« 残心、圧して放しながらも集中の持続。 | トップページ | 今日の午後は飯能 生活の木で腰痛のアロマ指圧講座。 »

2018年10月31日 (水)

70代女性、右手掌手術後使いづらかった右手を使って畑仕事ができるようになりました。

1031 頂いた花

 70代女性、たくさんのお花を頂きました。

 庭に咲いた花を切る前には畑仕事もしてきたそうで、昨年末に右手掌の手術をして以来、右手の動きが強張って体全体の活動も低下していましたが、右手の回復につれて体を動かしたいという気になれたようです。

 大きなスコップを使ったそうなので、右肩が下がり、右大腿後側がこって、対角線の左の腰から殿部もこっていました。

 座位の触診では丸くなっていた背中ですが、全身指圧後にはよく伸びて、指圧後半にはおなかが動きました。

 冷えはなく、時々耳が聴こえづらいことがあるということでしたが、両方の側頸部と耳の周囲の指圧で血行が良くなったようで、指圧中に会話が通じないということはありませんでした。

 最後にマジョラムとジンジャーで右手掌のオイルマッサージをすると、「自分がやるとこんなふうに気持ちよくできない」とのこと、右利きが左手でマッサージをすれば左手に力を入れることで全身が緊張してしまうのでしょう。

 右手根部にはスコップを握った硬さがありましたが、マッサージの後はゆるみ、示指に伸びる縫合痕も薄くなってきています。

 使ったオイルの残りをお渡しして、「塗布くらいのマッサージ」を続けていただくことにしました。

|

« 残心、圧して放しながらも集中の持続。 | トップページ | 今日の午後は飯能 生活の木で腰痛のアロマ指圧講座。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70代女性、右手掌手術後使いづらかった右手を使って畑仕事ができるようになりました。:

« 残心、圧して放しながらも集中の持続。 | トップページ | 今日の午後は飯能 生活の木で腰痛のアロマ指圧講座。 »