« 反応を高めるコツ、追い込み過ぎない、逆の動きを取り入れる、忘れている時間を作る。 | トップページ | 指圧の手の構え、手掌の虫様筋と掌側骨間筋で体重移動を完成させる。 »

2018年10月11日 (木)

90代男性、口の中で出血、心臓の薬には出血傾向の注意もありましたが…。

1011 背くらべをすれば違いあり

 今朝のウォーキングで拾ったドングリ、「ドングリの背くらべ」という言葉は「ほとんど違いがない」という否定的な表現で使われますが、並べてみると個性があって、違いがあります。

 昨日は80代女性のお宅で2週間ぶりの指圧、左肩、左腰から殿部にこりがありましたが大きな問題はありませんでした。

 問題があったのは90代の旦那様、昨日と今朝、口の中で量の多い出血があったそうで、心臓病があるのでお薬手帳を見せていただくと処方薬に出血傾向の注意があります。

 最近の血液検査の結果も見せていただくと、これはほとんど基準値におさまっていました。

 ちょっと痩せたようでもあり薬のことも心配でしたが、歯科に車でお連れすることになって、その診察の結果は歯茎に残っていた奥歯と入れ歯の噛み合わせの刺激で出血したそうで、翌日にもう少し高度な治療のできる歯科に行くように紹介状を書いてもらったということです。

 その後、またレストランで御馳走になって、90代がほとんど一人前ステーキ御膳を食べていたとは、診察した歯医者さんはきっと想像できないでしょう。

 あのまま放っておいたらヘナヘナとなっていたかもしれません。帰りはもう元気になっていました。

|

« 反応を高めるコツ、追い込み過ぎない、逆の動きを取り入れる、忘れている時間を作る。 | トップページ | 指圧の手の構え、手掌の虫様筋と掌側骨間筋で体重移動を完成させる。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 90代男性、口の中で出血、心臓の薬には出血傾向の注意もありましたが…。:

« 反応を高めるコツ、追い込み過ぎない、逆の動きを取り入れる、忘れている時間を作る。 | トップページ | 指圧の手の構え、手掌の虫様筋と掌側骨間筋で体重移動を完成させる。 »