れではなく、伸筋も使い、間という力のリセットの時間も使うと、ゼロからスタートする圧の感受性が強くなります。

 そこには音楽家ならでは強弱のメリハリがあり、タイミングを操る指揮者としてのテクニックもあったのだろうと思います。

 手を握ること一つからも命は感動や元気をもらうことができます。今日は往診行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

70代女性、右手掌感染症受術後に示指が伸ばしにくい。

84 昨夕の南の空

 昨夕は南の空で雷が鳴り、厚い雲が近くまで来ていましたが雨は降らず、またまた熱帯夜でした。

  70代女性、しばらく胃腸の具合が悪かったそうで1ヶ月ぶりの指圧、主訴は右手掌感染症受術後の示指のこわばりです。

 指圧前に健康体操の会に行ってきたそうですが、猫背で身長が縮んでいます。

 伏臥位の指圧では首から肩、背中がこっていて、右肘にどこでぶつけたかわからないという青痣があり、右母指球と小指球が硬く、四指は少し曲がっていました。

 指圧中はウトウトし、指圧後にラベンダーとローズマリーで右手掌から前腕のオイルマッサージをしました。

 生命線に沿った縫合痕のひきつれで示指の動きが悪いのにつられて、その尺側の3指の動きが悪くなっていて、小指球には硬い老廃物が溜まっていて母指軽擦でコリコリと小さな塊にぶつかりました。

 右肘をぶつけたのも右手の使いにくさが上肢まで伝わって動きが悪くなっていたようです。

 オイルマッサージ後、右手が温かくなって指の曲げ伸ばしが楽になりました。

 指圧後に車でお迎えにきた娘さんに大きなジャガイモをいただきました。この夏の猛暑でトマトやオクラは育ちが悪いそうですが、ジャガイモは大丈夫だということです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

昨日の頭痛のアロマ指圧講座。

82 外には人がいない

 昨日の飯能生活の木、駐車場では大型バスが車内を冷やしておくためにエンジンかけっぱなしで止まっていて、レストランは満員でしたが、体温を超える気温の外には誰もいませんでした。

 頭痛のアロマ指圧講座では、顔面、頭部、首、前胸部の指圧のあとに、ローズマリー・ベルベノンと精製水の0.5%濃度のローションで頭皮マッサージをしました。

 ローズマリーの清涼感で猛暑でほてった頭の熱が発散できるので、皆さん眠くなったようです。

 頭皮の引き締めにもなり、0.5%濃度でも十分に髪の艶が出ました。

 前頭部から髪を櫛削るように頭皮を指頭軽擦し、顔を横に向けて側頭部、軽く頭を持ち上げて後頭部というように、指の力で進むのではなく、ローションの滑りにまかせて曲面の凹凸を乗り越える時のタイミングの自然なゆらぎを利用します。

 片頭痛でズキズキと痛む部位は血管が拡張しているので持続的圧迫をして血管を収縮させますが、それ以外は「気持ちがいい」タッチを創作していきます。

 汗で水分が奪われると筋肉は硬くなりますから、硬い部分にこそ「弱い刺激」をします。

 今年の猛暑で風呂で温まったようになっている体に、強い刺激はいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

今日の午後は飯能で頭痛のアロマ指圧講座、猛暑なのでローズマリー・ベルベノンのローションでヘッドマッサージをします。

82 ローズマリー

 猛暑で黄色くなっていた庭のローズマリーに新しい緑の葉が増えてきました。枯れた先端を取り除いたことで、新芽の成長が促されたようです。

 今日の午後は飯能生活の木で「頭痛のアロマ指圧講座」です。

 家も飯能も、熊谷と青梅の間なので最高気温は40℃近くになりそうです。

 ローズマリー・ベルベノンと精製水のローションでヘッドマッサージをして、束の間のスパ気分を味わっていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

指圧を受けることが、そして指圧をすることが体に良いことの証明、健康診断の検査値が3年間ほぼ同じ。

81 オクラの花

 今朝の陽射しの強さでは午後の猛暑が思いやられます。近所の畑のオクラの花は朝日に背を向けていました。

 7月の初めに受けた健康診断の結果が届きました。去年と一昨年の検査値も併記されていましたが、どれも正常範囲で、どの数値もほとんど3年間変わっていません。

 もっと前からほぼ同じ数値を続けているので、食事や運動、指圧やアロマでの体のリセットがうまくいっているようです。

 指圧の適量刺激は受け手に苦行を強いらせないこと、様々な微調整の積み重ねが体に良い変化を及ぼします。

 施術で使うストレッチは毎朝自分に試し、おなかと上肢下肢の指圧も毎朝タッチを確認しています。

 ラーメン屋さんならその日のスープの仕込みのようなもの、自分の体の調整をして具合が良いので、他人様の体に触れさせていただくお墨付きをいただいたような健康診断の結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »