« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

70代男性、気温の低下、外側のこりは末梢の冷えの代わりなのでしょう。

Photo 夜には台風が近づく

 今朝はまだ時々雨が強く降るくらいだったので、傘をさして外を歩いてきました。夜には台風が近づく予報、ハギの花もたくさん散らされてしまうことになりそうです。

 70代男性、2週間ぶりの定期的な指圧、いつもよりも背筋の外側がこっていて上肢外側もこっていました。

 今週はあまり体を使っていないということなので気温の低下で末梢が冷える代わりに、体の内側を温めて、外側が緊張するということのようです。

 筋肉の太い男性では女性ほど抹消が冷えない代わりに冷気にさらされた時に体表面の外側の血管を収縮させて内臓を冷やさないようにするということもありそうです。

 伏臥位の指圧後、仰臥位に体位変換をしただけでおなかが大きな音を立てて動きました。

 指圧中はよく眠り、背部と上肢の外側のこりもゆるみました。

 今日は台風が日本列島を縦断しそうです。被害がありませんようにと祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

左膝蓋腱打撲挫傷。

929 芝生にキノコ

 昨日は久々の晴天でしたが、今朝は6時を過ぎて細かい雨が降り出しました。地面は湿っていて、庭の芝生にキノコが生えました。

 30代男性、歩き方がいつもと違う感じがしたので聞いてみると、小さい子に飛び乗られたりして膝蓋骨の下外側が赤くなっています。

 おそらくその前から左膝蓋腱外側にはО脚で膝の曲げ伸ばしをする時の負担がかかっていたのでしょう。

 左大腿直筋の中心部は膝蓋腱の負担を減らすために使われて硬くなっていて、大腿内側遠位の内転筋群もO脚になって痛みを出さないために無意識にかばって硬くなっていました。

 全体的にはこりよりも使われていない筋肉が多く、だるくて動きたくなかったようです。

 左膝蓋腱は炎症で傷になっているようなので指圧は控えて、大腿前側と内側を弱い刺激の指圧でゆるめ、膝伸展のストレッチも動きを小さくしました。

 夜勤が続くなど仕事の時間が不規則だったことと、日照時間が短くなって、気温が急に下がったことで体内時計のリズムが乱れて、体がだるい、眠いという状態が続いていたようです。

 全身指圧後には体が軽くなった様子、立ち上がる時も左膝を内側に倒してX脚気味に立ち上がれば痛みは出にくいようです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

70代男性、上がらなかった左腕が指圧後に上がるようになりました。

928 今朝の月

 赤いハギ越しに西へ沈んでいく今朝の月、台風前の貴重な晴れの朝、夏の陽射しを減らしてくれた簾(すだれ)を洗って干しました。

 70代男性、首がこっていて左腕が上がらず頭がボーとするということで、夜の営業時間が終わる頃に指圧にいらっしゃいました。

 座位の触診では首、肩、背中、腰、上肢がこっていて、左肩外転90°で痛みが出て肩が上がりません。

 伏臥位では脊柱が右に側屈し、左肩が右よりも上がっています。

 腰までを繰り返し弱い圧の指圧でゆるめ、殿部やふくらはぎにも坐骨神経に沿ったこりがあったので伏臥位の指圧には時間をかけて弱い刺激を繰り返しました。

 仰臥位になると体幹は枕に対して真っ直ぐでしたが、下半身は大きく右に傾いていました。

 右利きの猫背の手仕事で、上半身は右斜め前下方に軽くお辞儀をしたような状態が続き、左肩は上がって左上肢はほとんど動かずに固定された姿勢が続いていたようです。

 左肩外転痛があって肩が上がらない原因には棘上筋腱か肩峰下滑液包の炎症や傷、断裂などが考えられますが、このケースは肩から上腕のこりの段階だったようで、全身指圧後には左肩が上がるようになりました。

 頭がボーとするのも指圧後にはすっきりしたということでした。

 年齢からするとこの症状を放っておけば、脳や心臓の血管の重篤な症状や体の傾きや足の感覚の鈍さによる車の運転でのアクセルとブレーキの踏み間違いなどが心配になります。

 一度の指圧で症状が大きく改善することはよくありますから、おかしいなと思ったら指圧で全身のメンテナンスをしにいらしゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

冷たい雨、これから春までは体を動かす、温める。

927 冷たい雨、気温15℃

 彼岸花がほとんどしぼんだ土手に白い小さな花が増えました。今朝は冷たい雨、外を歩くのにウインドブレーカーを着て出て、調度良い温度調節になりました。

 昨日は2週間ぶりの80代女性のお宅での指圧、気温が下がってきたので右肩と左下肢がこっていましたが大きな問題はありませんでした。

 90代の旦那様は鼻歌を歌って御機嫌の様子、今回も御馳走していただくことになり、ステーキ御膳のごはんだけ半分ほど残して、肉も野菜も完食されていました。

 高齢者の二人住まいなので食べない時は二食くらい抜いてしまうこともあるようですが、この日は家の庭で採れた柿を持っていったらそれも食べていたので調子が良さそうです。

 これから冬に向かって体を動かしておかないと筋肉は夏場よりも硬くなります。

 体を冷やさないことと、家の中でも体を動かしておくこと、雨でなければ一日に一度は外に出て短い距離でもいいから歩くことは高齢者だけでなく若い方にも必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

授乳の頭を支える上腕外側のこり、体の開き。

925 色彩豊かな実

 同じ枝から虹のように少しずつ色の違う実ができていました。今日は雨の寒い一日になりそうです。

 授乳中の女性、赤ちゃんの頭を支える左上腕外側がこっていて、猫背で背中から骨盤にかけて外側に開いた感じで筋肉が硬くなっていました。

 左上腕外側の上腕三頭筋は抱っこの時に頭の重さと抵抗するために等尺性収縮で肘を軽度屈曲位に保って緊張を続けています。

 また、赤ちゃんの顔をのぞきこむためには体幹を左に回旋させて右肩が下がり、右腰椎の間隔が狭くなって右腰痛が起こります。

 指圧でゆるめることはできましたが、授乳や抱っこは毎日のことですから、外に開いた体は内側に締める必要があります。

 胸の高さで肘屈曲90°で反対側の手で肘を手前に引いて胸に上腕内側を添わせるストレッチは肩甲骨からしっかりと肩の内転ができて体の開きの矯正になります。これは座位でも立位でもできます。

 座位で脚を組んで上の膝を手前に引いて大腿を内転させるストレッチもしておきましょう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

会陰の柔らかいツボ刺激が頻尿を改善する、昨夜のNHK東洋医学特集。

925 昨夜の月

 昨夜7時過ぎ、東の空に満月になる少し前の月が雲間から顔を出しました。

 7時半からはNHKテレビで東洋医学のスペシャル番組を見ました。

 鍼灸、ヨガ、漢方薬がテーマでしたが、頻尿を改善するのに会陰をローラーを使って軽く刺激して交感神経を抑制するというあたりは、指圧の得意とする自律神経の調整でした。

 逆子の向きを治す至陰の灸も紹介していましたが、子宮の血行を良くして逆子を改善するのは指圧でも可能なことです。

 腰痛の原因を胸椎の歪みに見つけたり、首の痛みの改善ポイントを上肢に見つけたり、いつもやっていることだなぁと思いながらテレビを見ていました。

 ツボの圧し方にもっとこだわりがあってもいいなぁと思いながら、鍼灸の先生は屈筋を使わずに圧すという感覚まではいらないかとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

中一女子、陸上の部活で右大腿直筋起始部の痛み。

924 柿の豊作

 去年は庭の柿が2本とも不作、今年は小さい柿の実が豊作、大きな柿の実はあまりできていません。

 中一女子、陸上の部活をしていて、右大腿の付け根が痛くなり、整形外科や整骨院で治療を受けましたが治らず、2日後の新人戦に出たいということで、懐かしいお得意様の紹介で指圧にいらっしゃいました。

 レントゲンで骨に異常はないとのこと、整形外科では湿布と痛み止めの内服薬が処方されたそうです。

 痩せていて筋肉はまだこれからつけていかなければいけない段階なので、使い過ぎで大腿の付け根を痛めたようです。

 仰臥位で右下肢を伸展挙上をしていくと60°を超えたあたりから大腿直筋起始部の下前腸骨棘付近に痛みが出ます。

 歩幅の大きなストライド走法で走っているそうなので、角度の大きな下肢伸展挙上は、走っている時の股関節の使い方を再現しています。

 一日7km走っていて週に5日の部活、それだけでなく自宅の周りも走っているそうですから、中学生に推奨される月間走行距離の限度である200kmに近い練習量とストライド走法が右大腿直筋起始部の痛みになってしまったようです。

 仰臥位で下肢前側からゆるめ、指圧が良く効く体とみえて、おなかが何度も鳴って、仰臥位から伏臥位への体変換の時にトイレに行きました。

 老廃物が出て、指圧後には右大腿直筋はかなりゆるみましたが、下肢伸展挙上の角度を大きくすると痛みが出ます。

 股関節伸展(下肢後方挙上)の大腿四頭筋のストレッチを立位や四つん這いから下肢を後ろに伸ばしていくなど、痛みの出ない範囲で続けて、ストライド走法を少し歩幅を縮めて走ることで痛みは出にくくなると思います。

 新人戦には出られるでしょう。

 有望な選手だそうなので、大きな怪我につながらないようにメンテナンスをして、オリンピックに出る選手になったらトレーナーで同行させていただきたいとお話しておきました。

 体はこれからできるので、右脚に負担をかけ過ぎないように、トラックの逆周りや、家の周りを走る時は大きな道だと右側通行では道端は低くなっていて右脚に負担がかかるので、左側通行のできる路地や川縁のランニングコースなどを走ると右脚の負担を軽減することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

左脳出血後、右足底の感覚が鈍い、週3回の訪問マッサージが効いていない。

923 コスモス

 コスモスが空き地に生えていました。宇宙と同じ名前なのに気取ったところがありません。見慣れた秋の花、見つけるとホッとします。

 昨日は往診の依頼があって、町の中の何度も通った道を少しだけ曲がった所にあるお宅で指圧をしてきました。

 70代女性、11年前に左脳出血で入院し、20分の保険診療訪問マッサージを週3回受けていますが、右足底の感覚が鈍くなって外を歩くことが困難になってきたそうです。

 顔の歪みや発語障害はなく、右手は橈骨遠位端に骨折歴がありますがグー、チョキ、パーも簡単にでき、大きな異常はありません。

 下肢はむくんでいますが左右差はほとんどなく、冷えはありません。

 仰臥位下肢から指圧を始め、伏臥位では右の背部、腰部、大腿後側がこっていました。

 20分の訪問マッサージでは毎回施術者が変わり、坐骨神経伸展のストレッチや大腿後側のストレッチをしていないことがわかりました。

 左脳出血の後遺症で右足底に主訴があるとすれば、できれば右半身は広く、少なくとも第4腰椎以下の坐骨神経となっていく神経の通り道となる部位は時間配分をして施術するべきです。

 保険診療で部位が限定されていたとしても、それくらいの融通がきかないようでは技術も施術の組み立てもレベルが低過ぎます。

 指圧後、体がポカポカして、その場で歩いてみて右足底の感覚がわかるようになったとのこと、脳出血の後遺症というよりは坐骨神経痛と診るべきかもしれません。

 散らかった部屋、動きの鈍くなった体、電話帳で探して縁あって繋がることができたのかもしれません。たぶんインターネットではないと思います。

 おそらくまたお伺いすることになると思います。電話での道案内がとても明確でした。脳出血の後遺症ということは考えなくていいかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

明日はお彼岸、ハギが咲きました。

922 ハギ

 雨がやんで明日のお彼岸を前にハギの花が開きました。

 近所には大きな霊園があって春と秋のお彼岸の頃は道路が渋滞します。

 多少予約の時間に遅れても何とかしますので、焦らず、慌てず、指圧を受けに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

秋雨、今朝8時の気温16℃。

921 雨で重たい

 今朝8時の外の気温は16℃、雨で重たくなった彼岸花がお辞儀をしています。

 この茎の根元が腰だとすると腰痛を通り越して椎間板ヘルニアになりそうです。

 仰臥位で体幹を起こす腹筋は椎間板ヘルニアになるそうなので、臍を見る程度の腹筋や脚上げの腹筋にして以来、私の体に腰痛は起きていません。

 頑張っても努力の方向性が違うとかえって結果が悪くなるのは、指圧の強圧しでも言えます。

 炎症や傷を強く圧せば、治るどころか炎症が拡がって症状は悪化します。

 いかに炎症を散らすか、それを考えてこそ、癒しの指圧が成立します。

 気持ちのいい刺激は薬にも御褒美にもなること、心臓のポンプの力を助けるためには「圧して放す」がポンプの力であること、ここのところ「2日間アロマ指圧集中講座」のレジメを書いていて、この感覚を伝えなければと強く思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

キンモクセイも香り始めました。

920 庭のキンモクセイ

 ギンモクセイの香りに誘われたように、今朝はキンモクセイも香り出しました。

 まだキンモクセイの花の開花は少しだけですが、ギンモクセイの香りのフェロモンに誘われて開花のスイッチが入ったようです。

 指圧の癒しの場に季節のアロマの効果が加わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

同じような風邪、同じような右側頸部のこり。

919 ギンモクセイ

 今朝外に出るとキンモクセイの香り、香りをたどると庭のギンモクセイでした。冷えた空気と甘い香りで、いつかの秋のぼんやりとした感覚が蘇ります。

 40代女性、風邪を引いていてマスクをしています。主訴は右側頸部のこり、全体的にむくんでいて、右足体重で右大腿前側のこり、右利きの左腕の固定で左の上腕外側と前腕内側がこっていました。

 よく似た症状の指圧が続きます。

 指圧後はスッキリした様子、埼玉県北部にお住まいの方なので、指圧から帰って震度4の地震ではちょっと慌てたかもしれません。

 ここの揺れは短く、地震を知らせるキジも鳴かず、外へ飛び出すほどではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

右側頸部のこり、左の片頭痛。

918 次々に咲く

 彼岸を前に曼珠沙華が次々と開いています。庭のあちこちが紅く染まっています。

 30代女性、主訴は右側頸部斜角筋のこり、斜角筋は同側の側屈に働きます。

 右に首が傾けば右頭部への血管は詰まりやすくなります。

 姿勢の傾きによって右頭部への血管が収縮すると、左頭部では血管が拡張しやすくなります。

 拡張した血管が三叉神経を刺激して片頭痛が起こるとされていますから、右側頸部のこりをゆるめないと、左頭部で片頭痛が起こる可能性が高くなります。

 この日の指圧では片頭痛の訴えはありませんでしたが、時々起こる片頭痛は左側だということなので、指圧で右側頸部のこりをゆるめ、首を左に側屈するストレッチと顔を正面に向けたまま首を前に伸ばす上部頸椎のストレッチを覚えていただいて指圧を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

虫の増える気温。

917 カラスウリ

 伸び過ぎた木の枝を切っていたらカラスウリを見つけました。

 35℃を超える気温の時には少なかった蚊が、草むらの中では増えていました。

 虫の動ける気温が今なのでしょう。

 シベリアの短い夏に蚊が増えるように、今こそ虫刺されに注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

抱っこひもで胸に子どもを抱えての自転車運転は許可されていない、死亡事故で母書類送検。

916 ムラサキシキブ

 庭にムラサキシキブが咲きました。庭に色が増えていきます。

 今朝のニュースで、「抱っこひもで次男を胸に抱えて長男を前の幼児用座席に乗せて、手首に傘を提げて電動自転車を運転し、転倒して次男を死亡させた母親が過失致死容疑で書類送検された」というのがありました。

 傘が前輪にはさまって転倒事故につながったようです。

 自転車の3人乗りはおんぶは認められていますが、抱っこは許可されていないそうです。

 最近はおんぶよりも抱っこをしているお母さんを多く見かけるようになりましたが、自転車運転中の抱っこは、前下方が見えなくなって注意が散漫になります。
 書類送検された女性は保育士だということなので、後悔の気持ちは人一倍でしょう。

 忙しい朝は注意散漫になりがちです。

 子育て中のお母さんのイライラや体の不調は、指圧の一時間でリセットできますから、何とかその時間を作って、お近くの方は指圧にいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

気温が下がって指圧中よく眠る。

915 柿の重さで枝がしなる

 今朝は雨、今年は豊作の柿が枝をしならせています。

 しなる(撓る)、たわむ(撓む)と言えば、前腕の橈骨は中心より肘に近い部位がたわんだようにへこんでいて、手を着いた時の骨折で有名はコーレス骨折は手首に近い橈骨遠位端部で起こります。

 手先の器用さには体幹から肩、肘、手首の連携が関わっていて、しなりの反発力で強い力を発揮することもできます。

 猛暑で頑張ってきた体は、屈筋にも伸筋にもこりを作っていて、指圧で眠る方の眠りが短時間でも深くなってきました。

 猫背になって抱えて、背中を伸ばして持ちあげるのも「しなり」です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

彼岸花増える。

914 いつのまにか増えて…

 彼岸花が庭のあちこちに芽を出しました。

 20日の彼岸の入りまであと6日、お隣の日高市の巾着田の曼珠沙華も来週から見頃になるそうです。

 植えた覚えのない曼珠沙華が、家の庭でもそろそろ咲き乱れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

高齢者の食欲不振、外食の刺激で改善。

913 彼岸花開花

 庭の彼岸花が開きました。

 昨日は3週間ぶりに80代女性のお宅で指圧、前回の左肩甲骨外側の指圧で左肩は楽になったそうで、今回も全身の指圧をさせていただき調子良さそうです。

 90代の旦那様は朝、昼と食欲がなくてほとんど食べていなかったそうですが、指圧の前後におしゃべりをしながらどら焼きを食べ、梨を食べ、夕食を御馳走したいと言われてお連れしたお店でサーロインステーキの定食をほぼ一人前召しあがっていらっしゃいました。

 食べれば食べられるのに、高齢の御夫婦お二人の食事では、食事が気の進まない仕事になってしまっていて、同じようなメニューでは作る方も、食べる方も喜びを感じないということはあると思います。

 それでもお二人で猛暑の夏を乗り越えて、来週の長寿の会に参加できる体力はあります。

 家族や周りの方が上手に気持ちを盛り上げることができれば、急に寝込むようなことなく、刺激によって自分の力で動くことができる方は多いのだろうと思います。

 その自分を気持ち良くさせてくれる人がいることが、なかなか得難いことではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

70代女性、転倒、右下腿前側と右前頭部を打つ。

912 霞んだ筑波山

 気温が下がると筑波山がよく見えるようになります。今朝は涼しくなりましたが、霞がかかって筑波山はうっすらと見えています。

 70代女性、一昨日の突然の雷雨の時間に病院へ行くために庭に出たところ転倒し、右下腿前側を地面に着いてから右前頭部を打ちました。

 着替えて病院へ行き、予約してあった診療科で診てもらったところ、軽い打撲で、眼振もなく、脳の病変や骨折などはないと言われて帰ってきたそうです。

 私も右下腿前側と右の前頭部を診ましたが、少し赤くなっているくらいで、下腿の3ヶ所の小さな擦り傷がわかるくらいでした。

 猫背で首こり、肩こり、背部のこりはありました。

 伏臥位の指圧後、仰臥位左下肢前側の指圧から大きな音を立てておなかが動きました。

 びっくりしたというのと、転ばないように注意していたのに転んだことがショックだったようですが大きな異常はないと思いました。

 病院へ行くために外へ出た時に突然の雷雨で、干していたスポンジに気づいて取りこもうとしたところ庭石で滑ったようです。

 「スポンジが風に飛ばされないように」と思ったそうですが、出がけに用事が増えると思わぬことが起こります。

 転倒する場所で多いのは自分の家の玄関だそうですから、出かける前にあわてないように早目に準備をして時間に余裕を持ちたいものです。

 指圧中はあれこれ話すことができたので、心の整理もついてすっきりできたようです。

 体が硬くなっていたのでスポンジを取ろうとして滑ったということもあると思います。疲れを溜めないうちにまた指圧にお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

30代女性、筋力不足による首のこり。

911 蝶と彼岸花

 今朝は6時を過ぎて小雨が降り出しました。彼岸花にとまった蝶は雨が降ってきても動こうとしません。

 30代女性、主訴は首のこりと体の疲れ、便秘もあります。やや右肩が上がり、顔は少し右に回旋しやや下を向く癖があり、撫で肩で全体的に筋力が弱いようです。

 病的なサルコペニアとまではいかなくても、このままでいくと筋肉量がさらに減って、様々な不調が体に現れそうです。

 伏臥位から指圧を始め、右の側頸部から肩上部、上腕外側にかけてこっていました。

 背筋や下肢の筋肉は柔らかく、X脚気味で一歩の歩幅は小さそうです。

 仰臥位左上肢の指圧からおなかが動き始めたので、やや反応は遅いという印象です。

 顔面、頭部、頸部の指圧で顔の傾きを矯正し、おなかの指圧では右上行結腸で水が溜まっている音がしました。

 全身指圧後、姿勢の左右のバランスが良くなって顔の傾きもなくなりました。

 今までほとんど運動をしてこなかったようなので、まずは1分間の片足立ちを日課にしてもらい、顔を正面に向けたまま首を前に伸ばす上部頸椎のストレッチと、側頭部に反対側の手掌を当てて首を側屈させたところから、上肢の重さを負荷にして首の筋肉を鍛えるエクササイズを覚えていただきました。

 一回の全身指圧をきっかけに、体の不調を治すヒントを感じていただけたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

妊娠、腎陽虚の症状、指圧で脈拍120が60に。

910 庭を探せば…

 昨日5cmほど芽を出した彼岸花は倍の大きさになり、マジョラムの花壇をかきわけるともうすぐ開きそうな彼岸花も見つかりました。秋が加速していきます。

 第三子を妊娠中の女性、右肩が上がり、体幹が左に回旋し、左腰が硬くなっています。

 来た時の脈拍は1分間に120、タンパクが出ていて妊娠腎症の診断はあるようです。

 仰臥位では左膝が軽く曲がって爪先が外側に倒れ、О脚になっています。

 二番目のお子さんの抱っこで右肘を曲げて抱え、右肩が上がって右肩上部がこっています。

 左上肢外側のこりは、右手の下に左手を添えて、抱っこの重さで左肘が伸展の緊張を強いられていたということです。

 右肩のこり、左腰、左膝屈曲は対角線のこりです。

 仰臥位の下肢の指圧から上肢の指圧に移ると、脈拍は1分間に60に下がっていました。

 今年の猛暑を妊娠初期に乗り越えて、子育てとそれに伴う役職と家の新築の計画も進行していたようですから、血圧も上がり、イライラすることも多かったでしょう。

 便秘もあり、上にのぼせて下はむくむ「腎陽虚」の症状です。

 どちらかというと結婚前は体力がない虚証でしたが、二度の出産と子育てで体も心も鍛えられています。

 指圧中は眠り、こんなにゆるんだのは久しぶりではないでしょうか。

 指圧後には体の歪みが消えて、妊娠中らしくおなかが豊か膨らみました。

 頑張ることが当たり前になって時間に追われて息をするのも忘れるほど浅い呼吸になっていたのでしょう。

 気持ちのいい時間、誰かに任せてしまう時間があれば、心身はリセットできます。

 指圧で脈拍が大きく下がるのであれば、腎機能の検査数値も基準値内におさまってくるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

彼岸花の芽。

99 彼岸花の芽

 花壇のミントを刈ったところから彼岸花の芽が顔を出しました。

 今日9月9日は重陽の節句、年が明けてから毎日を生きて、陽の数の奇数で最も大きな数字が重なる日です。

 辛さや痛みを溜めていれば季節の変わり目の今頃が我慢の限界という人も多いでしょう。

 平成27年と28年の妊産婦の死因で最も多かったのは自殺だそうです。

 心の重荷や体の痛みを少しずつ解き放つアロマ指圧の2日間集中講座のテキストを今書いています。

 刺激の強さはいらない、痛みを感じさせるようなツボのとらえ方もしなくていい、受ける側の気持ちに集中して、砂山に棒を立てた山くずしのように、周りから、やさしく、重荷をへらしていくことができれば、もう少し生きていてもいいと思えるようになるのではと、いろいろな方にアロマ指圧をしてきた経験からそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

WHO「日本の成人の36%は運動不足、がんのリスクが高い」。

98 彩のかがやき

 今朝は晴れて涼しく、実のった稲に朝日があたっています。このお米の種類はわかりませんが、埼玉県の新ブランド米の名前は「彩のかがやき」です。

 今週のWHOの研究報告に「世界の成人の28%にあたる14億人が運動不足で、心臓疾患やがん、糖尿病になるリスクが高い」という発表がありました。

 日本の成人では36%が運動不足だそうです。

 研究報告には、デスクワークや自家用車の利用が運動不足を招いているとの指摘があります。

 座っている時間を減らして体を動かさないと、免疫細胞の働きが衰え、血管を詰まらせ、細胞に取りこめない糖が体を蝕んでいきます。

 これから朝晩は涼しくて外の空気が気持ちいいので歩きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

アロマ指圧講座「下腹をひっこめる」。

97 薬香草園 パンパスグラス

 昨日は飯能生活の木でアロマ指圧講座、ハーブガーデンは秋の草花に変わる時期で見頃のハーブは少なめ、一番高いところのパンパスグラスが盛りでした。

 講座のテーマは「下腹をひっこめる」、腹直筋は恥骨から始まって胸骨と肋骨の下部に停止し、体幹を前屈させるだけでなく内臓を保護する役目がありますから、下腹が出ているということは内臓が下垂してその働きに支障をきたし、頻尿や便秘、子宮脱、脱肛なども起こります。

 また腹巻のように腹部を覆う腹横筋と、内と外の腹斜筋は下部肋骨を下に引く働きで腹直筋を助け、体幹の側屈や回旋の働きもします。

 おなかの指圧では、「の」の字9点の手掌圧が基本ですが、最後に指先を上腹部に向けて、恥骨上縁から手根部、手掌中央、指の付け根、指全体と、下腹部に突き出した腸を上げていく方向に圧をかけます。

 腹部の基本指圧はこのほかにも上行結腸と下行結腸を中央に寄せる「ろとう揉捏」や腰から小腸を圧し上げる「小腸のこねあげ」などがあり、基本指圧だけでも下垂した内臓は上がります。

 腹筋を使わずに猫背になっていれば背筋も使われていなので、腸腰筋だけに負担がかかって腰痛やヘルニアになります。

 仰向けに寝て9点の「の」の字の手掌圧を毎日続けていると、日常生活では腹筋を使えなくても、重力に抗しきれずにたるんだ下腹を毎日リセットできます。

 何もやらなければ内臓脂肪や皮下脂肪が溜まり、健康が損なわれていきます。

 フェンネルとマジョラムを使った上肢大腸経のアロマオイルトリートメントや猫背でこった背部の指圧の実技もしました。

 また立位の姿勢から、おなかを引っ込めたまま、背伸びをする、背中を反らす、背中を戻してわずかに上腹部だけ前屈の意識をする、これらの動きで腹筋と背筋のエクササイズになります。

 自己指圧では仰臥位でも立位でも座位でも、両手を恥骨上縁でクロスさせて、指先、指全体、手掌中央、手根部と息を吐きながら徐々に圧を加えていくことでポッコリおなか矯正の手掌圧になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

午前3時過ぎに北海道で震度6強の地震。

96 今朝の日の出

 今朝3時過ぎに北海道で震度6強の地震が発生しました。こちらでは全く地震を感じませんでしたが、ニュースの映像では土砂崩れや道路の陥没、停電など大変な被害が出ているようです。

 台風が去ってすぐの地震ですから、安心した心にはより大きな負担になるでしょう。

 背中をさするだけでも、手を握ることでも体には刺激になります。

 下を向いて体を縮めて呼吸が浅くなると血行が悪くなって疲れが溜まりますから、肩の上げ下げ、膝の屈伸、体をねじる、一回だけでも心身のダメージを減らすことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

台風の爪痕。

95 台風で折れた枝と葉っぱ

 昨日の台風でこちらでは雨は少なかったものの夕方は強風が吹いて、今朝ウォーキングで歩いた道の両側には折れた枝と葉っぱが吹き寄せられていました。

 大木は折れていませんでしたが、霊園では看板と清掃用具を置く棚が倒れていました。

 駅や空港で足止めされた場合の備えに、外出時には万が一の水と食料が手放せないとあらためて思いました。

 次に台風に備えて、庭の高く伸びた枝は切っておいたほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

左腰痛に右大腿後側のこりが伴うケース、右足体重に体幹を拮抗させていることもある。

94 今朝6時前

 大型の台風が午後にはやって来る予報ですが、今朝はキウイの葉の周りに水滴がつく程度の小雨が時々降っただけです。

 左腰痛に右大腿後側のこりが伴うケースがありました。

 左に体幹を傾けていることに対して、右下半身に体重をかけて左に倒れることを防ごうとする場合もありますが、このケースは逆で、右足体重に対して右に倒れないために体幹を左に側屈させる姿勢で左腰部にこりを作ったようです。

 体を右斜め前に倒して重たい物を持ち上げる、介護で要介護者を抱き起す時にもこの姿勢になることが多いかと思います。

 腰椎を後弯させて腹筋と背筋をゆるめて体幹を屈曲させると腸腰筋と腰椎や椎間板に大きな負担がかかって腰痛、ぎっくり腰、ヘルニアが起こります。

 腰椎の生理的な前弯を保ったまま膝の位置を前に出さずにお尻を下げる正しいスクワットのように体幹を低くすることができると、腰へに負担を減らすことができます。

 重たい物を持ち上げる時はできるだけ近づいて正対し、腕力に頼らず体幹に密着させることができるとよいのですが、それが難しい時は骨盤から頭までが直線に近い良姿勢のまま、膝を曲げ、お尻を下げることが腰痛を防ぎます。

 正対できない時は前に出す足を左右変えてみたり、爪先を内側に入れる、外側に開くでも負担のかかる腰の位置は変わります。

 介護をする時は同じ姿勢で腰の一箇所に負担をかけ続けないように、ステップの幅や足の向きを変えた抱き起しのバリエーションをいくつかできるようにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

13ヶ国の水道水でマイクロプラスチックを検出、洗濯などで化学繊維が大気中に。

93 キウイの枝にムカゴ

 小さいキウイかと思ってよく見たらムカゴ(ヤマイモの肉芽)でした。地下から蔓を伸ばした背丈ほどの高さでヤマイモのこどもが収穫できました。

 米国ミネソタ大学の研究で世界13ヶ国の水道水でマイクロプラスチックスが検出され、その検出率は81%だったそうです。

 日本の水道水の調査はされなかったそうですが、アジア産の食塩や米国産のビールからもマイクロプラスチックスが検出されたそうです。

 化学繊維の洗濯などで繊維状のマイクロプラスチックスは大気中に飛散しているようです。

 プラスチック製ストロー廃止の気運は、化学繊維廃止にも拡がりそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

70代男性、台風の前に雨どい掃除で右の上腕外側と腰のこり。

92 ヤモリ

 家の壁の一番上で見つけたヤモリ、台風前に安全な場所を探しているようです。

 70代男性、こちらも台風前に雨どいの掃除をして右上腕外側と右腰がこっていました。

 右利きの人が梯子に上って雨どいに溜まった落葉を右手を使って掻き出せば肘と腰に負担がかかります。

 梯子の位置を頻繁に変えるのは大変なので右手を遠くまで伸ばして掃除をしたのでしょう。この時に右腰も伸び縮みします。

 いつもと違うところがこっていましたが、とても大きな音を立てておなかが動きました。

 ツボに入ったという感触もあり、いつもよりも筋肉のこりでおなかの動きが悪くなっていたので指圧で消化管の活動が活発になったのです。

 全身指圧後、体がゆるみました。

 大型の台風が火曜日にはやってきそうなので、雨どいや側溝の点検はしておいたほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

9月の始まりは雷雨の後の涼しさ。

91 ニラの花


 昨日の午後は時間をおいて雷雨が何回も降りました。夜中は涼しくなって今朝は小雨、昨日は蕾だったニラの花が一斉に開きました。

 急な気温の低下で、起きた時には喉に軽い違和感、うがいですぐに違和感は消えましたが風邪をひくのはこんな時です。

 台風が火曜から水曜にかけてやって来る予報、気象の変化に早めに対応して、9月も体を壊さないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »